• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ナビシステムに人生を想う・・・迷っても何度もリルートできる

Date:2013.07.24

ナビゲーションとは、簡単に言えば『道案内』って事で、現在地から目的地までを案内するイメージ、実際の道路とかだけでなく、webサイトなどで目的のページまでのアクセス方法とかも指ししたりします。

ゲームの攻略方法なんかも、もしかしたらナビって言えるのかもしれないですね。つまり、ナビって様々な場面での『道案内』『道しるべ』であり、『道標』なんですね。

現在地の把握、今を知る

GPSでのナビゲーションシステム、車用のカーナビだけでなく、携帯やスマホでのナビも簡単で便利ですね。

昔のカーナビとかって、現在地が思いっきりズレてたりして、海の中を走ってる事になってたり、地図も怪しくて道のないトコを堂々と案内してくれたりってのも多かったですよね。

最近は、GPSでの現在地の把握精度がかなり良くなってて、通信ネットワークでオンラインだったりして、とても安心して利用できるようになりました。現在地を正確に把握できてるってのは、迷子になることがないって事なんですよね。

初めての場所だと、地図を見てても、自分がどこに位置してるのか分からない時ってあります。

私が数十年前に上京したばかりの頃に、ズンズン歩いてるうちに、なんとなく現在地が不安になってくるので・・・。「ココって、この地図だとドコですか?」って、道行く人や店の人によく聞いてました。

行きたい場所は地図にあるけど、今自分が居る場所が怪しいと気持ちが迷います、迷子の一歩手前ですね。『今』の『場所』『状況』が分からないと、先も見えないので、とても不安になるものです。

目的地の設定がなければスタートできない

『今、置かれてる状況を正しく知る』ってことは、とても大切ですよね。スタート地点が曖昧だったり、間違っていたりすると・・・迷子です。

そして、行きたい場所、目的地が分からないと、どんな優秀なナビでも道案内はできません。行き先不明では迷走しちゃうって事で、そもそもスタートすらできないですね。

人生も、同じことだと思うんですよ。

目的もなく、なんとなく生きてる、無意味に暮らしてるって、つまらないってか、流されてるだけ・・・って。既に、人生の迷子なのかもしれません。大きな目標や野望でなくても良いのですが、何かちょっとした『夢』とか『目指す方向』を設定したいですね。

ルートはひとつじゃない

目的地に到達するには、様々な道がありますね。最短距離もあれば、一番早くに到達するルート、費用的に安価に行けるルート、乗り換えの少ないルートなど、A地点からB地点への移動であっても、ルートはひとつじゃありません。全ての道はローマに通ず・・・とね。

早ければ良いってものではないし、遠回りもあれば、寄り道もあり、人によって最適なルートって違うものなんですよ。

何度でもリルート、やりなおせる

カーナビは、案内されたルートを外れても、何度でも案内しなおしてくれますよね。違う道を走っていても、何度でもルート案内をやりなおしてくれて、文句も言わないです。新たな現在地を把握して、リルートし、新しいルートを探して教えてくれます。

音声案内で「ちっ 道間違ってるじゃん」なんて言われたことはありません(そんなナビも、あったら面白いけど)。ミスしても、失敗しても、決して責める事もなく、黙々と新しいルートを探して、淡々と案内する・・・カッコイイです。

音声案内に、人気声優たちの声を採用してるナビシステムもあって、結構ハマってます。渋いイケメン声で「目的地まで、がんばろう! 君ならできる」とか言われると、たまんないですよ。

間違っても部下を非難したり叱責する事もなく、冷静にフォローして、すかさず次の手を指示するような、なんだか私の理想の上司像に重なるんですよねぇ~。人気アニメの声優さんの声だったりすると、ついキャラを連想して頑張れたりしてね。

負けない心

何があって、どこをどう間違っても、現在地が把握できて、目的地が明確なら、ルートはある。何度でも、リルートできる。やり直せます。必ず、道は開けるんです。

不安になるのは、自分自身が分からないから・・・今現在が把握できてないから。迷うのは、どこへいきたいのか分からないから・・・目的がないからです。

まずは、しっかりと自分の今の居場所をハッキリさせて、進みたい方向を決めること。それさえ出来れば、人生は何度でもリルートできます。時間はかかってもね。

何回間違えても、何度やりなおしても、『負けない心』があれば、いつでも頑張れますよ。

この記事をシェアする

関連記事