• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚生活でマイペース過ぎる彼を動かすための魔法の一言

Date:2013.10.21

つきあいが長くなってくるといろいろ困ったこともでてきますよね。家事を手伝ってくれない。結婚式の準備を手伝ってくれない。そんな時についつい怒鳴ったり、感情的に物事を伝えてしまいがちじゃないですか?

彼の機嫌が悪くなって終わり。何も変わらないというのでは怒り損ですよね。そんな彼を変える魔法の一言をお教えします。これで今日からイライラしない!

怒らない。

一番大切なのは何か困ったことがあっても感情的にならないということです。男性は怒られると怒られていることを回避しようということに頭が働いてしまいます。なのでなぜ怒られているかではなく、機嫌の悪い彼女の機嫌を直そうと問題解決を図ろうとするわけです。

ですので今度からちゃんとしてよね!!と怒ったりするとその場ではわかった!と良い返事をするわけです。でも実は分かったと言わないともっと怒られるから言っているにすぎません。早い話が怒っても無駄なのでやめておきましょうということです。

伝えるときは冷静に

というわけで、怒っても無駄なんだったら何をすればいいの!?ってなる人もいると思います。答えは簡単です。冷静になって伝えるということに努力をすればいいわけです。まずは怒りそうになったら一呼吸置く。そしてどの部分を直してほしいかを冷静に考えましょう。

例えば洗い物くらいはしてほしいのであれば、一人の時は洗い物してくれると助かるなという言葉でも構いません。相手のことを責めるような口調ではなく、お願いするような口調で言うといいでしょう。

いつも洗い物してくれないよねーとかいう過去のことを責めるような態度もいけません。助けてほしいなとお願いすれば男性は気分よく手伝いができる物なのです。

魔法の一言はありがとう。

そして、一番大事なのはその後やってくれた時のありがとうと言う言葉です。ついついやってくれたことに満足してしまいがちですが、そこで終わらせず、大げさなくらいに喜んで見せてください。洗い物をしてくれただけでも飛び上がって喜ぶ。ちょっと片付けてくれたらありがとうという。

そういったことだけでも十分伝えることが可能です。そういって喜んでいる姿を見せることでまたやろう、またやってあげてもいいかなーという気持ちが芽生えるのです。ぜひ試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事