• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

未婚率の上昇、増える独身女性の抱える不安

独身女性

「独女」という言葉が当たり前のように使われるようになった背景には、この未婚率の増加が大きく関係しています。

2010(平成22)年の総務省「国勢調査」によると、25~39歳の未婚率は男女ともに引き続き上昇している。男性では、25~29歳で71.8%、30~34歳で47.3%、35歳~39歳で35.6%、女性では、25~29歳で60.3%、30~34歳で34.5%、35~39歳で23.1%となっている。

引用…内閣府

30歳の独身女性が5年後に結婚するのは、たった3人に1人の時代

国勢調査によると、30歳の女性が5年後に結婚するのは3人に1人というデータがでています。

さらには、30歳の約半分が10年後も未婚という結果になっており、35歳を過ぎると極端に結婚する女性が減っているのです。

独身女性が増えた理由としては

  • 女性の社会進出
  • 育児環境の問題
  • 低所得人口の増加

があげられます。

今の時代、働く女性が増えキャリアを積めるようになりました。

その反面、女性が結婚して仕事を続ける為の環境は、男性に比べまだまだ整っていません。

連日のように報道されている「保育園問題」は、女性が「家庭」と「仕事」を両立させることが難しいといわれる大きな原因のひとつです。

え!あの人独身なの?独身女性にキレイな人が多い理由

周りの独身女性を比べて見たときに、不思議な共通点を感じることはありませんか?

「キレイで、仕事もできるのに・・・。」そう言われることが多いのにもかかわらず、なぜか独身。そんな独身女性が増えています。

女性は少しくらい「隙」があったほうがモテると言われていますが、まさにその通りで、草食系男子が増えてしまった現代では、女性に「隙」がないとアピールできず、「近づきにくい」というレッテルを貼られてしまいます。

結婚するためには、自信のない男性がアピールできる「隙」を、女性がつくってあげなければいけない時代になってしまったのです。

また、キレイな女性は昔から周りの男性にチヤホヤされる環境で育ったため運命の人に出逢っていたとしても、その出逢いを「千載一遇のチャンス」と思えずに、逃してしまっていた、ということもあるでしょう。

出逢いのチャンスに恵まれてきたが故の「油断」が、独身女性の共通点ともいえます。

低所得が社会問題に!独身女性の3割が年収300万円未満

独身女性の約3割が年収300万円未満だといいます。

非正規雇用の「派遣社員」や「契約社員」の雇用形態が増えたことも低所得の独身女性が増えている背景につながっています。

自身は低所得でありながら、独身女性が望む結婚相手への収入は「年収800万円以上」や「年収1000万円以上」と高所得者がやはり人気であり、将来の金銭面での不安を解消すべく「結婚相手の条件」は高所得の男性を求める声が多いのです。

ただ、独身女性と同じように独身男性の所得も低所得の男性が増えています。

年収の高い男性は、既に結婚しています

独身女性の気持ちは共通しています。

「ここまで独身を貫いたのだから、結婚相手に妥協はしたくない!」

そう考える独身女性の割合が多いのにもかかわらず、条件に見合う男性の割合は非常に少ないのです。

野村総合研究所の調査では、20歳から49歳の未婚男性で「年収が500万円~700万円の男性」の割合は「4.9%」とされています。

30代の未婚男性に限定すると、たったの「2%」しかいないのです。

独身女性の条件を満たす、競争率の高い男性に出逢い結婚できる可能性は非常に低いと考えたほうが良いでしょう。

結婚したいと考える独身女性は、男性に養ってもらうことを考えるのではなく、共働きで稼ぐことを視野にいれ男性の収入面のハードルを下げる必要があります。

独身女性の厳しい婚活事情…「美人の30代」<「普通の20代」

独身女性も婚活をしています。好んで独身を貫いている女性もいますが、婚期に恵まれなかっただけで「独女」スタイルを続けている女性も多くいます。

SNSでも婚活サイトが存在したり、女性誌にも婚活パーティーの募集が掲載されていたりと、よりカジュアルに婚活を始めやすくなっています。

私も、以前友人と「婚活パーティー」に行ったことがあります。高校時代の友人と参加したのですが全く声をかけられませんでした。

20代の頃との違いを感じました。

「出会いがなくなった」と嘆いている30代の女性が多いのは、「出会い」そのものが減ったというよりも、男性に声をかけられる頻度が減ったのだと思います。

男性が結婚を意識する時、結婚相手に望む条件が「年下」であることが非常に多いです。

男性の本能ともいえますが、女性の出産のタイムリミットを考えると、若い女性を好む男性が多くなることは仕方がないことかもしれません。

30代独身女性が婚活で成功しようとするならば、女性から積極的に声をかけるくらいの気持ちがなければうまくいきません。

  • 若さでは叶わない!という自覚をもち行動すること
  • 20代の女性に比べ、社会経験が多いスキルを活かして婚活にのぞむこと

この2つが、アラサー&アラフォー独身女性には必要です。

未来予想図が描けない、独身女性の老後の不安

独身女性が共通して抱える悩みは、やはり将来(老後)の不安です。

将来のための貯蓄や、保険、住居(マンション購入)と不安の連続です。独身女性が定年後に必要となる貯蓄額は3000万円といわれており、この金額は贅沢ができる金額ではなく最低限必要な貯蓄額です。

