• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

間違ったマッサージは肌に良くないっていう話は本当?

Date:2013.07.09

エステのお仕事に就いていた時、「マッサージはお肌に良いですよ!」そう言うと、何人かに一人は必ず「マッサージはお肌に負担がかかるから、しない方がいいと聞いたんだけど…」とおっしゃる方がいらっしゃいました。

最初は不思議に思っていましたが、10数年もの間色んな方のお肌をカウンセリングさせて頂いて、マッサージに関するたくさんの情報を集めた結果、次の持論に達しました。

正しいマッサージは美肌に効果あり

どういう事かと申しますと、間違ったマッサージをするとお肌に負担をかける事もある、しかし、正しいマッサージをすれば、間違いなくしないよりお肌の若さを維持できるという事です。

これは若い方のお肌ではなく、マッサージを何十年もしてきた女性の情報を集約してわかったことなのです。

その情報内には、約20~50年ほぼ毎日マッサージをしている方が数十名いらっしゃいました。誰もがなかなか続けられないマッサージを何十年もしてきた方々は、共通して皮膚はキレイでした。同じ年代の方と比べても明らかにキレイだし、一番違うのは透明感でした。

水分・油分・弾力・くすみ・メラニン量などを調べる肌年齢の機械で調べても、平均して10歳以上若く判定が出ていました。

しかし、一つだけ疑問が…。皮膚はキレイでも若く見えない方もいるのです。そこでわかったのが、皮膚はキレイでも造形が崩れてきているという事。

つまりくすみやシミ、小じわは少なくても深いシワとたるみがあり若さを妨げているのです。深いシワやたるみは一気にお顔を老けさせてしまいます。皮膚はキレイなんですけどね…。

ある時その方々のセルフマッサージを見る機会がありました。そこで深いシワやたるみの原因がわかりました。

「強い!」この一言です。マッサージする力がすごく強いのです。しかもお顔の筋肉の方向関係なく、痩身マッサージのごとくマッサージをされていました。

毎日忙しい中でされてきた事、そして以前は『マッサージの正しい理論』よりも『マッサージをする事』が美肌にとって良いと先走りしていたのだと思います。

「皮膚は厚さ約2mmです。ラップ数枚を重ねた程度の皮膚をゴシゴシマッサージすれば、顔の筋肉にまで到達し負担がかかり深いシワやたるみを生じます。

プロは皮膚理論やお顔の筋肉の位置、流れを理解しています。ましてやお客様のお肌を扱うのでいつも丁寧にマッサージを行うので危険性は少ないですが、自己流マッサージになると確実に力が強く雑になりがちです。

今やマッサージは皮膚理論に基づいて優しく、筋肉の方向へ重力に逆らってなどと詳しく分析されています。その皮膚理論を正しく理解し、正しいマッサージをすればしないよりも必ず美しい肌を保つことができます。

運動を続けている方のスタイルが維持されるように、お顔の運動であるマッサージは若さを保つ一番の方法であり、なかなか皆が続けられないことなだけに人と差をつけられる美肌の秘訣とも言えます。

10年後、20年後のお肌のために…正しいマッサージを始めましょう!

この記事をシェアする

関連記事