• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

OLは夕方のメイク直し必須!肌のくすみと疲れ顔をとる方法

Date:2014.07.06

朝バッチリメイクしたのに、夕方に鏡を見ると肌がくすんで見えて疲れ顔になっていることはありませんか?

もちろん日中に仕事をしていれば疲れてくるのは当たり前ですが、仕事終わりにデートがある日や人と会う日は、疲れ顔を何とかしたいですよね。

そこで今回は、肌のくすみと疲れ顔を改善するために実践したいメイク直しの方法をお伝えします。

ファンデーションを塗り直す前に

疲れ顔の原因になる肌のくすみは、ファンデーションの成分と時間が経つにつれて出てくる皮脂の酸化が主な原因です。

そのため、ファンデーションを塗り直せば良いのですが、その前に余分な皮脂を取りましょう。皮脂を取る時は、ティッシュで十分です。あぶら取り紙は皮脂を奪いすぎてしまう可能性があるため、メイク直しの際は出来るだけ避けましょう。

美容液を使用すると…

では逆に、肌が乾燥している場合はどうでしょうか。オフィスワーカーに多いのが、冷暖房などで肌が乾燥してしまうという悩みです。そして肌の乾燥放置したままメイク直しをしてもキレイに仕上がりません。

そこで活用したいのが美容液です。肌全体に使用するのではなく、乾燥しているところに美容液をつけてみましょう。ただし、美容液をつける時は塗り込むのではなく、そっと押さえるようにつけるのがポイントです。

ちなみに、肌に潤いを与えるために化粧水をスプレーするという方法もありますが、特に肌が乾燥しやすい方にはオススメ出来ない方法です。その理由は、化粧水の成分はほとんどが水で出来ていて蒸発しやすく、余計に乾燥を招くためです。

ポイントメイク直しも美容液を活用

アイメイクや目の下のファンデーションもメイク崩れしがちです。メイク崩れした部分を綿棒でオフしようとするのですが、このオフの仕方にもコツがあります。そのコツをつかむまでに、筆者はポイントメイク直しに何度も失敗しました。

まず、乾いた綿棒でオフしようとすると、ある程度メイクをオフ出来るものの肌を傷めてしまいます。

次に、化粧水を綿棒に含ませてオフしようとしますが、マスカラの種類によっては化粧水ではオフ出来ないものもある上に、綿棒で何度も肌を擦ってしまい、また肌を傷めることに…。

さらに、乳液やオイルも試しました。乳液やオイルを綿棒に含ませてオフするとキレイにオフ出来たのですが、乳液やオイルを塗った上からファンデーションやアイメイクを塗り直そうとすると、メイクがにじんでしまうのです。

そこで、美容液を綿棒に含ませオフしてからメイク直しをしたところ、一番メイクがキレイに仕上がりました。油分の少ない保湿美容液を使用すれば、メイクを浮かせたりにじませることなく自然にメイクが仕上がり、肌の乾燥も防ぐことが出来るようです。

ポイントメイクを少し足す

ファンデーションのメイク直しをした後は、ポイントメイクも少し足してみましょう。

仕事をする上ではアイライナーは細く引いたほうが自然に見えますが、夜は照明が暗くなることもあり、少しアイラインを足して目元をハッキリさせるほうが顔立ちが整って見えます。

また、チークも同様に、ファンデーションを塗り直した後は少し足してみましょう。
チークは塗り方次第で化粧が濃く見えてしまうため、塗り直しに抵抗がある女性も多いようです。

しかし、より顔立ちをはっきりさせ、血色をよく見せるという意味ではチークを足したほうが明るく見えるので、ブラシでサッと足してみてはいかがでしょうか。

今回は夕方の疲れ顔をとるためのメイク直しの方法をお伝えしましたが、普段から乾燥肌にならない工夫や、帰宅後にメイクをしっかりオフしておくと、さらに肌のくすみを防ぐことが出来ます。

素敵な夜を楽しむためにも、普段のスキンケアにプラスしてこの方法をお試しください。

この記事をシェアする

関連記事