• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本当にそれってダイエットに効果がある?“うそ、ほんと”クイズ

Date:2014.09.18

「炭水化物はダイエットの敵!」、「夜9時以降は絶対に食べない!」などダイエットの常識って数えると結構ありますよね? でも、中には真実なのかタダの都市伝説なのかはっきりしない事柄もあったりして、どれを信じて良いのか分からなくなってしまいます。

そこで、ダイエット中によく耳にし、まことしやかに伝えられている事をクイズにしましたので、真実かどうかをご自身で確かめてみてください。

① タバコをやめた方がダイエットに効果がある。 Yes / No
② 夜9時以降に食べるのは太る最大の原因! Yes / No
③ エクササイズをすればするほど痩せられる。 Yes / No
④ タマゴは栄養満点な上に、ダイエット応援食材。 Yes / No
⑤ 砂糖ではなくハチミツなら多く食べてもOK。 Yes / No
⑥ ダイエット中、炭水化物はできる限りメニューから除くべき。 Yes / No

① Yes: 喫煙はダイエット、健康面にマイナスな事ばかり

確かに、タバコに含まれるニコチンは心拍数を上げる事でカロリーの消費を促す作用もあるのですが、肺ガンなどの健康被害のリスクを考えれば、エクササイズをしてカロリー消費をした方がダンゼン効率的です。 

しかも、喫煙者の多くはカロリーの高い糖分や脂肪分を含む食材に対する味覚や、満腹中枢が麻痺する事が多く、結局は高カロリーな食事や間食をし過ぎ、メタボな体質になる傾向が強いそうです。

② No: “午後9時”?“ゴールデンタイム”?時間は関係ありません

「午後9時以降に食べたら太る」とか「ゴールデンタイムに食べれば体重に響かない」などとよく聞きますが、私達全員の体は、時計が午後9時を回ったところで、口にした食べ物は全て脂肪へと変える様になっているのでしょうか?

ゴールデンタイムに食べると絶対に太らないのでしょうか?年齢・性別、体質により代謝量も異なるので一概にそうは言い切れないのです。

ダイエットの専門家も、問題は時間では無く、空腹かどうか…。空腹でもないのに「小腹が空いた…」と言っては、おせんべいやポテトチップスを大量に食べるという行為が、ダイエットを失敗させる大きな原因なのだそうです。

但し、夜食べる物はフルーツやナッツ類、雑穀パンのサンドイッチなどにして、加工食品やお菓子類は避けるべきです。これらの食べ物なら寝る前に食べても良い睡眠を誘ってくれるので、空腹のまま寝付けず睡眠不足になるより、ずっとダイエットには効果的ともいえるのです。

③ No: ダイエットはライフスタイル

ダイエットを効率的にそして早く成功させたいのでしたら、運動だけしていれば良いというものでもありません。ダイエットの元々の意味も“食べ物”なので、食事の仕方も大きく関わっているのです。 

筋力トレーニングをすれば筋肉がつき、体重は大抵増えます。だからと言って、無理に有酸素運動ばかりしていても筋肉が付かないので代謝量を増やす事はできませんし、思わぬケガをし、ダイエットを断念する事にもなり兼ねません。

④ Yes: タマゴは実はダイエットの強い味方

タマゴと聞くと“高カロリー&高コレステロール”と思われがちですが、卵と一緒に調理される物に高・カロリー&脂肪の物が多い為に誤解されている部分が多いのです。

現に、1日1個玉子を食べるようにした人はそうでない人に比べ、コレステロール値が下がったという実験結果も有ります。

また午前中にゆで卵を食べるとお腹のもちが良く、午後の食べ過ぎを防止してくれる事も分かっているので、ダイエット中の女性には心強い“間食”にもなるのです。

⑤ No: ハチミツも‘砂糖’です

ハチミツも砂糖なので、取り過ぎればカロリーとなり、消費されなければ体内に脂肪となって蓄積されます。

普通のお砂糖は加糖とブドウ糖共に50%以上含まれているのに対しハチミツは約10%低く、その他に多くの成分が含まれているので消化するのに時間及びカロリーを消費し砂糖より低カロリーと言われているそうです。

砂糖より栄養価は高いのですが、カロリー的には余り違いは無いので、やはり取り過ぎにはご注意を。

⑥ No: ダイエット中にこそ、炭水化物が大活躍

カロリー・エネルギーの元と言われる炭水化物はダイエットの“最大の敵”…のはずなのですが、実は炭水化物こそダイエット成功のカギを握る食材だったのです。

炭水化物でも白米などの精製された穀類ではなく、食物繊維をたくさん含む雑穀・米、パンや、“難消化性デンプン”を含む穀物類を食べると血糖値の急な変動を抑えられ、ダイエット中のあの辛~い空腹感をも容易にコントロールできてしまうという訳です。 

しかも、難消化性炭水化物には体内の脂肪の燃焼を促進させる脂肪酸が含まれていているので、ダブルのダイエット効果が期待できるそうですよ。

世間で“当たり前”になっているダイエット情報にも、誤解されている事、その後の研究で正反対の結果が出たケースも多いのです。 よって、自分に合ったダイエット法を見つけ、そして常に最新のダイエット情報に目を向けておく事がダイエット成功への近道かもしれませんね?

この記事をシェアする

関連記事