• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まつエク、脱毛、気軽に受けられるエステだからこそ注意が必要

Date:2014.11.25

shutterstock_114649384

まつ毛エクステ、まつ毛パーマ、アートメイク、ジェルネイル、脱毛など女性を美しくする方法はたくさんあります。

施術を受けられるお店も増え、誰でも気軽に受けられるものですね。

しかし、中には技術が未熟だったり、衛生面への配慮が欠けていたりすることでトラブルが発生していることも少なくありません。

後悔しないためにも、エステのメリットだけでなくデメリットを知り、施術を受けるお店も慎重に選ぶことが必要です。

体への負担を考える

眉毛を消えないように描いてもらう、まつ毛をカールさせる、脱毛するなど多くの女性がしていることです。

しかし、それはどれも体に負担をかけることでもあります。
施術は100%成功するとは限りません。

例え評判のいいお店でも、技術が高くても万が一、という危険性があるのです。

女性として美しくなれることですし、決して悪いことではありませんが、施術は危険性を含む、ということを忘れないようにしましょう。

どういった危険性があるの?

具体的にはどのような危険性があるのでしょうか?それぞれの施術について紹介しましょう。

まつ毛エクステンション

眼球の角膜付近で施術が行われる、まつ毛エクステンション。1歩間違えば、角膜を傷つけることになります。

角膜やまぶたの感染症、まぶたの腫れ、角膜障害、逆さまつ毛などの危険性をはらみます。

施術の際に使用する接着剤のアレルギーも多いと言われています。

まつ毛エクステンションは美容師の資格を持っている人が行うべきものですが、最近ではエステサロンや専門店が増え、美容師の資格を持っていない人が施術をしていることも考えられます。

目というデリケートな部分にとても近い場所で、接着剤を使用したり器具を使って施術をしたりするまつエクは技術者の技量も問われます。

現在ではまつエクに関する危害の相談は増えていると言われています。

脱毛

現在の脱毛の主流は、エステサロンで行われている光脱毛とクリニックなどの医療機関で行われるレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は医療機関でないとできないとされ、エステサロンで行われているのは、レーザーよりも出力が弱い機器を使用した脱毛です。

どちらにおいても脱毛の危険性は火傷です。

水ぶくれや色素沈着、肌荒れ、感染症などのトラブルもあります。

通常はトラブルが心配ないと言われていても、アレルギーを持っていたり、体調が悪かったりすると、肌トラブルを引き起こすこともあります。

医療機関であれば適切なケアができますが、エステサロンでは傷の手あてができず、それが原因で色素沈着になってしまうということもあります。

ムダ毛の処理は自分で行うよりもサロンで行った方が肌への負担が少ないと言われていますが、技術のしっかりしたところ、衛生面においてしっかりしているサロンを選ばないと危険です。

アートメイク

眉毛やアイラインなどをいちいち描かなくても、アートメイクをしてしまえば常にくっきりとしたアイラインや眉毛でいられる、という点が人気のアートメイク。

施術方法は皮膚に針で色素を注入して色をつけていくというもの。針を使うため炎症や感染症などの危険性があります。

腫れ上がったり、ケロイドになったり、といった症状を引き起こすことも。

ジェルネイル

ネイルカラーの色落ちや欠けなどが気にならず、いつも美しい爪でいられるジェルネイル。

爪への負担も少ないと言われていますが、方法によってはトラブルを生じます。

ジェルネイルは爪を削らなければならず、また剥がす時にはリムーバーを使います。

何度も行うことで、爪が折れやすくなります。爪が弱くなり、指先で物が触れなくなる知覚過敏になることも。

また細菌が繁殖して爪が緑色になるグリーンネイルというトラブルもあり、皮膚科での治療が必要になります。

トラブルを避けるために

さまざまな施術でのトラブルを避けるには、信頼できるお店で行うことです。

きちんとした資格を持ち、知識や技術を持っている人が施術をしてくれるところを選ぶこと。

価格や宣伝に左右されず、自分で確認をして信頼できるかどうかを見極めることが大事です。

また、自分の体調や体のことをよく把握して、無理をしないことも必要です。

少しでも異変を感じたらすぐに医療機関に行って診察してもらいましょう。

さまざまな施術は女性を美しくするものです。しかし施術をする場所を間違えると危険です。

トラブルは誰にでも起こり得るものですから、自分でしっかりと注意をして安全な施術を受けるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事