• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

1kmを走っただけで息切れしていた私が東京マラソンを完走するまで

Date:2013.10.05

まったく運動のできない私が「何か運動しなくては」と思ってはじめたのがランニング。最初は1km走るのもやっとでした。ちょうどマラソンブームが始まった頃だったので、皇居近くにランニング用のシャワールームやオシャレなランウェアが登場しました。

走り続けて2年後、念願の東京マラソンに出走し完走!楽しいランニングデビューをご紹介いたします。

まずシューズを買おう

走ることはみなさん誰でも経験がありますよね。走ったことのない人はいないでしょう。その距離をのばしていくことが、マラソンへの第一歩。私が教わったマラソンの先生いわく「自分という体を42.195km先までいかに効率よく運ぶか」がマラソンだとか。

まずはシューズ一足あれば大丈夫。底の厚いものがいいでしょう。クッションがあると膝に負担が少なくなります。自分の足形を測定してオーダーシューズを作ってくれるお店もありますよ!

できれば機能性タイツ(ロングタイプ)も買うといいでしょう。価格は高価ですが、関節を固定してくれるので怪我の予防になります。

走り始めてすぐ膝が痛くなったのですが、機能性タイツを履くことで膝をサポートし、痛みがなくなりました。今では練習時も必ず履くようにしています。

また驚くほどの効果を発揮したのが、初めてのフルマラソンの時。まったく走れずぼろぼろだったのですが、終わった時にこのタイツを脱だ途端、立てなくなったんです・・・。つまりタイツのサポート機能のおかげで、歩けていたんです!

初心者にはぜひおすすめいたします。ウェアはかわいいものがたくさんありますので、選ぶのも楽しいですよ♪

走るコースを決めよう

シューズもウェアも揃えば、もう走るだけ!とはいえ、やみくもに走ると迷子になってしまうので、最初は、自宅のそばや会社の近くなど、知っている場所を走るコースにするのがいいでしょう。できるだけ平坦で信号の少ない道が走りやすいです。

時間帯は明るい時間にしましょう。夜間は街灯のない場所などは危険ですのでやめましょうね。慣れてきたら、知らない道を散策するのも楽しいです。身近でランニングしている人に教えてもらってもいいですね。景色が変わるとまたフレッシュな気持ちになりますよ。

走ってみよう

シューズもウェアもコースも決まった、もう走るだけ!いえいえ、まずはストレッチをしっかりしてください。今まで運動経験のない方は特に!心配な方は、スポーツショップや市が開催しているランニング教室に参加してみるといいと思います。

1日教室や短期間のレッスンなど、さまざまありますので自分のレベルとスタイルにあったレッスンを受けてみてくださいね。私は自分の運動神経をまったく信じていなかったので、市が開催するランニング教室に行ってみました。

教室の参加者は、高齢の方が多くみんな元気で私よりはるかに足が速い方ばかり。何歳からでも始められるし、年を重ねてもできるスポーツなんだ、と勇気づけられました。

いよいよ、走りはじめたらとにかくゆっくり走りましょう。自分で「これは歩いているのと変わらないのでは・・・」と思うほど。距離も短くてOKです。

明日も走りたいな、という気持ちで今日のトレーニングを終わらせるのが長続きのコツです。不思議なことに、次に走るときは少しだけ長い距離が走れるようになります。水を持っていくのを忘れずに。喉が乾く前に飲みましょう。

いろんな大会に出てみよう

とにかく、たくさん走ることが完走への近道です。フルマラソンの前に10キロやハーフなどの短い距離の大会に出てみましょう。そのためにはいろんな大会にエントリーすることです。

スイカが食べれるマラソンやスイーツマラソン、仮装できる大会などさまざまな大会があります。名古屋ウィメンズマラソンは完走者にティファニーのネックレスがもらえますよ!

大会情報はランニングポータルサイト「RUNNET」(http://runnet.jp/)がとても便利です。登録しておくと大会へのエントリー手続きも簡単になりますよ。

今までスポーツ大会に出たことがなかったので、東京マラソンという大きな大会に出て、街の人たちから声援を頂いたときは本当に感動しました。

走ることはとても簡単です。大変なのは続けること!でも続けていれば必ず長い距離が走れるようになれるのが、ランニングの魅力です。

かわいいウェアや、美しい景色、面白そうな大会、と工夫次第でとても楽しいランニングライフがおくれます。ぜひあなたもランニングデビューしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事