• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたがなりたいのはどんな顔?顔の印象は眉毛で決まる!という事実

Date:2013.11.03

顔の印象を決めるのは、どのパーツだと思いますか?目?もちろん目も表情豊かで「目は口ほどに物を言う」とも言われますが、実は眉毛も顔の印象を決めるための重要なパーツなのです。

泣きそうな時や困った時は八の字眉になるし、怒った時には釣り上がったりしますよね。眉は目と同じく、表情豊かで動きのあるパーツなのです。そしてまた、顔の印象を決めるパーツでもあります。

それなのに、眉毛を描くときは「ナチュラルに骨格に合ったカタチ」だけを続けていてはもったいない!数ミリ、ほんの少しの角度、眉を変えるだけで印象はがらりと変わります。あなたはどんな印象になりたいですか?なりたい印象別の眉のカタチや描き方を知りましょう。

ハーフタレントみたいなくっきり顔

ホリの深い顔と平面顔のどこが違うか?それは、眉と目の感覚です。ホリが深い人は目と眉の間隔が狭まっており、中には「目に眉毛がかぶさっているのでは?」と思うくらいに近い人もいたりして!

そこまで狭まっていなくとも、目と眉の間隔を狭めればホリが深いハーフタレントみたいなくっきり顔を演出することができます。また眉毛と目の位置が近いと、抜け感がなくなって目力が強い印象に。

このタイプの眉を描くならば、眉下にラインを足すこと。眉下を描き足すことで目と眉の間隔が狭まり、ホリが深い印象を作れます。

ハツラツ元気な若々しい顔

眉間を広くし、眉頭の毛をきちんと整えると大人っぽい印象になり、眉間を狭めて眉頭の毛を上向きに整えると若々しい印象になります。

眉毛が目の幅程度の長さだと若々しく、長めに描かれると大人っぽくなるので、まずは眉毛を短めに描きます。その後、アイブロウマスカラで眉頭の毛を上向きに解かすだけ。こうすることで眉間にヌケ感が生まれて、幼い感じに。

きりっとした強い女性

意思のある強い印象を作るには、眉山の存在が重要です。眉頭から眉山までを自然に上げて行くようなラインで上がり眉気味に描き、眉山をしっかり作ります。眉山から眉尻にかけてはナチュラルなカーブで下します。

さらに、眉山の位置を外側に作ると大人っぽいシャープなイメージになります。普段より濃い目の色でしっかりと眉を描くと、眉の印象が強くなり、きりっと感もUPしますよ。

甘え上手で頼りなさげな顔

上がり眉が強い女性をイメージさせるカタチだとしたら、逆に下がり眉は頼りなさげなイメージになります。いわゆる、流行りの「困り眉」です。

眉頭から眉山までを直線気味に描き、なるべく上げないこと。眉山から眉尻にかけてを下げて描き、眉全体が八の字になるように作ります。

この眉を作る時は、濃い色でくっきり描かないこと!ふんわりとした印象が大事なので、眉毛もふんわりと薄め色のパウダーで描きあげましょう。

ふんわり柔らかな癒し顔

上げるわけでもなく、下げるわけでもなく、骨格に合わせてナチュラルにカーブする短めの眉毛はふんわりと柔らかな印象です。

濃い眉毛は意思の強さをイメージづけてしまうので、癒し顔を作る場合は薄めの色味でふんわりと描くことが大事。ペンシルよりもパウダーを使うと、ふんわり感がUPします。さらに眉間を広くとってヌケ感を作ると、さらに柔らかく力が抜けた印象に。

眉毛のカタチをほんの少し変えただけで、顔全体の印象が違います。眉の色を薄くしてみたり、眉山の位置を変えてみたり、自分がなりたい顔をイメージしながら、どんどん新しい眉毛にチャレンジしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事