• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

みなさんはどんなタイプを選ぶ?マタニティブラには種類がたくさん!

Date:2013.08.23

shutterstock_340887587

女性にとって、下着選びは非常に重要なものです。通常時ですら自分のお気に入りのブラジャーを見つけるのは難しいものですが、妊娠している最中ですと、もっと困難です。

妊婦さんは多くの場合、10ヶ月の間にアンダーは1サイズ(5センチ)、カップは2サイズアップすると言われています。しかも出産後のことも見越した機能となっているブラジャーが多いので、どういったものを選べばよいのかと、とても悩んでしまう方も多いのです。

サイズ選びに関して言えることと言えば「小さくなって来たかも」と思ったタイミングで大きめのサイズのものに変える、という以外にはありません。できるだけまとめ買いをせずに、必要になった時にこまめに買い足す、というのが経済的で、オススメです。

そこで今回は機能別で、マタニティブラジャーにはどのようなものがあるのか、ご紹介したいと思います。

妊婦さん向けのブラジャーの種類・1;ワイヤーブラジャー

「ブラジャー」と聞いた時に一番思い浮かべられることの多い、一般的なタイプです。胸の形を美しく保てることが一番の特徴ですが、胸の位置をしっかりと固定してくれることで、バストサイズの大きな女性でもより活発に活動できるようになるというメリットもあります。

しかし妊婦さん向けに発売されているブラジャーの中では、ワイヤータイプは少数派です。このタイプは「見せ方・見え方」を重視して作られています。

しかし母子の健康のためにも、母乳育児を考えている妊婦さんであれば母乳のためにも、妊婦さんのブラジャーで一番重要な項目は「締め付けないこと」なのです。

もちろんワイヤーブラジャーが悪者だというわけではありません。実際に身に着ける方の気持ちや体質や、環境によって変わってくることでしょう。

妊婦さん向けのブラジャーの種類・2;ハーフトップブラジャー

妊婦さん向けブラジャーでメジャーなのが、このハーフトップブラジャータイプです。形態はスポーツブラジャーを想像してもらえるとよいかと思います。

基本的にホックがなく、頭からかぶる形で装着します。ワイヤーが用いられていることはほとんどありません。機能性とつけ心地の良さを重視し、追求したタイプと言えるでしょう。

注意が必要なのは2点です。1点目は、ワイヤーブラジャータイプとは違い、胸の形を矯正したり整えたりといった機能がほとんどない、ということ。2点目は、パッドの入っていないタイプも多く存在しているということです。

ニップの形が外側の洋服に響いてしまわないよう、胸の前面部に布を重ねるなどしているタイプもありますが、それでも、外側に響いてしまう場合は多くあります。

購入しようと思った商品にパッドが入っているかどうか、もしくはパッドを入れたり外したりすることのできるタイプであるかどうかは、チェックが必要かと思います。

さて、このハーフトップタイプの妊婦さん向けのブラジャーには、さらにいくつかの種類があります。ここから先は、それらにはどのような種類があるのか、ご紹介したいと思います。

ハーフトップブラジャーの種類・1;クロスオープンタイプ

クロスオープンタイプとは、カップの部分を横にひらくことで授乳しやすいようになっているもののことです。胸の前面の、左右のカップの交わる部分の布がクロスにされているのです。

ハーフトップブラジャーのうち、このクロスオープンタイプがもっとも一般的で、種類が多く、シンプルなものであると言えると思います。つけた時のリラックス感や着脱のしやすさなど、つけ心地でもとても人気のあるタイプです。

ハーフトップブラジャーの種類・2;ストラップオープン

ストラップオープンタイプとは、ワンタッチでストラップを外し、カップをあけることのできるタイプのブラジャーのことです。クロスオープンタイプよりも、普通のプラジャーに近い形態をしています。

授乳に関しては「(赤ちゃんが泣いていると焦って手間取ってしまうことも多いため)あのワンステップがとても手間だ」とう意見もあれば「一度慣れてしまえば一番楽!」という声もある、賛否のわかれるタイプです。

また、使い捨ての母乳パッドを使うという場合にはストラップが邪魔になる、という声も多くあります。産後の母乳の状況を見て再考してみることや、事前に練習してみることが必要となるかもしれませんね。

ハーフトップブラジャーの種類・3;ウインドオープン

ウインドオープンタイプとは、カップの内側が窓の枠のような二重構造になっていて、カップを上から下にめくると胸を出すことのできるようになっているタイプのことを示します。

特に胸のサイズの大きな女性にはつけやすいと言われることも多いようですが、つけ心地に関しては好き嫌いの大きく別れるタイプとなっているようです。商品によって出せる部分・面積も異なってくるかと思いますので、実際によく確認してみることが大切ですね。

ハーフトップブラジャーの種類・4;フロントオープン

フロントオープンタイプとは、クロスオープンタイプ・ストラプオープンタイプ・ウインドオープンタイプと違い、胸の前面を完全にオープンにすることのできる形態のものを指します。

胸をしっかりと包み、支える構造となっているので、胸の形をしっかりとキープしたいという場合にも使いやすいものかと思います。

しかしフロントを開ける際、必ず両方の胸がオープンになってしまうため、反対側の胸から母乳が垂れてしまうといった事態になってしまうことも多いようです。

ただ、母乳以外の理由であっても、授乳期にはブラジャーが汚れてしまって着替えなければならない、という事態にたびたびみまわれることとなります。そうした時には、かぶるタイプよりもホックのタイプの方が着替えやすく、重宝するという意見もあります。

いかがでしたでしょうか。様々な種類があり、それぞれの妊婦さんの状況や好みによって、いろいろなものが選べそうですね。一種類にしぼらず、TPOに合わせていくつかの種類を利用するのも楽しそうです。

妊婦さんになっても、楽しく下着選びをしたいですね!

この記事をシェアする

関連記事