• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マイナスイオンの肌や髪への効果。現代社会はプラスイオンが増加!

Date:2016.11.21

shutterstock_159831002よく、秘境などを訪れると「体全体がマイナスイオンで満たされて気持ちが癒される」と言います。

マイナスイオンを浴びると、気持ちがスッキリするというイメージを持っている人は多いと思います。

また、最近では美容器具などにマイナスイオンを発生させるものがあり、美容にも良いと言われています。

マイナスオンは、本当に効果があるのでしょうか。その中でも、特に美容に良いと言われている効果には、どういうものがあるのでしょうか。

マイナスイオンとは電気を帯びた小さな物質

そもそも、マイナスイオンとはどんなものなのでしょうか。

マイナスイオンとは、電気を帯びている小さな物質で、マイナスの電気を帯びているため「マイナスイオン」と呼びます。

ちなみに、プラスの電気を帯びたものは、「プラスイオン」になります。

マイナスイオンは、空気中に漂っていますが、水の分子がマイナスイオンに変化することが多いため、滝などの近くにいくとマイナスイオンが多いと言われています。

現代社会はプラスイオンが増えている

マイナスイオンは体に良いとされていますが、現代社会はプラスイオンが増えていると言われています。

パソコンを使うオフィスなどの場合、マイナスイオンが全くないということもあるそうです。

プラスイオンが増えたのには、様々な原因が考えられます。

  • 排気ガス
  • 紫外線
  • 電化製品から放出される電磁波
  • 農薬や添加物
  • ゴミの焼却などの際に出てくるダイオキシン

プラスイオンが増えると、

  • 頭痛
  • めまい
  • イライラやストレス

といった症状が出る場合があります。

また、血液循環を悪くするため、肌の老化が早まるとされています。

マイナスイオンにはこんな作用がある

プラスイオンと反対に、体や美容に良いと言われているのがマイナスイオンです。マイナスイオンには、次のような効果があると言われています。

  • 血液を浄化し、弱アルカリ化にする働き
  • 新陳代謝をアップさせ、筋肉の働きを活性化させる
  • 自律神経の調整をし、内分泌作用や造血作用を亢進させる
  • 抵抗力や免疫力をアップさせる
血液や自律神経の状態を良くしてくれるため、血圧降下や疲労回復、皮膚の再生アップなどの効果が期待できるとされています。

