• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

3にまつわる時期が危ない!? 倦怠期を上手に乗り越えるには

shutterstock_147220544

交際しているカップルに必ずと言っていいほど訪れる〝倦怠期〟。

付き合っていくうちに相手の素顔を見て嫌気が差したり、相手のことを知り尽くして新鮮味がなくなったりするのは、ある意味当然のことかもしれません。

長く続いているカップルは、この倦怠期をどうやって乗り越えているのでしょうか? 今回は一緒に倦怠期について考えていきましょう。

原因は〝恋愛ホルモン〟の減少!? 倦怠期を化学的に分析

人は恋をしている時、「フェネチルアミン(PEA)」というホルモンが分泌されます。

これは〝天然の惚れ薬〟と言われるほど強い興奮状態を引き起こす成分で、相手を見るだけでドキドキしたり、相手のことを思うと夜も眠れなくなるような恋愛独特の感情は、このホルモンによって引き起こされています。

しかし、フェネチルアミンは恋愛関係が継続されるにつれ、徐々に分泌されなくなっていき、早ければ6ヶ月、遅くとも3年後には分泌されなくなってしまうと言われています。

3年目の浮気は真実!? 3にまつわる倦怠期の法則とは?

よく言われるのが、3ヶ月や3年など〝3にまつわる時期に危機が訪れる〟という説。そういえば、むかし「3年目の浮気」なんていう歌もありましたね。

3ヶ月目は恋愛初期のドキドキも落ち着いてきて、相手のことを冷静に見始めるようになる時期。些細なすれ違いや不満でぶつかり合い、破局に至るカップルも多いようです。

また3年目は互いに相手のことも知り尽くし、安定期に入っているものの、新鮮味がなくなり「相手のことが好きか分からない」という状態に陥って別れる場合が多いよう。

意外に気を付けなければいけないのが、記念日で盛り上がるはずの12ヶ月目。相手との関係に慣れ始め、一緒にいてもドキドキしなくなったり、楽しくないと思い始め、倦怠期だと感じるカップルが多いようです。

こんなことを感じたら倦怠期かも!? 項目でチェック!

ひとことに倦怠期といっても、兆候となることはさまざま。以下のチェック項目のうち2つ以上当てはまったら、もしかしたら倦怠期が訪れているのかもしれません。

  • 一緒にいてもドキドキしない。楽しくない
  • デートの時に服装やメイクに気を遣わなくなった
  • 相手の服装や交友関係が気にならない
  • 二人で会うのが面倒くさい
  • 相手の些細な言動に苛立つ
  • 他の異性に目がいく
  • 記念日を忘れる
  • デートや電話の回数が減る

いかがでしたか?相手に興味をなくしていったり、二人で会いたいと思わないようになると、倦怠期の兆候かもしれません。

とはいえ、人間マンネリが続くと、現状に飽きがくるもの。もし相手のことをまだ大切に思う気持ちがあるのなら、現状を打開する工夫が必要です。

火に油を注ぐだけ!? 倦怠期にやってはいけないNG行動4つ

相手の些細な欠点が気になる倦怠期には、ついちょっとしたことで不満をぶつけたくなるもの。しかし、あなたの言動次第では、取り返しがつかなくなることも。倦怠期にやってはいけないNG行動をまとめました。

相手の人格を否定するようなことを言う

相手に直してほしいことがあるとき、それを伝えることは大切です。しかし、怒りにまかせて相手を全否定するような言葉を発するのはNG。

例えば、母親の話をしただけで「マザコン」だとか、気前がよくないからといって「ケチ」とか「甲斐性なし」となじるのは論外です。感情的になっているとはいえ、あなたの本音を知って相手が幻滅する可能性もあるので、言葉には気を付けましょう。

他人に相手の悪口を言いふらす

パートナーとの関係が上手くいっていない時は、誰かに愚痴を聞いてもらいたいもの。しかし、相手を非難ばかりするのはいただけません。

また確証もないのに、浮気をしてるに違いないと吹聴するのもNG。あなたの話がもし何かの手違いで相手の耳に届いてしまった時、信頼を失ってしまうことになるでしょう。

連絡を取らないなど、相手に歩み寄る努力をやめる

倦怠期の時は、相手とコミュニケーションを取るのがおっくうになるものですが、かといって電話に出なかったり、デートを断り続けていたら、本当に自然消滅しているかも。

また、会っている時もあからさまに不機嫌な態度を取り続けていたら、相手も「俺と一緒にいない方がいいのかな」と気持ちが別れに傾いていくでしょう。もし本当に壊れてもいいのなら構いませんが、大切に思っている相手なら自分から会話を振ったり、歩み寄る努力が大切です。

