• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毎日のスキンケアは顔の表皮の再生を優先に!お手軽ケアを覚えよう

Date:2014.05.15

毎日行うケア、「肌の奥を改善しよう」といろんなものをいっぱい重ねてつけているという人もいるかと思います。

でもそれでは表皮に負担がかかってしまいケアをしているのに肌がボロボロになってしまうこともしばしば。毎日のケアだからこそ効果のある、そして簡単にできる方法を覚えておきましょう。

その1.角質ケアをしっかりとしよう

角質ケアってきちんとしていますか?角質ケアというとピーリングを使うといったイメージがありますが、それだけではありません。

主なものをあげると「拭き取り化粧水・ピーリング・炭酸パック」などがあります。どれも角質ケアはしっかりとできるので、自分が使いやすいもの、継続してケアできそうなものを選ぶのが重要です。もっと楽に角質ケアをしたいという人はスクラブ洗顔でも角質ケアはできます。

その2.導入美容液で下地をしっかりと作ろう

化粧水をそのままつけてもいいのですが、効率よく化粧水を浸透させるために使いたいものが導入美容液、ブースターです。導入美容液を使うだけで肌への化粧水の浸透は格段にアップします。

今の導入美容液はそのもの自体に美容成分が入っているものがあるので、導入美容液をつけることで化粧水と一緒に美容成分も肌へ浸透していく優れものです。

導入美容液には様々な値段のものがありますが、こちらも継続して使える値段のものを選び、短期間ではなく継続して使っていけるものがおススメです。

その3.肌質に合わせた化粧水を選んでしっかり保湿

化粧水選びはとても大切です。自分がなりたい肌、肌質に合わせて自分に合うものをきちんと選ぶところから始まります。

乾燥肌の人は保湿力の高い化粧水、肌のトーンを明るくしたい人は美白化粧水や肌色を整えてくれるもの、吹き出物ができやすい人は殺菌力のあるものなど自分の肌をしっかりと観察して選ぶようにしましょう。

化粧水をしっかりと選ぶことでスキンケアは決まるというくらい大事なものなので、もし自分の肌質などが分からないという場合は店頭で肌診断などをしてもらうのもおススメです。

その4.なりたい肌で乳液と美容液を使い分け

よく乳液を塗って美容液も塗るという人がいますが、ここは乳液か美容液どちらか1つで大丈夫です。

ハリのある若々しい肌になりたいという人は美容液を、潤いのあるみずみずしい肌になりたいという人は乳液を使うのがおススメです。乳液も最近は美容液のような働きをするものも増えてきているので「乳液だけじゃ補えないかも」という心配はありません。

その5.クリームは2種類としっかり使い分け

クリームはべたつきが気になると使わない人が増えているそうですが、クリームはとても重要な役割をしています。

スキンケア最後に塗るクリームは肌馴染みのいい軽いクリームがおススメです。「水分の蒸発防止」という選び方をするのではなくしっかりとケアをしてくれるものを選びましょう。

そしてもう1種類のクリームは寝る前に塗るナイトクリームです。これは寝ている間に水分蒸発の予防するものを選ぶのがおススメです。スキンケアをした後よりも寝ている間の水分蒸発の量が多いので、寝る前はこっくりとしたものをつけましょう。

スキンケアはこの4つを押さえるだけで十分です。この毎日のケアがしっかりとされているとパックなどの集中ケアは週に1~2回程度で十分になってきます。

毎日のケア、ちょっと見直してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事