• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マドンナOLを目指そう!会社で人気者になるには?

Date:2013.09.02

あなたはどんなOLになりたい?

ひとくちにOLといっても、色んなタイプがありますね。いかにもできる女タイプ、職場の癒し系になるタイプ、言っちゃ悪いけど、この人はお局になるんだろうなあ・・・と、周囲から思われている同僚も中にはいませんか?

OLの位置づけやファッション、職場で求められる役割なども、この20年で大きく変化してきました。それは社会の中で、OLがどんな存在になってきたのかも意味します。

でも、変化していないものがあります。それは何でしょうか?「マドンナ」的位置づけのOLです。
上司から可愛がられ、男性社員にとてももてて、周囲のOLたちから羨望のまなざしを受ける。そんな「マドンナ」OLは、いつの時代にも存在し、好感を持たれてきました。

「マドンナ」になれるのは極一握りの女性だけ。私には無理、無理。そう思っていませんか?
そんなことは決してないのです。あなたは、職場の「マドンナ」になれるチャンスを、みすみす逃しているだけなのです。

それでは、どうすれば職場の「マドンナ」になれるのでしょうか?いくつかの方法をここでは紹介します。

どんなときも、優しく、明るく!

まず、女性であれ男性であれ、周囲の人たちに対して優しくない人は絶対に好かれません。これはわかりきった事実ですね。とはいえ、どうしても、女性ですから、体のバイオリズムのこともあったり、精神的なストレスもあったり、イライラしてしまう日もあります。

でも、そういう日のあなたは、誰よりも、他人の心の痛みや苦しみがわかっているのです。だから、そのイライラを仕事や周囲にぶつけるのはすごくもったいないことです。

あなたがイライラしているときは、他人の心の痛み、苦しみを知るチャンス。自分がイライラしているのに、周囲は楽しそうだ。元気に仕事している。なんとなく、腹がたちますよね。

社会に出て、働いているのですから、悩みやストレスのない人間なんていません。それを前提に考えてください。その気持ちの切り替えが、あなたの心を前向きにし、周囲にいつでも優しく接することのできるあなたを作るのです。

そして、優しさと一緒に、明るさも忘れないでください。「おはようございます」「お疲れ様でした」「お先に失礼します」この3つの言葉を、いつもより少し大きな声で言ってみてください。

あなたの中に生まれた変化に、あなたは驚くはずです。そして周りも驚き、好感をもってあなたに返事をしてくれるでしょう。

あなたの優しさ、明るさは、日が経つにつれて、だんだんと周囲に伝染します。そしてそれを伝染させたあなたは、魅力的な社員として周りの目に映っているでしょう。

服装・髪型に注意!

これは特に年上の女性社員ですが、あなたが知らないところで、あなたのファッションや髪型を観察していたりします。それに対して抱いた感情を表に出す、出さないは別として、あなたのファッションや髪型はあなたの印象に大きく関わってきます。

せっかく優しくて明るいあなたになれたのに、そんな外見のことで悪く思われるのは絶対にいやですよね。年上の女性社員だけでなく、年配の男性社員や、同年代の女性社員も、あなたのファッション、髪型を見て、多かれ少なかれ、なんらかの印象を抱いているはずです。

中学生時代の校則ではありませんが、長い髪は束ね、派手な茶髪は避けたほうがいいと思います。そして私服の会社であれば、ミニスカートや高いヒールは避け、職場で好感を持たれている女性の同僚のファッションを真似ましょう。

アパレル業界などでしたら、ファッショナブルにきめて出勤するのもありだと思いますが、そういった業界以外なら、外見には非常に注意が必要だと思います。またたくまにあなたの印象と、好感度が変わりますから。

あなたの内面の個性を大事にしよう!

さて、上に書いたことは外見的なことです。内面のこととして、あなたの個性はなんでしょうか。あなたの長所は?魅力は?ゆっくりと振り返ってみてください。

ひとつもない、なんて人はいません。みんなどこか長所があるし、他人から魅力的だと思わせる要素は備わっているのです。要は、それをどう表に出していくかです。

自信を持ってください。今まで褒められたことを振り返ってください。自分の性格に対して好ましく感じたことを、もう一度味わってください。それがあなたの内面の個性です。

そしてそれは、職場においてあなたの「売り」です。「マドンナ」に典型的なタイプなどないのですから、あなたが作ればいいのです。あなた自身を、大事にしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事