• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエット中でも甘いもの好き!食べたい気持ちを満足させる方法

Date:2014.12.03

ただいま、ダイエット中!なのに、CMではおいしそうなスイーツの宣伝やってるし・・・。スーパーやコンビニでは新製品のお菓子が出てるし・・・。

誘惑がたくさんでとってもやっていられません!そんなときにはこの記事を参考にしてみて。

甘いもの好きだけどダイエットを頑張っているあなたのためのヒントが満載です!

1.お菓子の代わりにフルーツを

砂糖たっぷりのお菓子よりも、フルーツの方がずっとヘルシーな選択。

食べすぎは体重増加の元ですが、お家に何種類かをストックして食べられるようにするといいでしょう。

2.はちみつ

とろーり甘いはちみつも甘いものが欲しいときに心を落ち着かせてくれるご褒美。

オーガニックのものを常備して、大さじ1杯か2杯くらいなら1日に食べてもいいでしょう。

3.甘くても健康的!スムージー

甘いものへの欲求を抑え、かつ健康と美の役に立つおやつといえば、スムージー。

肌荒れや体調不良などあなたのお悩み別にさまざまなスムージーレシピがインターネットや本で出ていますから、これらの中からお気に入りのものを選んで作ってみては。

4.材料が肝心・アイスキャンデー

アイスクリームなどよりはヘルシーなアイスキャンデー。お好きなジュースを使ってより健康的なおやつを作りましょう。

製氷皿やアイスキャンデー用の容器にジュースとフルーツを入れて凍らせれば、簡単にビタミンたっぷりのご褒美ができあがります。

バナナやブルーベリーなどは、そのまま凍らせてもおいしいですよ。

5.無糖のヨーグルト

プレーンかローファットの無糖のヨーグルトもヘルシーな選択。

お家でのおやつに、手作りランチのデザートにと持ちあるけるといいですね。

はちみつやフルーツを加えたら、甘みも十分。

6.ちょっぴりのチョコレート

これまでのおやつはヘルシーだけど、それじゃものたりないの!!というときもあるでしょう。

そんなときはちょっぴりチョコレートを!ダークチョコレートを溶かして、一口大に切ったフルーツにつけたチョコフォンデュはいかがですか?

チョコレートだけを食べるよりもずっと満足感がありますし、実際のチョコレートの量はそのまま食べるよりずっと少なくて済みます。

7.クッキーを作ってみる

市販のクッキーやマフィンには、かなりの量の砂糖やバターが含まれています。

自分で作るなら、なにがどれくらい入っているかを知ることができるので、おすすめ。

インターネットなどには砂糖の代わりにバナナ、小麦粉の代わりにオートミールなどを使い、バターなしでも出来上がるお菓子のレシピがたくさん紹介されています。

これらのお菓子なら、市販のものより罪悪感が少なく楽しむことができますよ。

ただし、ごくたまにのご褒美にしましょうね。

8.レンジのポップコーン

これもまた、たまーにのご褒美のアイディア。レンジでポップコーンを作り、そこに少量の溶けたチョコレートを振りかけるのです!

1カップあたり50~70キロカロリーなので、体重を気にせず食べることができるのでは。ただし、これも少量ですよ。

9.お菓子に負けない甘さ・デーツ

ナツメヤシともよばれるこのフルーツ、日本では乾燥したものが多いですね。このフルーツの甘さはかなり濃厚。

お菓子を食べているのではないかというぐらい甘いです。ここにアーモンドやクルミなどを挟んで食べれば、甘いものへの欲求がかなり満足しますよ。

10.ドライフルーツとナッツ

さきほどのデーツもそうですが、他のドライフルーツとナッツの組み合わせも甘いもの好きさんにはぴったりのおやつになります。

これはヨーグルトなどにのせるのもおすすめ!甘さと香ばしさと食感で、お腹もハッピーになれますよ。

いかがでしたか?基本はフルーツや自然の甘みをベースにし、ときどきはチョコレートや手作りのお菓子で自分にご褒美を。

ダイエットは大変ですが、目標を達成した暁には素晴らしい体型と健康が待っています!

痩せた後もこのヘルシーなおやつの習慣を続ければ、さらに美に磨きがかかりますよ。

この記事をシェアする

関連記事