• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

社内・社外でのお付き合い!基本的はマナーを知ってイイ女!

Date:2013.03.24

社内・社外問わず、大人女性は人付き合いがつきもの。人脈を広げるのも会食の時間はとても大切な時間でもあります。ここでは「今更聞けないけど、知っておきたい大人女性の為の会食ルール」をご紹介します。

ラフは雰囲気の会なら特に気にする必要はありません。ただし、接待やビジネスの席では厳守です!

居酒屋などの個室や長ソファでは、奥の席が上座で入り口付近が下座です。ところが飲み会などで、「さぁ!入って、入って!」と言われるがままに席に着くと、結果的に上司より上席に座ってしまうことがあります。

そのまま素直に座っていいものかどうか迷うところですが、入り口近くに陣取るもの実は邪魔なのです。

上司との関係にもよりますが、場合によっては上司より後からお店に入って下座に座るのもいいですし、宴会が始まる前に、「こちらの席にどうぞ」と言って上司に上座を譲っても構いません。

ただ、打ち上げや歓送迎会などラフな雰囲気の会では幹事の声に従って、そのまま奥からつめて座って問題ないのです。ただし、上席になった時は、黙って座らずに謙虚な気持ちを一言でも伝えれば、マナー度がアップして、イイ女っぷりを漂わせますよ。

ただし、接待やビジネスの集まりとなれば、みなさんご承知のように話は別になります。少なくとも上座、下座はしっかりと心得ておきましょう。イザと言うときに恥をかかないためにも大人女子のたしなみ、普段からさりげなく心得ておきましょうね!

社外の人とランチ。支払いはどちらがするべき?

基本的には誘った方が支払います。ただし、場合によっては割り勘という可能性もあります。

接待と言うほど大げさなものではなくても、「ちょうど昼食の時間なので、軽くランチでも一緒にしませんか?」などといったビジネスの会食シーンは意外とあるという方必見です!

食事をしながらリラックスして仕事の話ができるので、新しい企画を生み出すチャンスでもあります。また、初対面でまずはランチをし、仕事の相性を決める事も少なくありません。

欧米では特にビジネスランチが重要視されるのは、そのあたりにどうやら理由があるようです。

お店選びに関しては、「近くに評判のいい店がありますがイタリアンはいかがでしょう?」とか、「召し上がりたいものはありませんか?」などのように誘う側が主導権を握るのがポイントです。

むしろ会社を出てから「どうしましょうか?」と迷って時間を使うのは相手に失礼になりますから絶対にやめましょうね。場合によっては、社内での打ち合わせが終わった際にお店に予約の電話を入れておけばランチタイムの混雑に巻き込まれることもなくスマートです。

ランチは時間が限られていますしね。支払いは基本的には誘った側がします。勿論双方の関係にもよりますが。訪問するたびにご馳走してもらうのは気が引けるという時は、「今日はこちらで」と事前に支払う意思を告げておけば相手に気を遣わせずに済みます。

ある程度慣れている相手なら割り勘で、という事もあるかと思います。もしそれが大人数なら、その場合は1人ずつバラバラで支払うよりも、会社ごとにまとめてお会計をするのがベストですよ。

この記事をシェアする

関連記事