• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

分厚すぎる布を縫う時バカになった六角ボルトをはずす時の魔法の小技

Date:2014.02.23

今回は、お試し大感動です。友達のお誕生日に、ここぞとばかりに、お裁縫をして、とってもかわいい鞄をプレゼントしてみようとして、ミシンで縫っているときに、あまりにも分厚い部分がでてきたので、急遽手縫いに変更。

手縫いに変更したものの、あまりにも分厚い生地のために、手縫い部分を開始した途端に、手が痛くなったことはありませんか?そこで、お試し大感動グッズがあります。

ゴム手袋を着用してみる

そのような時は、洗い物用のゴム手袋を着用して縫っていきましょう。これが意外とスイスイ手に負担をかけずに縫えていきます。

手袋をしない場合は、汗で針がもてなかったり、針が布の厚みで動かなかったりと大変でしたが、この方法でとってもスイスイ縫えました。これは他にも応用しています。

例えば、マジックテープです。マジックテープも最初の一針が、マジックテープが固いため、手袋をする前は大変でしたが、手袋をしてからはスイスイ縫っています。

では、次のお試し大感動に移りたいと思います。

六角ボルトのまわりに六角ボルトとおなじくらいの幅のビニールテープを一周まわしつける

ある日テーブルを買い替えたところ、古いテーブルがいらなくなりました。ですが、その古いテーブルは捨てるのは惜しいので、部屋の片隅に解体しておいて置くことにしました。

解体しようとしたその時、「六角ボルトが古すぎて六角でなくなっていた」なんてことありませんか?六角レンチであける六角ボルトが六角でなくなってしまったら、どうやってねじを緩めたらいいのでしょうか?そこで、お勧めしたい、お試し大感動のグッズがあります。

ビニールテープ。たったこれだけです。あとは、ペンチでねじって回すだけです。ビニールテープがない場合は、セロハンテープでも代用できます。ポイントは一回で回しきることです。一度失敗したら、セロハンテープは張り替えましょう。

いかがでしょうか?困ったどうしようというときに、このようなちょっとした小技で感動というところですね。

この記事をシェアする

関連記事