• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

主婦の一日は30時間は必要!?忙しいママの時間術

Date:2013.06.19

主婦、二児の母親、個人事業主、司会者、ブライダルプランナー、小学校のPTA本部役員、市の母親代表者会部長、ライオンズクラブ会員。そして、女性。私の現在の役割です。色んな顔を持っている私ですが、こんな私も皆さんと同じように一日24時間しかありません。

もっと、時間が欲しーい!!なんて思うことはしょっちゅうです。でもいくら頑張っても、神様にお願いしても一日は24時間から増えません。だったら、自分の努力と要領で一日30時間にしたらいいじゃん!!という訳で、忙しいあなたに「一日を30時間にする方法」をちょこっとだけ伝授しちゃいます。

あっ!!でも最初に断っておきますが、神経質な方、完璧主義の方にはあまり向かない方法かもしれません。その辺ご了承ください。一日30時間!!といっても、ほんとに時間を増やすわけではありません。ポイントは、「しなければいけない事をいかに短縮してするか!!」という事です。

私のこの9足のワラジの中で1番短縮できるのは…主婦業、母親業、女性業です。その他の事は、自分じゃなきゃだめという仕事を除きスタッフや他の役員の方や会員の方と役割を分担しながらします。

何もかも自分でしようとするのは、絶対に無理です!!何もかも自分でしないと気が済まない、他の人に任せるのは苦手という方も中にはいらっしゃると思いますが、1日30時間にする為にはまず、そういう考えを削除して下さい。これだけでも随分、短縮できるものです。

先ほど、挙げた1番短縮できるもの3つ。そのうちの主婦業ですが…1週間の献立を立てて、まとめて買い物。(時間とお金の節約)、そして私は1時間以上は料理をしません。(少し前までは20分以内でできるものしか作らないようにしてたのですが、最近ちょっと料理にはまっているので時間が延びました。延びた分は、趣味を兼ねているという事でOK)

子どもができる事は子どもに頼みます(子どもの自立心を育てるとともに、家事をしながら子どもと関わりを持つ時間ができますし、何より早いです)、洗濯は、夜事務仕事をしながら…(朝だとバタバタするので)

短縮できるもの、2つ目の母親業…こちらは、先ほど主婦業で挙げたものと重なりますが、家事を子どもに任せる、これ以上は、短縮してしまうと子どもの成長に支障をきたしそうなので、できるだけ時間を取るようにしています。

そして、3つ目の短縮は、女性業…これも大幅に短縮すると、女性でなくなり、下手すると「オッサン」になってしまうので危険ではありますが、パックや歯磨き、読書をお風呂でする。ネイルや染髪を自分でする。

そして、全体的に「ながら族」はお薦めです。○○しながら、○○する。先ほど挙げたようにお風呂に入りながらパックをする、ような感じです。 こうして挙げてみると、「な~んだ!」と思うかもしれませんが、当たり前に思っていても、心がけていないと出来ないものなんです。

これを機に、一度試してみて下さい。上手くいくポイントは、「アバウト」です(笑)あなたの1日が30時間になって、充実すると思いますよ。

この記事をシェアする

関連記事