• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫婦のマンネリ解消法!結婚10年の旦那をドキッとさせる方法

Date:2013.03.26

付き合いはじめの頃は緊張してごはんものどを通らなかったのに、結婚して10年も経つと、いびきも平気、ノーメイクの寝起き顔を見られても平気、恥ずかしいことなんて何もない、という関係になるのは仕方のないことです。

それだけ安心感を持って一緒にいられるということでもありますしね。

しかし、恋愛時代のようなドキドキもなくなってしまうのは、ときには寂しさも感じるものです。女性はいつまでも女性として見てほしいもの。10年連れ添った妻でも、女性であることを忘れてほしくないですね。

そのためにはやはり妻が努力しなければなりません。夫をドキッとさせるには、どのようながんばりが必要でしょう?

やっぱり大切スキンシップ

体に触れることは、男女の愛情を確認することでもあります。結婚前は腕が触れるだけでドキドキしたのに、という感覚を思い出しましょう。

二人でお出かけをして、旦那さんの腕にそっと腕をからませたり、指をからませて手をつないだり、ちょっとしたことでもいいのでスキンシップを心がけてみましょう。いつもと違う雰囲気に旦那様も「おっ?」となるでしょう。

疲れた体をほぐしてあげましょう

仕事で疲れている旦那様の体をマッサージでほぐしてあげましょう。腰や背中、太ももの裏側、腕、首筋、などやさしく指圧してあげましょう。女性のやわらない指でていねいにマッサージされると、旦那様も心地よい気分に。

酔って甘えてみる

いつもは子供を叱ってばかりの母親だったり、旦那さんに愚痴ばかり言う奥さんだったりするかもしれません。そんな奥さんが、お酒に酔ってうるんだ瞳で甘えてみましょう。

旦那様の方に頭をもたせかけて、「ふうっ、酔っちゃった」なんて言ってみると、いつもとは違う妻の雰囲気にドキドキするでしょう。

きちんとメイクする

忙しい妻は日々、メイクに時間をかけてなんていられないもの。髪の毛だってひどいときには手ぐしですませてしまっていたり。でも、いつもそんな恰好では、旦那様をドキドキさせるのは不可能です。

きちんとメイクをして、髪もセットして、旦那様の帰りを待ちましょう。きちんとメイクをすれば、奥さんだってキレイなはず。

やさしい言葉をかける

旦那様にやさしい言葉をかけていることって少ないのではないでしょうか?仕事をして稼ぐのは当たり前、休日は家族サービスをするのは当たり前、買い物に行くときの運転は旦那様がするのが当たり前。

文句を言わず(ときには愚痴を言うかもしれませんが)家族の言いなりになっている旦那様に、やさしい言葉をかけてあげましょう。

「こんなことができるアナタって素敵ね」と微笑みながら声をかけてあげましょう。意外な妻の言葉にドキッとするかも。

女性らしい体をキープ

今日はセクシーなランジェリーで…なんて思って着てみても、お腹がポッコリ、背中のお肉で肩甲骨が見えない、脂肪のたっぷりついた腰回り、では幻滅されてしまいます。

女性として見てほしいなら、女性らしいボディでいなければ。好きなものを好きなだけ、好きな時に食べる生活では、いつまでも若いときのボディラインは保てません。食べ物に気を配り、適度な運動を習慣にして、引き締まった体のラインをキープすることが大切ですよ。

女性であることを忘れない

妻であり、母である毎日の生活は大変です。自分の身だしなみのことなんか後回しになってしまうのも無理はありません。しかし、旦那様にもいつまでも女性として見られたい、と思うのであれば、少しは身だしなみに配慮しましょう。

すべてにおいてとは言いませんが、スキンケアをする、ときにはネイルケアをしてみる、パジャマでいる時間を少なくする、などちょっと気を遣ってみましょう。

この記事をシェアする

関連記事