マイナスイオンを増やすには「マイナスイオン製品」を活用する

普通に生活をしていると、プラスイオンの方が多いことがあります。

特に、パソコンなど電化製品が多い場所はプラスイオンが多いため、マイナスイオンはほぼないといっても過言ではありません。

では、日常生活でマイナスイオンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

そういう時は、マイナスイオンを発生する「マイナスイオン製品」を使うと日常生活でマイナスイオンを増やすことができます。

  • 空気清浄機
  • 加湿器、除湿器
  • エアコン
  • ドライヤー
  • 美容器具

最近は、こういったものにマイナスイオンができる装置が付随されています。この中で、特に女性が美容に使えるのが、ドライヤーと美容器具です。

では、マイナスイオンは肌や髪にどんな効果を与えるのでしょうか。

マイナスイオンが肌に与える効果

最近は、マイナスイオンを発生させる美容器具も増えています。

昔は、こういった製品も効果だったのですが、手頃な値段で購入することができるため、スキンケアの一貫として使っているという女性も多いようです。

では、マイナスイオンを取り入れると肌にどういう効果を与えてくれるのか紹介します。

その1.肌の細胞が活性化して老化防止に繋がる

マイナスイオンを取り入れると、細胞が活性化されます。細胞は年齢と共に働きが悪くなるため、肌のターンオーバーも遅くなり皮膚がごわついたり、くすみなどが出てきます。

マイナスイオンを取り入れることで細胞が活性化されるため、肌のターンオーバーも正常に働きます。

ターンオーバーが正常に働くことで、肌も常に生まれ変わるのでくすみやシミといった老化現象を食い止めることができます。

その2.ストレスの軽減で肌の状態も良くなる

ストレスが溜まると肌荒れを起こしたり、肌がボロボロになることがあります。

マイナスイオンは自律神経を調整してくれるため、ストレスを軽減するのにも有効です。

実は、ストレスは精神的なものだけではなく、肌や体にも良くないと言われています。

ストレスが溜まると病気になりやすかったり、代謝が落ちてしまうこともあります。

ストレスがなくなることで、肌が綺麗になるということもあるため、リラックスしてストレスを軽減させることも大事です。

その3.活性酸素を除去する抗酸化作用

人間は、普通に生活をしているだけで活性酸素が蓄積されます。活性酸素が体内に溜まると、病気を引き起こしやすいとも言われています。

マイナスイオンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われています。

  • シミ
  • くすみ
  • シワ

上記のような肌の悩みは、紫外線を浴びて活性酸素が体内に取り込まれ、細胞を傷つけたことによって起こる症状です。

マイナスイオンは、その活性酸素を除去する働きがあるため、シミやしわ、くすみといった女性の悩みを解決するとされています。

その4.免疫力・自然治癒力アップで肌荒れ予防

マイナスイオンには、免疫力アップの働きもあります。

免疫力アップというと病気にならないためといったイメージがありますが、肌も免疫力がアップすれば肌荒れなどを起こしにくくなります。

また、自然治癒力もアップするため、ニキビやシミといった肌トラブルも細胞が「早く治さないと!」としっかりと働いてくれるようになります。

「イオン導入器」はマイナスオンを利用した美容器具

家電量販店などでも見かけるようになった、イオン導入器。意外とイオン導入器の機能を知らないで「マイナスイオンが肌に入っている」と思っている人も多いようです。

イオン導入器とは、微弱な電流を使って美容成分を肌の奥へ浸透させるための器具です。

私たちの肌の角質層はプラスイオン、内側の顆粒層はマイナスイオンが多くなっています。

そして、この2つの層の間には電気の膜があるため、美容成分が浸透しにくいとされています。

ここで使うのが、イオン導入器です。肌の表面にはプラスイオンが多いため、マイナスイオンを発生させることで層の間にある電気の膜の力が弱まります。

この膜の力が弱まると、美容成分が浸透しやすくなり、ぐんぐんと肌の内部に美容成分が送り込まれます。

マイナスイオンを使った美容器具ですが、イオン導入器を使ったからといって肌に多くのマイナスイオンを取り入れることができるわけではありません。

あくまでも、美容成分の浸透の手助けといった形をマイナスイオンがしています。

しかし、イオン導入器を使うと、次のような効果があるとも言われています。

  • 美白効果
  • シミ、そばかすの症状緩和
  • シワ、たるみの改善
  • 肌のキメを整え、毛穴を引き締める
  • 肌荒れ、吹き出物の予防
  • 乾燥肌の症状緩和

普通に美容液を塗るよりも、イオン導入器を使った方が肌状態は良くなると言われているので、多少のマイナスイオンの効果も働いているようです。

イオン導入器を使う時にオススメの美容成分

イオン導入器を使えば、どんな美容成分でも肌に浸透すると思ってしまいますが、実はマイナスイオンとの相性がいい美容成分というものがあります。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • アミノ酸
  • トラネキサム酸

こういったものを含んだ美容液だと、マイナスイオンを使った時に肌の奥へ浸透しやすいとされています。

その理由は、上記の美容成分がマイナスイオンを持っているからです。イオン導入器でマイナスイオンを流すと、マイナス同士で反発し合います。

その反動で美容成分が肌の奥に押し込まれていき、肌状態が良くなるとされています。

マイナスイオンのドライヤーは効果が高い!?

ドライヤーでマイナスイオンが発生するものも多く販売されています。

「髪を乾かすだけなのに、マイナスイオンが必要なのか?」と正直効果があるのかという声もあります。

ドライヤーに関しては、マイナスイオンは関係ないという声も多いようですが、実際に使って効果を感じているという人も多いようです。

では、マイナスイオンのドライヤーを使ったら、どういった効果が期待できるのでしょうか。

髪が保湿されて艶髪に仕上がる

マイナスイオンはマイナスを帯びた電気物質ですが、空気中に飛散する超微粒水でもあります。

目に見えない、小さい水の分子ということです。その分子が、ドライヤーを使うことで髪に当たるということになります。

この目に見えない超微粒水がキューティクルから髪の中に入るため、潤いのある髪に仕上がります。

よくドライヤーを使うと、髪がパサパサになるという人がいますが、これは髪の水分が熱で蒸発して起こるのですが、マイナスイオンのドライヤーは熱が当たってもマイナスイオンが出ているため、パサつきは出なくなります。

超微粒水なので、髪が濡れたような状態になることはなく自然な艶髪に仕上げることができます。

髪の広がりがなくなり、まとまりのある髪になる

髪の毛は、プラスイオンを持っています。このプラスイオンが静電気を発するため、プラスチックのブラシでブラッシングすると髪が広がってしまいます。

マイナスイオンのドライヤーを使うことで、髪の電気が中和されるため静電気を起こしにくくなります。

静電気を起こしにくくなれば、髪の広がりもなくなり、まとまりのある髪に仕上げることができます。

キューティクルが引き締まるので傷みにくい髪になる

髪の表面にあるキューティクルは水分が足りなかったり、熱で傷めてしまうと開きっぱなしになってしまい、髪が傷みやすくなります。

静電気などで髪にプラスイオンが発生すると、キューティクルが傷みやすくなります。マイナスイオンは、そのプラスイオンを中和し、キューティクルの傷みを抑え髪にツヤとうるおいを与えます。

マイナスイオンのドライヤーを使うことで、適度な水分が髪の内部に浸透しキューティクルを引き締めてくれるので、髪自体が傷みにくくなります。

マイナスイオンは上手く使えば美容にも効果がある!

マイナスイオンというと、全身で浴びることで効果があると言われています。

しかし、美容の効果を期待する場合は、部分的でも上手に使うと効果を得ることができます。

マイナスイオンは、浴びたからといって効果がすぐに出るものではありません。

特に、美容に関してはマイナスイオンを上手に使った美容法を取り入れることで、肌や髪の状態が良くなるといったものです。

上手にマイナスイオンを取り入れて、綺麗な髪や肌を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事