• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

不眠でお悩みの人必見!枕元にメモ帳とペンを用意すれば解決?

Date:2013.08.08

早く眠りたいのに、なかなか眠りにつけないことありませんか?なんだか気になることがあって考え込んでしまったり、同じことをグルグル考えて目が冴えてしまったり、気づくと何時間も経っているなんてことも…。

体も頭も疲れが取れないし、慢性の寝不足で仕事や家事に集中できないのは辛いですよね。そんな考えすぎが原因の困った不眠症には、枕元にメモ帳とペンを置くのがオススメ。是非お試しください!

気がかりな事はとにかくメモ!

よくあるのが色々な事を考えすぎて眠れないパターン。仕事の段取りが気になって頭の中で何度も仕事の流れを考えたり、明日の子供の持ち物渡すの忘れないようにしなきゃと落ち着かなかったり、今日買い忘れた買い物を思い出したり…。

ほんの些細な事でも考え出すとなかなか終わらずに結局寝不足になってしまうことも。そんな時は頭に浮かんだことをとにかくメモしてみましょう。

次の日の仕事でやらなければならないことも、子供に渡さなければならない物も、スーパーで買うものも、思いつくまま書いてしまいます。暗い中で寝転んだまま、なぐり書きでも大丈夫。

そうすると「書いたこと」はもう考える必要が無くなるので、自然と同じことをグルグル考えていたことがピタッと止まります。書いてもまだ考えてしまう時は、「これはさっき書いたから大丈夫」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

忘れないようにしないといけない事があって気持ちが緊張している時でも、次の日の朝にメモを見直せば忘れる心配も無いので安心して眠ることができます。

思ったことを書く事で気持ちを落ち着ける

彼氏や友達と喧嘩したり、仕事でミスをしてしまったり、気分が落ち込んで眠れないこともあると思います。そんな時にもメモに書いてみましょう。悲しかったことや腹が立ったことを箇条書きにし、自分の気持ちを素直に書き出すことで現在の状況と向き合うことが出来ます。

気分が落ち込んでいる時は嫌だったことばかり思い出してマイナス思考になりがちですが、書き出したものを見ると少し客観的に見ることができるようになります。誰かに話をすることでストレス発散できるのと同じように、メモに書く事で吐き出しているのです。

実際に起こったことに限らず、次の日はどんな風に振舞おうとか、どんな言葉で謝ろうなんてことも頭に浮かんだことは全て書いてしまいましょう。そういうことこそグルグル考えてしまいがちで、考えているうちに自分が何をしたかったのかも分からなくなってしまうことも。

自分が考えた事を書く事で、別の事にブレたり同じ事を繰り返し考えて悩みが長引くのを防いでくれるのです。

この記事をシェアする

関連記事