• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

前髪だけで若くなる!前髪セットで若々しさをアピール

Date:2013.05.31

よく「前髪を作ると若く見える」といいます。雑誌などでも「前髪を作って若返る」といった特集が多いので前髪を作ってみたいという人も多いかもしれません。

雑誌などで特集しているように、本当に前髪を作ると若く見えるものなのでしょうか。そして前髪のセットで若々しさをアピールする方法はどういうものがあるのでしょうか。

前髪がないと昔のヘアスタイルに見える?

一昔前、前髪のない「ワンレングス」というヘアスタイルが流行したことがあります。その頃の印象が強いので、前髪がないとその時代のヘアスタイルとかぶって「老けて見える」と思われるそうです。

しかし今でも前髪を作らないヘアスタイルというのはあります。美容師さんの話などを聞くと、前髪がネックというよりは、ヘアスタイル全体のシルエットが影響しているようで、全体的に髪が長いのに前髪も同じように長く伸ばしたり、おでこを出しているとどうしても古いヘアスタイル=老けて見えるというイメージを持ってしまうそうです。

前髪カットの仕方で印象は変わる

では、前髪を作るとしたらどういうのが若々しく見えるのでしょうか?今も流行りのゆるふわ系のヘアスタイル。この場合、前髪を綺麗に短く切ってしまうと幼い・幼稚に見えてしまうことがあります。

若い子がこの前髪にするのはとてもかわいいのですが、大人女子がゆるふわ系+前髪きっちりにしてしまうと反対に若作りに見えてしまい老けた印象を与えてしまいます。

そういう場合はきっちりと前髪を揃えるのではなく、少し長めに残しサイドに流すような感じにすると、大人女子でも違和感のない前髪ができます。

ロングヘアの場合は前髪を切らないと野暮ったく見えてしまうことがあります。そういう場合はパッツンと切るのではなく、目ぐらいの長さで切り揃えてカールなどをすると、前髪のボリュームも出て全体的なバランスもよくなるそうです。

どうしても短めの前髪にしたい場合は、全体的に髪の毛が短い方が大人女子でも似合うとされています。ショートやボブぐらいの長さであれば短い前髪でもカッコよく作ることができるそうです。

前髪作りが怖い人はウィッグがおススメ

前髪は1度切ってしまうと伸びるまでかなり時間がかかります。「前髪を作りたいけど似合うか分からない」「作ってはみたいけれど自分に合う長さが分からない」という場合に使いたいのがウィッグです。

最近は前髪だけのウィッグもいろんな種類が発売されていて、これを使うと髪を切らずして前髪を作ることもできます。

自分の髪じゃボリュームのある前髪が作れないという人にもおススメで、このウィッグを使うのであれば全体的に髪を伸ばしていても問題はありません。いろんな前髪を試したいという人はこういうウィッグを使ってみましょう。

前髪1つで印象がガラっと変わることもあるそうです。しかし自分の顔の形や全体的なシルエットに合わせたものを作らないと幼く見えたり反対に老けて見えたりすることもあるそうです。

今まで前髪を作ったことがない人は美容師さんやウィッグなどを使って自分に似合う・若く見える前髪を見つけるのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事