• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これだけで?パンのミミで、とーっても美味しいラスクが作れちゃう

Date:2014.01.11

育ちざかりのお子さんにはおやつはいくらあっても足りないものです。あまり沢山にしてしまうと、栄養が偏ってぶーちゃんになってしまう。そうだ、お菓子を手作りしよう。

だけどお菓子をつくるとなると、材料を揃えるところから始まり、計量、洗い物と続くので、今は時間がないし・・・わーん。そんなときにお勧めなのが、乾燥ラスクです。

このラスクは、パンのミミでできるものです。ご近所のパン屋さんからパンのミミだけをいただいて作るのもOKです。

なぜミミなのか

実際にラスクにしてみるとよくわかりますが、ミミの部分はかなりの層がパイのようになっているんです。食パン部分(白い部分)だと、ラスクにしてしまうと、カサカサした感じになってバター風味も出にくくなります。

その点ミミ部分はバターが豊富に含まれていて、とってもサクサクしたパイのようにおいしいのです。

ミミ部分をプレートに並べるだけ

並べたらオリーブオイルをかけます。そしてシナモンパウダーをふりかけます。そして、180度のオーブンで20分くらい焼きます。途中で焦げている場合は15分くらいから様子を見ましょう。完成形はかなりサックサクなので、サックサクになるまで焼きましょう。

そして、焼けましたら、ビニール袋に黒糖を適当にいれておき、その中にラスクをいれて、お砂糖をまぶしたら出来上がりです。お砂糖をまぶすのは熱いうちにしましょう。そうすると、お砂糖がとれにくくなります。

お味はというと、買ったラスクよりおいしい!というのが正直なところです。これだとクッキーのように材料を計ったり、ボールを使い洗い物も不要なので、とっても手間もかからず美味しいお菓子ができあがります。

ピクニックなどのアウトドアに持っていくのもOKですし、ティーパーティにも十分出せますから。ティーパーティーのときは、フランスパンに変えて、フランスパンを薄く切ったものでするのもOKですよね。ガーリックソースを塗ってから焼くのもいいと思います。

ガーリックソースはいたって簡単です。すりおろしたにんにくにオリーブオイルとバジルをいれて、それをほんの少しパンに塗っていつも通り焼くだけです。また、きなこをオリーブオイルとお砂糖で混ぜたものをぬってから焼くときな粉ラスクの完成です。

いかがでしょうか?ぜひ手作りラスク、チャレンジしてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事