それにもかかわらず、現状では独身女性で3000万円以上の貯金をしている女性は1割もいません。

「将来が不安!」そんな独身女性におすすめの保険

  • 貯蓄性の高い「終身保険」
  • 老後も安心「個人年金保険」
  • もしもの病気に備えておきたい「医療保険」

老後の蓄えに不安を抱える独身女性は、ドル建ての終身保険がオススメ!

私も先日加入したのですが、円建てよりも利率が良いので「貯蓄のために少しでもお金を増やしたい!」という独身女性には向いています。

円建ての保険よりも、内容が複雑なので保険屋さんにしっかり説明してもらう必要がありますが、コツコツ貯金をするよりはお金が貯まりやすい特長の保険が「ドル建ての終身保険」です。

定年後も一定の額を分割して受け取りたいなら、「個人年金保険」がオススメ!

30代、40代の独身女性は、老後に「年金」を本当に受け取ることができるのか?という不安も抱えています。

そんな不安を解消するために、積み立てたお金を将来少しずつ分割して受け取ることができる「個人年金保険」の加入がオススメです。

受け取る方法も、死亡するまで受け取れる「終身年金」と、決められた期間だけ受け取れる「確定年金」「有期年金」の3種類あります。

「確定年金」は、受給期間中に死亡してしまった場合でも、支給されますが「有期年金」は死亡してしまうと受け取ることができません。

病気になって働くことができなくなった時が心配な独身女性には「医療保険」がオススメ!

養ってくれる人がいないことで、働けなくなった時を心配するのが独身女性です。

入院して仕事に行けなくなった場合や、自宅療養しなければいけなくなった場合でも生活していけるように、ほとんどの独身女性が「医療保険」に加入しています。

独身女性の保険料の支払い平均額は、月額【15000円】

2013年度の独身女性の保険料の支払い平均額は、月額15000円程度と各保険会社が発表しています。また独身女性の約8割が、なんらかの保険に加入しています。

結婚した後で保険の見直しをすることもできるので独身期間の支払額を多めに設定している場合が多いのが、独身女性が加入する保険の特徴です。

意外と忙しい。独身女性の休日の過ごし方

独身女性は、休日も忙しいのが特長です。

「趣味」や「習い事」と、自分のために惜しむことなく時間をつかえるので休日を謳歌している女性が多く見られます。

休日は早起きして部屋の掃除や洗濯をこなし、外出します。

行き先はエステや美容室、ネイルサロンと美を意識した時間を過ごし、ランチは少し贅沢に。ディナーだと高い人気店のメニューも、ランチタイムはお得に食べられることを独身女性は知っています。

美味しい食事を楽しんだ後は、習い事や読書でスキルアップ。

独身女性だからこそできる「おひとりさま」をしっかり満喫して過ごすのが独身女性の休日の過ごし方の特長ともいえます。

自由につかえる時間とお金があるので、好きなことをめいっぱい楽しんで翌日からの仕事の活力にする!という女性が多い。

その休日の醍醐味こそが、独身を続けてしまう理由のひとつになっているのでは?と考えている独身女性も多いようです。

独身女性のメリット・デメリット

独身女性のメリットはなんといっても「自由」です。

時間の自由もそうですし、お金の自由もあります。

両方の自由を手にすることで、若い頃には出来なかった経験をすることが可能になります。

仕事の休みの調整もある程度融通がきくようになり、年に一度の海外旅行を楽しんだり、好きな洋服にお金をかけても、誰にも文句を言われません。

これが、独身女性最大のメリットの「自由」です。

反対にデメリットとしては、誰もが抱える「寂しさ」や、「不安」があります。

結婚している女性に比べ、もしものことがあった時のことを考えると不安が募ります。

誰にも守られていないことで感じる「寂しさ」や「不安」が、独身女性のデメリットではないでしょうか。

「自由」も「安心」も両方手にいれたいのが、独身女性の本音

独身女性だけでなく、結婚している女性も「自由」と「安心」の両方を望んで生活しています。

両方を手にいれることが出来たならどんなに幸せでしょうか。

筆者は、離婚を経験したので「結婚生活」の安らぎと「独身生活」の自由、双方の良さがわかります。

ひとつを失うことで、ひとつを手にいれましたが、ふたつを同時に手にすることは難しかったように思います。

どちらの生活が良いかは人それぞれの価値観だと思いますが、後悔しない人生を歩むためにも、今しかない時間を楽しみましょう。

その時間が、未来の自分をつくるための大切な時間となるのですから。