• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイク落としは年代で選ぶ!30代におすすめのクレンジング

Date:2015.10.20

shutterstock_121338712

メイク落としを選ぶときは、メイク汚れの落ちがいいものを基準に選んでいませんか?肌トラブルを起こす原因となるメイク汚れは、しっかりと落とすことが美肌の鉄則です。

しかし、メイクの落ちがよければクレンジングは何でもいいのでしょうか?メイク落としはただ単純にメイク汚れを落とすだけのものではありません。

年齢とともに肌質も変わってきますので、それに合わせたクレンジングを選ぶことが美肌のためにはとても重要になります。

30代女性の皆さん、10代、20代の頃と比べたら明らかに肌が変わってきたと思いませんか?そんな肌の変化に合わせて、クレンジングも見直すべきです。30代女性におすすめのクレンジングを紹介していきます。

まずはメイク落としの種類、特徴を理解しよう

クレンジングと言っても色々な種類のクレンジングが出回っていますよね。自分に合ったクレンジングを選ぶ前に、その種類と特徴について理解しましょう。

メイクを落とす力は抜群!オイルクレンジング

短時間でメイクとよくなじんでメイク落ちもいいのがオイルクレンジングです。汚れ落ちもよくおまけにオイルなのに洗い流した後も肌がべとつきません。

それは界面活性剤のお蔭なのですが、界面活性剤はお肌にもダメージを与える成分です。洗浄力が強すぎるため肌の乾燥をすすめる原因にもなります。

少ない力でメイクが落とせますので、肌への摩擦を軽減できること、濃い目のメイクやマスカラ等の落ちにくいポイントメイクを落とす時に力を発揮してくれます。

乾燥肌の方におすすめのミルクタイプクレンジング

見ためやテクスチャは乳液のようなミルクタイプのクレンジング。適度な潤いをお肌に残しながらメイク汚れだけを浮かして落としてくれます。肌に優しいので肌の乾燥が気になる方にはおすすめです。

ミルククレンジングも商品によりますが、洗浄力の点ではオイルクレンジングよりも劣ります。しっかりとメイクを落としたつもりでも、メイクがお肌に残っていることがあります。

洗浄力がマイルドでお肌にも優しいクリームクレンジング

洗浄力がマイルドでお肌に優しいのがクリームクレンジングです。ただし洗浄力が弱めな分、濃い目のしっかりメイクを落とすのは大変です。

クリームタイプのクレンジングは洗い流すタイプと、拭き取るタイプの二種類がありますので利便性に合わせて商品を選べます。

拭き取りタイプの場合は、水なしでもメイク落としができるので便利ですが、拭き取るときに力が入って肌をこすりやすいので注意が必要です。

手軽にさっとメイク落としができるシートタイプのクレンジング

疲れて帰ってきてもう何もせずに眠りたいとき、外でメイクを落としたいとき等に使えるのがシートタイプのクレンジングです。洗い流さずにメイクを落とすことができて大変便利なグッズです。

ただしシートだけでメイクを落とすので、しっかりメイクほどよく拭き取る必要があります。さっと拭き取っただけではお肌にまだメイク汚れが残っている可能性が高いのです。

またシートには界面活性剤が多く含まれているので、しっかりメイクの時ほど肌にかかる負担が大きくなってしまいます。

肌への負担が少ないジェルタイプのクレンジング

オイルやミルクと違ってメイクとなじむのに多少の時間がかかりますが、お肌に優しいのが特徴です。できるだけ肌に優しいクレンジングを選びたい方におすすめです。

メイクとなじむ、メイクを落とすのに時間がかかってしまうので、急いでメイクを落としたいときは不便かもしれません。

30代がクレンジングを選ぶときのポイント

クレンジングの種類や特徴について理解していただけましたか?それを踏まえた上で30代女性がクレンジングを選ぶ時のポイントを紹介していきます。

メイク落ちとクレンジング後の肌の状態で決める

クレンジングの役割はメイクを落とすこと。まずクレンジングに求めるのはある程度の洗浄力です。どんなにお肌に優しくてもメイク汚れがお肌に残ってしまうと、それがお肌に悪影響を与えてしまうからです。

しっかりとメイクを落とせることがクレンジング選びの重要ポイントになります。

そしてもう一つ重視していただきたいのが、クレンジング後のお肌の状態です。クレンジングの後のお肌をチェックしてみて

  • 肌がつっぱる
  • 乾燥する
  • ヒリヒリする

といった症状が見られたら、クレンジングが合っていないと考えられます。30代になってから10代、20代の頃と比べてお肌の状態も変わってきています。

お肌に刺激となるようなクレンジングはできるだけ避けるようにしましょう。このダメージの積み重ねが大きな肌トラブルにつながってしまいますよ。

毎回同じ物を使う必要はなし!賢く使い分けよう

クレンジングを購入したら、どんな時でもそのクレンジングを使っていないでしょうか?クレンジングはメイクの度合いや部分によって使い分けるべきです。それがお肌に余計な負担をかけないことにつながります。

しっかりフルメイクのとき
30代にもなれば、しっかりフルメイクをする機会も多く出てくるでしょう。フルメイクの時は落ちにくいファンデーションを塗ることがあります。これらをしっかりと落とせる洗浄力の強いタイプを選んで使うことで、メイク汚れをしっかりと落とせます。
薄化粧のとき
薄化粧のときは洗浄力の弱いタイプでも十分メイクが落とせるはずです。
忙しいとき、メイク直しをする必要があるとき
疲れきって帰宅してすぐにでも寝たいとき、汗をたくさんかいたりして化粧崩れがひどくお直しの必要があるときは、シートタイプのクレンジングを使用すると便利です。

シートタイプなら水なしでさっとメイクが落とせますので、ソファやベッドに寝ながら、オフィスや公共トイレでも簡単にメイク落とし、化粧直しができてしまいます。

ポイントメイクは専用リムーバーで
アイメイクに力を入れている方、多くいらっしゃいます。このアイメイクですが洗浄力の強いクレンジングでもなかなか落としにくかったりします。

ゴシゴシこすってお肌を傷めるよりも、専用のリムーバーを使って落とした方が簡単にきれいにメイクを落とせます。それぞれの箇所に適したメイク落としを使った方が、余計な負担がかかりません。

試供品、口コミを参考にして選ぶ

クレンジングを探す時は、口コミを参考にしてみましょう。商品の口コミが掲載されたサイトがありますが、投稿者の年代で口コミを絞り込む機能が付いているサイトもあります。

それを利用することで、30代以上に評価の高いクレンジングを絞り込むことができますよ。実際に試してみると自分のお肌に合うかどうかがわかりますので、興味を持ったクレンジングは一度使ってみるといいですよ。

クレンジング選びは将来の自分のお肌のため

30代だからこそ、クレンジングにもこだわりを持ちましょう。メイクが落ちればいいと言う考えは捨てて、自分のお肌のためになりそうなクレンジングを選ぶのです。

それが将来の美肌を保つことにつながっていきます。いつまでも若々しい肌を保ちたいのであれば、今日からでもお使いのクレンジングを見直すべきですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント