• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マスク効果でもっと美人になろう!マスク美人を叶える3つの方法

Date:2015.01.19

shutterstock_187042550_

このところ、マスクが流行ってきていることをあなたはご存知ですか?風邪や花粉症予防に使うあのマスクです。

どうやらマスクをしていると美人に見えるぞということに多くの人が気が付き始め、実際にネット上の掲示板でもマスクを着けているとき(ビフォー)、外したとき(アフター)の写真を載せてしまうほどの話題っぷり。

普段は平均的な容姿の女の子でもマスクをした途端巷で人気のアイドルグループにいそうなレベルまで可愛くなってしまうこともあるんです。

それに加えていま話題になっている「ものまねメイク」のときにマスクを着用していたり、有名歌手がなんと衣装の一部としてマスクを使用したり。

これまで「風邪を引いている人」にしか見えなかったマスクが今ではおしゃれの一部と化しているのです!

実はマスクって美人効果があること、知ってましたか?

これまで病気の予防として着用されていたマスクはつけているとなんとも不健康で野暮ったく見え、決してそれが綺麗に見えるとは思われていませんでした。

しかし有名人や芸能人のマスク着用の画像を見て「どうやらマスクには美人効果があるぞ、、、」と世間は気が付き始めたのです。そう、そこの美人なあなたもマスク効果でもっと美人に見える可能性があるんです!

人間は見えない部分を勝手に美しく想像してしまう

マスクは鼻先から顎までをすっぽり覆うため、鼻の形や顎ラインにコンプレックスがあってもマスクで隠すことができますし、それどころか人間は見えない部分や隠れた部分を勝手に美化して想像してしまうという一説もあります。

マスクをしている人を見る側の人間はマスクの下に隠された顎ラインや鼻をより美人な方に想像してしまっているのです。逆に言うと、マスクを取った途端「アレ?なんか想像と違った!」とがっかりされるパターンもあるということですね。

この人美人そう!と人に想像させるには

あなたはマスクをしなくてもきっと美人でしょうが、マスクをしているときであっても他の人が「この人美人そうだなー」と想像してくれるのは嬉しいもの。

そして「マスクの下に隠れた部分も綺麗そう、、、」と期待されるためには、マスクに隠れていない部分‐つまり目や眉が美人であることが条件です。

そう、アイメイクもせずぼさぼさの髪でマスクをしていては「この人美人そう」だなんて思われないのも当然。これはただの「体調が悪くて身なりに構っていられない人」、美人でもなんでもありませんね。

マスク美人に見せるためには、マスクから露出した部分が美人であることが条件なのです。

マスク美人に見せるためのポイント

マスク美人に見せるためのポイント、それは大きく分けて3つあります。

  • 目元が美人であること。
  • ヘアスタイルがきちんとできていること。
  • 服装や全体的な雰囲気に清潔感があって健康そうであること。

順番に見ていきましょう。

綺麗な目元なくしてマスク美人は成り立たず

マスクを着用したとき、唯一マスクの外に見えるのが目元。あなたがマスク美人かどうかはこの目元だけで判断されてしまいます。

たとえば病院でマスクをしている看護師さんのマスクの上に覗く瞳が、まつげがくるんと伸びていて愛らしい瞳だったらどうでしょう。
「この人、きっとマスクをとっても可愛いんだろうなぁ」と思いませんか。

目元や眉がちゃんと「キレイ」を意識できているかどうか。これがマスク美人になれるかどうかのカギを握っています。

一つ気を付けたいのは濃いアイメイクや血色の悪いメイクは避けること。マスクはともすれば表情が分かりにくいものでもあるため、濃いブラウンや太すぎるアイライナーでまぶたを塗りつぶすようなメイクは顔が怖い人に見えてしまうかも。

使うアイシャドウはツヤのあるピンクやベージュなど肌が明るく見えるものを、アイライナーもブラウンで細めがおすすめです。まつげはこってりマスカラを使うよりもまつ毛エクステのほうが目元が優しく見えるのでマスク美人度がアップします。

マスク美人はきちんとしたヘアセットを

病気で自分の身なりに構う余裕がないと、一番手を抜きたくなるのがヘアスタイルではないでしょうか。ぴんぴんと後れ毛の飛び出したひっつめ髪にマスクではまるで生活に疲れたお母さん状態。

一方スタイリング剤を使ったりアイロンで巻いて上品にまとめたヘアスタイルにマスクだと全体的に雰囲気も明るく見え「なんだか美人そう!」なイメージに。ストレートヘアならそれ専用のスタイリング剤を使ったりブローをすることで綺麗に見えますよね。

あまりにナチュラルさを意識したくしゃくしゃのニュアンスヘアーはマスクをすると単なるぼさぼさの髪に見えてしまうリスクもあります。マスクをするときは無造作なものよりも「作った感」のあるヘアアレンジやスタイリングがおすすめです。

マスク美人は洋服まで手を抜かない

最後に服装や全体の雰囲気ですが、マスクをするときほど服のシワやヨレ、素材などを意識してみましょう。

たとえばもしマスクをした人がもしヨレヨレのトレーナーにダボっとしたスウェット、それにサンダルで歩いていたら、、、。これじゃその辺のコンビニに行くときにすっぴんを隠すためのマスクって感じですよね。

清楚で上品なジャケットを羽織っていたり、きちんと磨かれた靴を履いていればたとえ本当に体調不良でマスクをしていたとしても全体的に健康的で美しく見えます。もちろん服装だけではなく姿勢も猫背にならないよう要注意です。

マスクをしているときは色気を醸し出すチャンス!?

目元はかわいくメイクし、髪型も服装もきちんと感がある。これでマスク美人の完成ですがちょっと待ってください。マスクの効果は見た目だけにとどまりません。

実はマスクって色気を演出できる可能性を秘めたアイテムなんです!

色気は肌の大胆な露出や強い香りの香水に宿るものではありません。その人の隠れた部分やちょっとした隙、話をするときの間(ま)の置き方など、もっと繊細な部分に宿るもの。

いつも人と話すとき、つい緊張してハキハキした口調になってしまうあなた。ハキハキした人は見ていて気持ちがいいものですが、たまにはしっとりと、ゆっくりと、色気ある話し方ができるキャラになってみませんか?

マスクというのはサングラスと同様、顔の一部を覆うことでその人の気持ちを落ち着かせてくれ、どこか気持ちを大胆にしてくれる効果があるようです。

普段人と話すときに緊張してつい早口になってしまう人、マスクをした日は心を落ち着かせていつもよりゆっくり、間を置いて話をしてみましょう。ゆったりとした会話、そしてちょうど良い間を置いた会話というのは色気を感じる話し方の一つです。

あなたも早速マスク美人に!

マスクが「流行」するとは、本当に日本のファッション文化って不思議ですよね。

マスクにもいろいろ種類がありますが、マスク美人になるにはやっぱりフェミニンな要素の入ったものがおすすめです。たとえば顔の輪郭に沿ってくれるような形状記憶の構造で、かつ薄ピンク色のタイプなどがいいでしょう。

気分を変えてマスク美人になってみるのも楽しそう!早速出勤するときだけでもマスク美人にトライしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事