• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性のこんな優しさはマイナスに!男性がうんざりする女性の優しさ

Date:2013.04.04

女性が優しい男性が好きなように、男性も女性の優しさに惹かれることも多いでしょう。甘えさせてくれる優しい女性が好き、という男性は多いです。しかし、優しさにもいろいろあり、また過剰な優しさは男性をうんざりさせてしまうこともあります。

女性が良かれと思ってしている優しさは、男性にとって本当にうれしいことなのかを見極めないと、いつの間にか男性が去っていってしまうかもしれません。自分では気づかないうちに、そんな優しさの押し売りをしていませんか?

奥さん気どりで掃除や料理をする優しさ

結婚をしているわけでもないのに、部屋の掃除や洗濯などをかいがいしくされるとちょっとうんざりする、というのはよく言われること。

女性としては、愛する男性の世話を焼きたいと思うこともあるでしょう。彼の洗濯物を洗っていると幸せ、と思うかもしれません。

しかし男性はそんなことをされると、束縛されているようで、逃げ腰になってしまうようです。まだ結婚したわけではないのに、奥さんのように家事をするのは、男性にとっては優しさではなく強迫になってしまうかもしれませんよ。

意見をする優しさ

彼の行動や言動などにおいて、「だからあなたはダメなのよ」とダメ出しをするのはNGですよ。「ここで私が言ってあげないと彼がダメになる」と思って、彼のすることや言うことに対して正しいと思われることを言っても、男性はそんなことは言われたくありません。

特に仕事の愚痴などを言い出したら、「男のくせに愚痴なんて言ってはいけないわ」なんて言ってはいけません。彼は彼女にアドバイスを求めているわけではないのです。

女性にそんなことを言われてもプライドが傷つくだけ。黙って聞いてあげるのも時には優しさになりますよ。

気遣いメールの優しさ

モーニングメール、お休みメールは当たり前、仕事から帰ったメール、休憩時間メールなど常にメールで近況報告やどうでもいい内容のメールはうざいと思われやすいです。

頻繁にメールをするのは、あなたのことをこんなに考えているのよ、うれしいでしょ、という愛の押し売りになってしまうことも。

基本的に男性は要件のないメールはしないという人が多いですから、頻繁にメールが来ると、返事を出さないといけないかな?と気を遣い、かえって疲れさせてしまいますよ。

例え、彼が仕事で落ち込んでいても、体調が悪くても、1日に何度もメールを送ると、心配してくれるんだな、うれしいな、と思うよりも、しつこい!と思われてしまいます。メールの頻度には注意しましょう。

手作りの優しさ

手編みのセーターは一目一目に愛がこもっていて、「うれしい」と思う男性と「怖い」と思う男性に分かれると思います。

女性は手作りのものを身につけてくれるのは幸せを感じますし、彼は自分のもの、という優越感を味わうことができますが、男性はその思いが重くなってしまうこともあります。

手料理やお弁当なども、彼の反応をよく見て本当に喜んでいるかどうかを確認してから作ってあげるようにしましょう。

お金を出してあげる優しさ

年下の彼の場合、デート代など彼女が負担することが多くなるというカップルも多いのではないでしょうか?

女性が年上で稼ぎがある場合、彼に負担をかけたくないという思いがあるのでデート代はすべて出したい、という気持ちになってしまうのですよね。でも、男気のある男性の場合、いくら年上でも女性にお金を出させるのをよしとしない男性もいます。

「私が年上なんだから、私が払うのが当たり前」という態度をすると男性のプライドを傷つけてしまいます。時にはお会計を甘えるとか、お金のかからないデートをするといいかもしれませんね。

世話焼き女房の優しさ

男性のお世話をするのが大好き、という女性が注意したいのは場所をわきまえる、ということ。ご飯を取り分けてあげたり、汗を拭いてあげたり、食事中に口の周りの汚れを落としてあげたり、子どもの世話をするように彼の世話を焼く場合、二人きりのときだけにしましょう。

人前でそんなことをされたら、周囲から甘えてる、彼女の尻に敷かれてる、と見られて彼氏としての威厳がなくなる、と思う男性もいます。

二人きりのときは甘えてくるのに、人前だと亭主関白っぽくなる男性には、場所を考えて甘えさせてあげましょう。

この記事をシェアする

関連記事