• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パウダー?マスカラ?素眉タイプ別、美しくなる眉コスメはこれ!

Date:2013.06.17

この女優さん、最近すごく綺麗になった?唐突な美の変身を遂げた彼女たちに、共通することがあります。痩せたわけでもなく、髪型を変えたわけでもない。彼女たちは、「眉」を変えたのです。

顔のパーツの中でも、眉は特に顔立ちを決めます。だからこそ、失敗は許されません。あなたも見たことありませんか?

「この人、眉毛の形を変えたらもっと美人なのに・・・」中高生の女の子ならいざ知らず、30代も過ぎた大人の女性であっても、「惜しい眉毛」をしている人っていますよね?

他人のことは客観的に見られるからこそ、わかるのです。しかし、いざ鏡と向き合って自分の眉をどうこうしようとすると、案外難しい。

もう一度、正しい眉メイクを知って、「美の変身」をねらってみませんか?

流行の眉メイクって?

美人の定義は時と共に移り変わるものです。流行遅れの眉メイクでは、いくら整えていてもどこか「古くさい」顔になってしまいます。

最近の眉メイクのキーワードは「ナチュラル」。何年も前に大流行した細眉は今や完全に時代遅れです。極端な細眉は、それだけで顔立ちを貧相に見せてしまい、実年齢よりも上に見られる原因にもなります。素の眉の毛流れと太さを生かしつつ整える、それが大前提です。

あなたの素の眉を知る

眉メイクを始める前に、自分のすっぴん眉をチェックしてみましょう。

  • 眉の毛質(太いか細いか)
  • 均等に生えているか、まだらになっているか
  • 長さがあるか、刈り込んでいるか

一口に眉毛と言っても、千差万別。雑誌のメイク特集の通りにコスメをそろえても、自分の眉に合わなければ使いこなすことはできません。素の眉を生かすために、「己(の眉毛)を知る」が大事です。

眉毛別ベストコスメ

ここから、素の眉毛別に、おすすめの眉毛コスメを紹介します。

・眉毛が長く毛量があり、すっぴんでも眉が濃い…スクリューブラシ・トリマー・眉マスカラ

自前の眉の主張が強い人は、いくら「ナチュラル」と言ってもぼさぼさ感が出てしまっては垢抜けません。

まずは、スクリューブラシと専用のトリマー(はさみ)を用意して、毛を丁寧に梳かしながら無用な毛をカットすることから始めましょう。形を整えることができたら、あとは自前の毛をいかしつつ、印象を優しくしてくれる「眉マスカラ」を駆使して。

髪の色と合わせるのが基本ですが、髪よりも明るい色にすることで、よりライトで今風の顔立ちを演出できます。安価でウォータープルーフのものが手に入りやすいのも利点です。

・眉毛が少なく、すっぴんだとぼやけた印象になる…パウダー・ジェルorクリームアイブロウ

眉の形を整えるためにトリマーで短く刈り込んでいる、または数年前の細眉流行時に抜きまくってしまい、いまや生えてこない、という悩みもよく聞くところです。

たしかに、眉が少ない方が形は整えやすいですが、平面にぺたぺたと眉を書けばどうしても、いかにも書いてます風の、べったりした仕上がりになってしまいます。今風の眉にするには、いかに自然に書き足すかがポイントです。

そこで、まずは足りない太さを眉頭から、パウダーで調整します。薄めの色で、眉のラインをとる感覚で書いていきましょう。そして、薄眉の落とし穴は、メイクが落ちてきた時に眉がなくなってしまうことです。

そこで、ジェルまたはクリームアイブロウを駆使して、眉を一本一本書き足していきましょう。極細筆で一本一本書き足すことができ、しかも落ちづらいので、増毛メイクにはうってつけです。

ただし、ややテクニックが必要なので、初めて使う時は練習することをおすすめします。

・部分的に生えていないところがある…スクリューブラシ・トリマー・ペンシルアイブロウ

毛量を調整しようとして、ピンセットでぷちぷち抜いていくと陥りがちなのが、まだら眉毛です。

まずは、スクリューブラシで眉を梳かして、トリマーを縦に持ち、長い部分をカットしましょう。横に持って切ると、必要な部分まで切りすぎてしまい、まだら部分が目立ってしまいます。

それから、生えていない部分を補うように、細いペンシルタイプのアイブロウで書き足していきます。また、メイクが落ちやすい人は、眉メイクのもちをよくするアイブロウコートを最後にぬっておくとよいでしょう。

この記事をシェアする

関連記事