• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毎日をポジティブに生きるために、悩むなら、夜ではなく朝悩め!

Date:2013.09.08

人は生きている限り、肉体的にだけでなく心理的にも、外部刺激を受けて生活をしています。それが良くも悪くも影響されてしまうものです。それが、悪く影響されてしまったとき、人はネガティブ思考が働き、悩むことになります。

悩むとき、皆さんは一日のいつごろ悩みますか?この悩む時間帯が大切なポイントとなるのですよ。

悩むのに適した時間帯ですが、それはズバリ朝です。頭の中が疲れていないクリアな時に悩む、それが一番です。きっと最適な答えを導き出してくれると思います。

反対に、夜に悩むのは、一日の疲れがある状態で悩むわけなので、闇にのまれるごとく答えを導くことはありません。つらい感情ばかり先行して、明るい兆しがみえてこないのです。

その夜の疲れている状態では、目は開いていても、精神的には半分眠っている状態であることも多いのではないでしょうか?そんな状態で悩んでいると、辛い感情のみを、脳細胞に記憶させかねません。

夜の睡眠とは、一日に起きたことを頭の中で組み立て直し、記憶させる時間帯なので、その悪い感情を植え付けてしまうことになります。

今人気のカリスマ講師“林修氏”もおっしゃってましたが、何かをしようと思ったら、まず寝る。それから行動をおこすそうです。頭の中をクリアな状態にして取り組むと効率があがるようです。

実際、早起きして行動を起こすと、何かしら得をした気分になります。つまり、朝に悩んだ方が雑念を持たずに、適格に考えることができることから、前向きな答えを導きだすことができるのです。

この記事をシェアする

関連記事