• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

眉マスカラの正しい使い方。落ちにくい理想の眉を手に入れる!

Date:2017.10.01

だいぶ使っている人が増えてきたものの、眉マスカラはまだまだ使い慣れてる!という人は少ないのではないでしょうか。

でも大丈夫、他のメイク道具と同じで、ちょっとしたコツを掴めば上手に使うことができます。眉は顔の印象を左右する重要なパーツですから、より美しく整えたいですよね。

せっかく買ったのにうまくつけられない、という人のために正しい使い方をご紹介します。


眉メイクを落ちにくくする眉マスカラ

眉マスカラはこれ1つで汗や皮脂に強くなるので、眉メイクを落ちにくくしてくれる効果があります。

また、眉をくっきり立体的に見せることもできるし、柔らかい印象にすることも自由自在。より眉メイクを楽しむことが出来ます。

今や眉メイクの必須アイテムともいえるでしょう。カラーバリエーションも豊富で、様々な色が楽しめます。

眉マスカラの正しい使い方

うまく使えないとお悩みの人も、初めての人も、眉マスカラの正しい使い方をマスターしましょう!

ベースメイクはしっかりと

ファンデーションを塗った後に、フェイスパウダーなどで眉もしっかり押さえておきましょう。

このひと手間が大事!余分な皮脂や油分を取っておくことでメイクの持ちを良くする効果があります。

眉のベースメイクを先に済ませる

ファンデーションを塗ったら、まず

  • アイブロウペンシル
  • アイブロウパウダー

で眉を描きます。その次に眉マスカラを使います。

マスカラを塗った後では描き足すことが難しくなるので、丁寧に眉毛の間を埋めるようにして描いておきます。

ここでベースの眉の形が出来るので、重要なポイント。

ただし、普段眉を描かない人は眉マスカラだけでもOKです。

眉マスカラを塗る前に眉を整えておく

眉を描いた後にしっかりブラシでとかして流れを整えます。この時、はみ出ているような毛があればきちんとカットしておきましょう。

ここで眉を整えておくと、マスカラを塗った後の仕上がりが断然違います。

眉マスカラの量を調節してからつける

ブラシについたマスカラ液をそのままつけない!これが重要なポイントです。そのままつけるとどうしてもつけすぎてしまうからです。

ティッシュなどで拭き取るようにして量を調節します。ブラシを出したら表面のマスカラ液をティッシュにポンポンと叩くような感じで余分な液を取ります。

このティッシュオフで、ダマになったり、地肌についてしまうのも防げます。

もし立体感が出ずにべたっとなってしまったり、バリバリになったらつけすぎです。しっかりティッシュオフした方がいいですね。

初めてでも出来る、眉マスカラの正しい付け方

1度付け方を覚えてしまえば大丈夫。簡単な3ステップでつけることが出来ます。

  1. 眉尻から眉頭の方向へ、1度毛の流れと逆につける
  2. 眉頭は上から下に向かってつける
  3. 最後に毛流れに沿ってつける

最初に塗る時は眉毛を1本ずつ起こすようなイメージで、毛の流れと反対に塗っていきます。これで眉の立体感が出るんですね。1本1本にムラなくつけるためでもあります。

そして最後に毛の流れを整えれば大丈夫。はみ出たら綿棒などで丁寧に拭いて、眉の形を整えましょう。

眉毛に押し付けないでさらっとつける!

眉マスカラをつける時はサッサッとなでるように、毛の1本1本に軽くつけるようなイメージで塗っていきましょう。

眉毛に押し付けてしまうと固まったりムラになったりするので、立体感が出なくなります。

色の付きが悪い時は重ねづけをしてもOK

元々眉の色が黒々している人は、明るい色の眉マスカラをつけてもあまり変わらない、と思うかもしれません。

その場合はもう1度重ねづけしてみると良いと思います。

2度目に塗る時は、1度目よりさらにつける量に気をつけてくださいね。たくさんつけると眉毛がべたっとしてしまいます。

眉が濃い人は眉コンシーラーとのダブル使い

眉が濃くて、どうしてもうまく眉マスカラがつけられない、マスカラの色味がいかせない、という時はいったん眉毛を隠すようにするのポイント。

眉コンシーラーで隠して眉を薄く見せましょう。その上で眉メイクをすれば、眉マスカラの色が良く出るようになります。

落とす時はアイメイク用リムーバーで

眉マスカラは普通のマスカラと同じように、ポイントメイク用のリムーバーで優しく落としましょう。目の付近なので、普通のクレンジングでゴシゴシこすらないように気をつけてください。

顔に合った眉マスカラの選び方

初めて眉マスカラを買う時は、どのような色味を買ったらいいのか迷ってしまいますね。そんなお悩みのための眉マスカラの選び方をご紹介します。

髪の色と合わせる

基本は髪の色に合わせること。髪の毛がブラウンなのに眉が黒いのはおかしいですからね。ヘアカラーしている人は、もちろん地毛ではなくて今の髪色に合わせてください。

茶色い髪の人は

  • ライトブラウン
  • ダークブラウン

黒髪の人は

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • グレー

黒髪とはいっても、真っ黒の人は少ないです。やや茶色がかっているので、ダークブラウンだと馴染みやすいですよ。

髪の色よりワントーン明るい色を選ぶと、軽くてあか抜けた印象になります。

眉の濃さに合わせる

眉の毛量によっても濃さの印象が変わってくるので、髪の色と合わせて、眉の濃さに合わせるという方法もあります。

眉が濃いめの人はやや明るい色

  • ナチュラルブラウン
  • ライトブラウン
  • マロンブラウン

顔の印象が柔らかくなります

眉が薄めの人は

  1. ブラック
  2. ダークブラウン

はっきり見せながらもあか抜けた印象になるブラウン系がいいでしょう。

メイクの持ちを良くしたい時は透明の眉マスカラ

眉毛の量がそれなりにあって、形も整えっているから、眉メイクの持ちは良くしたいけど色はいらない、という場合がありますね。

眉をナチュラルに仕上げたい人には、色がついていない透明の眉マスカラがおすすめです。

色がなければ眉毛だけが浮いてしまう心配もありませんし、自然な艶を出すことが出来ます。

眉マスカラで眉メイクも自由自在!

眉を描くだけでなく、眉マスカラを1本使うだけで顔の印象ががらっと変わります。眉ひとつで柔らかい顔にもきりっとした顔にも出来ますから、とても重要なパーツ。

アイブロウペンシルやパウダーだけでは理想の眉が作れなかった人や、朝がんばったメイクが1日キープできなかった人のお助けアイテムとなるのが眉マスカラです。

その日の気分に合わせてカラーを変えるのも楽しいですね。眉マスカラでワンランク上の眉メイクを楽しんでください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント