• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

片思いの彼を落としたい、彼をとりこにするメールテクニックとは?

Date:2012.11.13

憧れの彼を落としたい、仲良くなりたい!でもどんなメールを送っていいのか分からないし変な文章や気の利かないものを送ったら嫌われてしまうんじゃないかと思っている人はいるんじゃないでしょうか。

友達と違って気になる相手だからこそそういう悩みが出てきてしまいます。今回は憧れの彼を落とすためのメールテクニックをいくつか紹介します。

友達口調は極力控えましょう

友達に送るメールと同じような言葉使いでメールを送っては印象があまりよくありません。メールで友達に「超」とかを使っていても彼には「ちょっと」と変えてみたりしましょう。そういうちょっとした言葉に変えるだけでも少しやんわりと女の子らしさが出てきます。

難しいのはすべてが敬語のようになってしまうのもよそよそしく感じられてしまうので適度な親しさも残しておく必要があります。

最初は難しいと思いますが使っていくと慣れてくるので時間がかかっても極力友達口調のメールは避けるようにしましょう。メールの回数が増えてきたら少しずつ口調を変えていくようにしましょう。

的確な返事を返しましょう

時々「この人にどんな内容のメール送ったかな?」というような返事のメールが届いたりすることはないでしょうか。相手が自分に送ったメールを確認しなくても大丈夫なように的確な返事のメールを送るようにしましょう。

もしどういう風なものを送っていいか分からない場合は「〇〇のことなんですが・・・」と書いて送ると分かりやすいかもしれません。内容を返信が来るたびに確認しなければいけないようなメールだと「この人とメールするの面倒だなぁ」という気持ちにさせてしまうので注意しましょう。

気遣いを見せる文章を入れましょう

来たことに対する返事だけではなく最後に「今夜は寒いんで風邪ひかないように気を付けてね」や「明日から天気が悪いみたいだから傘忘れないようにね」という一言があるだけで「この人はとても気が利いて優しい人だなぁ」という印象が残ります。

自分が言われて嬉しい言葉は相手も嬉しいものです。少しの気遣いで彼のハートをぐっと掴みましょう。

時々絵文字を効果的に使いましょう

最初から絵文字たくさんのメールを送るのではなく、何度かメールのやりとりをして少し気心が知れてきたら絵文字を使ってみるのも効果的です。「今日は嬉しかったです」等の後にハートマークなどを使うと相手はドキッとしてしまいます。

こういうちょっとしたところで絵文字を使って女の子アピールするのも大切です。あまり絵文字が多いと大人の女性が・・・というふうに思われることもあるので、適度な数にしましょう。特にハートマークを乱用するのは軽く感じられてしまう可能性があるので気をつけて使いましょう。

ちょっとした部分で乙女・女の子の部分を見せたりすると男性はドキッとします。直接会う時もそうですがメールも同じです。ところどころに乙女を出して好きアピールしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事