• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マタニティブルーをリラックスして乗り切る!おすすめアロマ

Date:2014.02.26

現在妊娠中の皆さん、おめでとうございます!これから始まる新しい生活に胸がドキドキ、不安と期待が入り混じる毎日をお過ごしと思います。中にはつわりで苦しい時期の方もいらっしゃいますよね。

いわゆる「マタニティブルー」です。いつ頃始まっていつ終わるとも一概に言えないですし、どんな状況になるにはなってみないと分からないので、終わりが見える訳でもなく、なんとなく不安な気持ちに駆られる毎日を過ごしていると思います。

マタニティブルーは精神的なものと思われがちですが、それだけではありません。気持ち悪さや胃のむかつき、何をしてもだるくて疲れやすいなど、つわりから来る体の症状によって、気持ちが引っ張られてブルーになってしまうものもあります。

そこで、そんな心と体をリフレッシュすることの出来る「マタニティアロマ」が人気になっていることを御存じでしょうか?

妊婦も出来るアロマトリートメント

アロマトリートメントと言えば、エステサロンなどで行うことの出来るアロマオイルを使ったマッサージのことですよね。経験のある方も多いと思います。

うつぶせや仰向けで背中や顔周り、デコルテなどをマッサージするので妊婦は出来ないのでは?また、アロマの香りが香りに敏感な妊婦にはきつい…というイメージもありますが、

マタニティアロマは横向きに寝た状態で、抱き枕などを使い、妊婦が楽な状態で施術を受けることが出来る!
◎マタニティアロマ用の訓練を受けたセラピストが行う、妊婦に使用しても大丈夫なアロマオイルを使用するので安心して受けることが出来る!

という利点があります。

どんな効果がある?心配はないの?

どんな効果があるのでしょうか?それは妊婦ではない方が受けるアロママッサージと同じです。香りによる気持ちのリラックス、また妊婦は意外と背中が凝ってしまったり、腰が痛くなるのでその痛みの解消が期待出来ます。

母体はともかく、お腹の赤ちゃんに影響はないのかと心配される方もいると思います。セラピストは専門の訓練を受けているので、母体と胎児に影響がないよう、状態をチェックし、問診を行った上で施術に入るので大丈夫です。

どこで出来る?

一般的なエステサロンにも、マタニティアロママッサージのメニューを置くところが増えてきているようです。ただマタニティアロマを行うには、セラピストは専門の訓練を受ける必要があるので、どこでも行っているという訳はないようです。

また、産院でもマタニティアロマを受けることの出来るサロンを紹介している場合があるので興味がある人は健診に行っている産院の先生に聞いてみるといいと思います。

おすすめの香り。自宅でも

病院やサロンで受けるアロママッサージだけではなく、自宅でもアロマの香りによって気持ちをリラックスさせることが出来ます。

初期にはレモンやグレープフルーツなどの柑橘系、中期にはローズなどの甘くて上品な香りがよいとされていますが、すべての方に該当する訳ではないので難しいところです。

オススメの香りは妊娠初期、中期、後期によって異なりますし、妊娠中に使ってはいけない香りもあるので、まずは相談してみるのがいいと思います。

つわりもマタニティブルーも「いつか終わるもの…辛いのは今だけ…」と思ってひたすら耐えている人もいるかもしれませんが、妊婦にとって我慢はストレスの元。

鼻から入る香りや、加えてのマッサージでママがリラックスできれば、お腹の赤ちゃんにもいい影響があること間違いなし。興味があって経過が順調な人はぜひ試してみてください。

この記事をシェアする

関連記事