• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたはどのタイプ?顔の形別にみる!絶対に失敗しないメイクの仕方

Date:2012.11.14

ファッション雑誌のメイク講座などで、いざ真似してみたけど似合わないってことありませんか?それは、きっと顔の形が大きく影響していると思います。

顔の形によって、メイクも足したり、引いたりが大切です!次の顔の形別、メイクアップのポイントを参考にしてみて下さい!

楕円形フェイスに似合うメイク

  1. ナチュラルなアーチ型の眉
  2. あなたのキュートな目を強調するためには、ナチュラルなアーチ型の眉がベストです。ドラマチックに角度をつけすぎたり、フラットにしすぎるのはNGです。
  3. 唇か目、どちらかを強調しましょう(両方はNG)
  4. 夜にお出かけする時は、唇か目のどちらかをしっかりメイクにしてみましょう。両方はダメですよ!

    例えば、スモーキーなアイメイクをしたら、リップはナチュラルに。グロッシーな赤いリップを塗ったなら、アイシャドウはブラウンで抑えてマスカラは一度だけ塗ってアイラインもナチュラルに。

  5. ノーマルファンデーション
  6. 楕円形のフェイスは、完璧な形です。なので、そのパーフェクトラインを邪魔しないようにノーマルファンデーションにしましょう。

    もし、少しだけ顔を小さく細く見せたい場合は、肌よりワントーン暗い色を選んでみてください。チークは頬骨の下に薄く入れましょう。

長方形フェイスに似合うメイク

  1. ハイライトを使う
  2. エラのラインを目立たなくするために、ハイライトをおでこと顎と頬骨の中心におきましょう。エラには、ダークファンデーションやブロンザーで陰影をつけます。また、丸みのある眉がとても似合います。
  3. ぷっくりとしたドラマチックな唇
  4. 唇に注目を集める(そして、エラから注意をそらす)ために、ドラマチックなリップカラーでぷっくりとした唇を演出しましょう。
  5. チークは高めはNG
  6. 頬を目立たせるために、暗めのチークを頬につけましょう。でも、高めの位置にチークを持ってくるのはNGです。それから次に、こめかみから頬骨にかけてソフトな陰影をつけましょう。シャープなラインにならないように気をつけてください。

丸形フェイスに似合うメイク

  1. ダークファンデーション
  2. 丸顔を楕円形に近づけるようにします。肌のトーンよりダークなファンデーションを頬骨の下に入れてよりスリムなフェイスラインを演出しましょう。線にならないようスポンジでなじませてください。
  3. チークで面長に
  4. 鼻の下のラインより下にならないようにチークをいれましょう。顔がより丸く見えてしまうので、チークは丸くいれないようにします。

    代わりにブラウンピンクのカラーで、頬骨の下からこめかみに向けていれるようにしましょう。

  5. 顔のパーツを強調する
  6. 目や口を強調すると顔の丸さを目立たなくします。目や唇にポイントをおいてメイクをしていきましょう。

    はっきりとした細い線より、ソフトでぼかしながらアイラインを引いて、まぶたの外側にむけて暗めのシャドウを使い、内側にむけて明るいアイシャドウをつけていきます。そうするとより目が目立つようになります。

    唇には暗めのリップカラーに、リップグロスを追加します。

ハート形フェイスに似合うメイク

  1. 自然な眉毛
  2. ハート形フェイスには、比較的まっすぐで自然なアーチの眉が似合います。この形は、おでこを少し狭く見せてくれて顔のバランスがよくなります。
  3. コンシーラーであごを広くする
  4. ベースメイクで、あごの辺りに深さと幅をだしていきます。明るめのコンシーラーやハイライトをあごに縦方向において、スポンジでなじませます。コンシーラーはあなたの細いあごに幅をもたせてくれます。
  5. チークのいれすぎに注意
  6. 楕円形フェイスと同じで、ハート形フェイスの人も頬骨が高く、美しいフェイスラインを持っています。なので、そのフェイスラインを壊さないためにもチークのいれすぎには注意しましょう。

    もし顔が長すぎると感じるなら、ワントーン暗めのファンデーションを使ってみてください。

長方形フェイスに似合うメイク

  1. リキッドとパウダーファンデの両使い
  2. 長方形フェイスのメイクのポイントは、より楕円形に近づけるために、フェイスラインをより短く、そして幅を持たせるようにすることです。

    顔全体に、肌のトーンにあったリキッドファンデーションを塗っていきます。次に、ワントーン暗めのパウダーを、こめかみ、あご、頬骨の上にはたいていきます。

  3. ブロンズカラーで輪郭を整える
  4. 長方形フェイスには、エラ、こめかみ、ヘアラインの輪郭にブロンザーを使い、おでこを小さくみせるようにします。

    あごと頬骨にハイライトをのせましょう。こめかみに向かって長めに眉毛をかくと、四角い輪郭をよりソフトに見せることができます。

  5. アイメイクは念入りに
  6. 顔のパーツを強調することで、長方形の顔の形を目立たせなくします。大胆なカラーのアイシャドウとドラマチックなまつげで、目にインパクトを持たせましょう。

ダイヤモンド形フェイスに似合うメイク

  1. ファンデーションの2色使い
  2. ダイヤモンド形フェイスは、頬のあたりの広さを小さくするとベストバランスになります。そのために、明るめと暗めの2色のファンデーションを使いましょう。

    暗めで暖色系のファンデーションを小さくしたい場所(頬の外側)に塗り、明るめのファンデーションを強調したい部分(あごやおでこ)に塗っていきます。境目ができないようにスポンジでよくなじませてください。

  3. 眉間を広めにする
  4. おでこを広くみせるために、眉は中心から少し離してかいていきましょう。そして、ナチュラルな眉の形にしてください。ドラマチックなアーチにしないように気を付けて。これで、あなたの目とおでこが広がって見えるでしょう。
  5. ナチュラルなリップライン
  6. リップライナーを引く場合は、自然な唇のラインに従ってください。あごをより細くみせてしまうので、唇を大きめに塗るのはやめましょう。明るいリップグロスより、ナチュラルトーンのマットな口紅が似合います。

この記事をシェアする

関連記事

コメント