• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

意外とみんな悩んでる!?ママ友とスマートにお付き合いする方法

Date:2013.10.12

子供が生まれて誰もが一度は思い悩むのが“ママ友”とのお付き合いではないでしょうか。できれば、適当な距離を置いて当たらず障らずいい関係を築いていきたいけれど、子供のことを考えるとそうもいかない。

かと言って、日常的に頻繁に連絡を取り合ったり、毎日のように顔を合わせたりするのは苦痛だし・・・なんて思っていませんか。今回はそんな悩めるママたちのために、ママ友と上手にお付き合いしていくコツをご紹介したいと思います。

自分の観念を大切にしつつも相手の価値観を受け入れてみましょう

いくらお互いの子供を通じて親しくなった“ママ友”とはいえ、職場や学校で自分自身が仲良くなったわけではありませんから、お付き合いしていくうちに「あれ?」という疑問を感じることは必ず出てきます。

特に、子供の習い事に関する価値観はさまざまです。うちの子はピアノを習わせたい!うちの子は英語に力を入れたい!はたまた、うちの子はスイミングで体力をつけさせたい!など考え方は実に幅広いですから、決して○○を習わせた方がいいよ!なんて口にしてはいけません。

あああ子供の習い事を通じてより親しくなることもあるのですが、お稽古に関しては、うちはうち、よそ様はよそ様と割り切って考えましょう。ああ

また、食生活に関する価値観も家庭によって実にさまざまで、市販のお菓子を与えないママや外食が大好きなママもいますから、自分の観念を持ちつつも、相手の価値観を受け入れる気持ちの余裕をもつことが大切ですね。

気をつけて!こんなママ友はどうしても嫌われてしまいます

ではあなたは、どうしても距離を置きたくなるママ友は?と聞かれて、どんな人物が思い浮かびますか?もっとも“嫌われてしまうママ友”の性格は、相手のことを干渉しすぎるタイプです。

よその家庭のことをあれこれと口をはさみたがるのは良くありません。特にお金に関することは、慎重に話題にしなくてはいけません。あなたのところの生活費はどうなっているの?なんて間違っても口にしないように気をつけてくださいね。

どんなに親しくなっても相手の収入や家計に関わる話はタブーと思っていた方がいいでしょう。

また、お金以外のことでも、子作り計画などデリケートな話題をするときには、まずは自分の話を聞いてもらった上で、相手にさりげなく話を振る程度に留めておくといいでしょう。

相手が乗り気でないと感じたら、スムーズに次の話題を提案できるくらいの気配りも忘れないでくださいね。

もう悩まない!ママ友との上手なお付き合いの方法

ここまで文章を読んで、なんだか考えれば考えるほど“ママ友”って面倒な関係ではないの?って心配になっていませんか。いいえ、決してそんなことはないのです。

最初の出会いは子供を通じて、社交辞令も兼ねたママ友からスタートしますが、いいお付き合いさえできればお互いに子育ての相談ができたり、誰にも言えない悩みを相談できたりもするものです。

忘れてはいけないことは、いくら子供同士が仲良く遊ぶ関係でも、それぞれの家庭によって環境はさまざまだということです。

ここで押さえておきたいポイントが、相手の気持ちや価値観を大切にお付き合いしていくということ。この要点さえ忘れなければ、大きなトラブルは回避されます。

同時に、できる限り相手の状況を配慮する気持ちを持ち合わせることで、信頼関係も生まれますから、どんどん円滑な関係を築いていくこともできます。

たとえば、お子さんが風邪をひいていたり、ケガを負ったりしたときに温かい言葉をかけてあげる心遣いができれば、自然と親密度もアップするわけです。

今まで苦手だなと思っていた“ママ友”にもこういう機会にこそ、積極的に声をかけてみましょう。まずは、自分の心を開くことで“新しいママ友”と上手にお付き合いがはじまるきっかけになります。

ちょっと面倒に感じることもあるかも知れませんが、大人同士の関係が子供に影響することは多々あるので、なるべくスマートにお付き合いをしていきたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事