他の異性に接近する

倦怠期の時ほど、彼以外の異性がよく見えるもの。

かといって男性と二人きりで出かけたり、出会いを求めて合コンに頻繁に参加したりすると、彼からの信頼を失ってしまいます。

彼と別れて新しい出会いを求めたい気持ちも分かりますが、付き合ってしばらく経てば、新しい彼氏だって欠点が見えてくるはず。まずは今の彼氏と本当に別れてもいいのか、冷静に見極めるてから行動に移しましょう。

恋を長続きさせるために、倦怠期に心がけたいこと

倦怠期を乗り越えるためには、ただ時間が過ぎるのを待つだけではなく、お互いの努力が大切です。

二人の関係に新鮮味を与え、お互いに大切な相手だと再認識するために、心がけたいポイントをまとめました。

今は倦怠期だと自覚して相手と接する

相手の些細な言動が気に触り、つい怒鳴りつけたくなっても、「相手のことを嫌いなのではなく、倦怠期だから苛立つのだ」と自覚していれば、冷静に対話することができそう。悩んで無駄な時間を過ごすのではなく、未来志向で物事を考えるようにしましょう。

彼氏といる以外の時間も大切にする

意外と思われるかもしれませんが、倦怠期にべったり一緒にいると、相手の粗探しばかりしてしまい、かえって関係が悪化する可能性もあります。

倦怠期は少し彼とは距離を置き、習い事や美容などで自分磨きをしたり、友人と遊びに行ったりして、恋愛以外の世界にも目を向け視野を広げましょう。離れることで彼の存在の大切さを再認識することもあるはずです。

いつもの関係に少しだけ変化を加える

デートも会話もすべてがマンネリというカップルは、いつもと少し違うことをしてみてはどうでしょう。例えばいつも行かない場所でデートをしてみたり、行ったことのない場所に旅行に出かけてみたり。

服装に気を遣っていなかったのなら、初心に返っておしゃれをして出かけたり、セクシーな下着を身に着けてみるのもいいかもしれません。

一緒に楽しかった思い出を振り返る

倦怠期の時は相手の悪いところにばかり目がいきがちですが、そもそもいいところがあったから好きになったはず。

昔の写真や手紙などを見ながら、「あの時彼はこんなに優しかった」、「こんな素敵なことをしてくれた」など、いいところを思い出せば温かい気持ちになれそうです。またあなた自身も最近、彼に対して優しさを失っていないか、顧みるきっかけにもなるでしょう。

サプライズを仕掛けてみる

マンネリだからこそ、普段にない刺激的な出来事も、時には効果的かもしれません。誕生日や記念日などに、思い切ってサプライズを仕掛けてみるのはいかがでしょう。

ただし、相手にとって迷惑でないことが最低条件。もしサプライズが嫌いな彼氏なら、かえって関係を悪化させる可能性もあるので注意が必要です。

積極的にスキンシップを取る

倦怠期の時は、相手に嫌悪感を抱いて、スキンシップも怠りがち。スキンシップを行うことは、〝幸せホルモン〟と呼ばれるオキシトシンの分泌を促し、脳が幸福や充足感を感じることに繋がります。

長続きするカップルほどスキンシップを多く行っているというデータもあり、触れ合うことは良好な関係を持続させる上でとても大切なことです。もしかしたら倦怠期を感じるのも、スキンシップ不足と関係があるのかもしれませんよ。

将来のことについて、一緒に話し合う時間を持つ

長く続いている関係で、共有する未来のビジョンが見えないと、関係が行き詰まることがあります。特に女性は結婚というゴールが見えないと、年齢を重ねるほど不安になりがち。

もし結婚を考える間柄なら、「どんな家に住みたいか」、「子供は何人ぐらいほしいか」など、家庭を持った時のビジョンを二人で共有しておくのもいいかもしれません。また、共通の夢があるのなら、それについて話すのもいいでしょう。

二人でいる数年後、数十年後を思い描くことで、お互いを特別な相手だと認識するきっかけになることでしょう。

倦怠期は関係を試されるいい機会。乗り越えれば絆を深めるチャンス!

倦怠期というとマイナスイメージばかり先行してしまいますが、言い方を変えれば熱に浮かされたような状態が終わり、相手を冷静に見られるようになったということ。

恋愛フィルターがかからずに、好きな気持ちを継続できるのならば、二人の絆がさらに深まることは言う間でもありません。倦怠期をチャンスととらえて、お互いの関係を見つめ直してみましょう。