• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マナー美人で出来る女子に!知っておきたい職場での人間関係ルール

Date:2012.09.01

出来る女子は職場でのマナーも心得ています。要領よく仕事をこなすことも大切ですが、職場にいる限り、切っても切り離せない人間関係。人間関係がこじれると当然、いい仕事ができません。

職場でのコミュニケーションを円滑にして頼りにされる存在になるためには、それなりのルールがあります。ここで紹介するルールをうまく使って「あの人と仕事をすると気持ちがいい!」と思わせる女子を目指しましょう。

報告・連絡・相談のルール

新入社員研修で必ずといっていいほど教えられるのが「報・連・相(ほうれんそう)」。ビジネスの現場ではとても大切なものだからです。ミスの報告を怠ったために信用失墜につながったとか、連絡ミスで大切な会議に資料が間に合わなかったなんていうことになったら大変です。

まずは報告のルール。口頭やメールで報告することが考えられますが、どちらにせよ「結論」を真っ先に述べるようにします。理由や経緯は後でOKです。

長々と初めから経緯を話していたのでは言いたいことを伝えられないばかりか、「結局どうなったの?」と忙しい上司を苛立たせてしまいます。

そして小さなミスほどきちんと報告しましょう。自分では対処しきれないような大きなミスは報告せざるをえませんが、小さなミスが大事故につながることもあります。きちんと報告する勇気を持って、上司と一緒に是正策を考えたいものです。

次に連絡。これもメールや文書にして行われることが多いと思います。だからこそ簡潔に、必要事項を箇条書きにするといいでしょう。

例えば会議の連絡など、頻繁に発生しそうな連絡は、パソコンでテンプレートを作成しておいて、必要個所だけ変えるようにすれば簡単ですし、連絡漏れを防ぐこともできるでしょう。

最後は相談。これは縦の系列(上司と部下など)で考えていくことが大切です。上手に相談を持ちかけてくる部下はかわいがられますし、相談するということはそれだけ仕事に一生懸命だということですので、特に新入社員のうちは評価されやすくなります。

お礼のルール

取引先へお礼の気持ちを示したい時、お礼状の場合は3日以内に、メールの場合は2日以内に送るようにします。時期を逃すと言い出しずらくなったり、「今頃なんで?」と逆効果になったりしますので注意が必要です。

そして仕事を手伝ってもらった同僚にお礼をしたい場合。これには形で感謝の意を表すのが効果的です。食事をおごるとか、ちょっとしたプレゼントを贈るとか。自分の時間を割いて手伝ってくれたのですから、それなりのお礼をしたいものです。

断る時のルール

食事や飲みに誘われて断ると人間関係が…と思って毎回出席。そんなことでは身もお財布ももちません。たまには断る勇気を持ちましょう。断る場合Yes, but…の理論を使うと相手に不快感を与えません。

例えば飲みに誘われて断りたい場合。「はい、ありがとうございます。でも残念ながら今日は予定があって…」というようにまず誘ってくれたことへの感謝の意を示し、それから断ります。

そして「また今度お願いします」とでも付け加えれば、相手も仕方ないと諦めてくれるでしょう。

叱り方のルール

部下がミスをした場合、注意したり叱ったりしなければならない場合も出てくると思います。

その場合、頭ごなしに叱っても部下のプライドを傷つけるだけです。それに理論攻めにされると、いわゆる「逆ギレ」状態になることも考えられます。逃げ道を用意してあげることも人間関係を円滑にする上では大切になります。

そこでうまく褒めながら叱ることを実行してみてください。例えば、「いつもできているのにめずらしいわね」というように。すると部下は、普段はきちんと評価されているんだと感じ、これからもっと頑張ろうと思うはずです。

そして本人が十分そのミスについて認識していて反省しているならば、あまり長々と言わない方が得策です。

名刺交換のルール

特に初対面の相手と挨拶をする場合は、いきなり名刺を出すのではなく、まずきちんと名乗ってから名刺を渡すようにします。言葉としぐさを分けて行うことにより、誠実さを相手にアピールすることができます。

セクハラへの対応

セクハラへの反応は、敬語を使いましょう。敬語には相手との間に「距離を置く」という意味合いが含まれています。

例えば、「今日もいい胸してるね~」などと言われたら、怒ったり、にらんだりするのではなく「お褒めいただきありがとうございます」と毅然とした態度で応えましょう。

企業によっては対策室を設けていたり、就業規則で罰則を設けているところもあります。あまりにひどい場合は、一度相談してみましょう。

20代のあなた。上司や先輩にかわいがられて他の女子社員と差をつけましょう。30代のあなた。上司からは頼りにされ、後輩からは慕われるキャリアー・ウーマンを目指しましょう。

そしてすでにキャリアー・ウーマンの40代のあなた。後輩、部下を伸ばす叱り方を覚えてどんどん仕事を任せてしまいましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント