• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メールで上手にアピールしよう!好印象を与える文面とは?

Date:2013.08.08

片想い中の彼にメールを送る時は、家族や友人へのメールと違って内容や言葉を慎重に考えながら入力する方が多いことでしょう。

なかなか会えない相手ならメールを使ってアピールするしかありませんから、出来るだけ相手に気に入ってもらえるような文章にする必要があります。今回は、相手に好印象を与える文面について考えてみましょう。

まずは伝えたいことを絞ろう

好きな男性へ自分をアピールする為には、自分の趣味や日常の出来事などを伝える必要がありますが、ダラダラと日記風のまとまりのないメールを送ってしまうと途中で画面を閉じられる可能性があります。

考えてみて下さい。例えば、あなたが全く興味を抱いていない相手から長文メールが届いたとします。全て自分のことだけ書かれたメールが届いたら、それを最後まで読みますか?彼がしたことや見たことを拾い上げて返信するでしょうか。

恋人からのメールなら興味もあるでしょうし、聞きたいことも山ほどあるでしょうが、まだ興味を抱く段階ではない相手からの長文メールなら最後まで読まず、返信もしないのではないでしょうか。

読んでもらう為には、出来るだけ手短でまとまりのあるメールを送りましょう。好印象を与える為には、入力する前に伝えたい内容を絞ることをお勧めします。

例えば、落ち込むことがあったならその内容を具体的にではなくおおまかに伝えましょう。「今日は、○○で失敗しちゃいました。私は落ち込んだ時こうするけれど、○○さんはどうしますか?」と入力すれば、自分のことを伝えつつ彼へ質問を投げかけることが出来ます。

彼も返事しやすい質問を繰り返すことで、少しずつ彼を知ることが出来ます。質問があるメールは、返信確率がアップすると言われているので返信がなかなかないと嘆く方は是非お試しください。

また、好印象を与える為にはマイナスな文面で終わらせることは控えましょう。例えば、「帰りに寄ったケーキ屋さんで新作スイーツを見つけました、画像添付します。甘い物でテンションアップ~!」と入力すれば、女性らしさと明るさをプラスすることが出来ます。

メールのやりとりは、文章があなた自身のイメージを作るので、芸能人になった気分でイメージアップに繋がる文面も送りましょう。

二段階で内容を入力しよう

伝えたいことをまとめた上で入力作業を始めると、文字の変換や絵文字の使い方、表現の仕方など「これで合っている?」と指先が止まることがあるでしょう。その場合は、一旦無視して思うままに入力することをお勧めします。

一度目は大まかに入力、二度目にはしっかり内容を吟味するという二段階入力を行いましょう。二段階入力が終わった所で始めから最後まで読み返してみましょう。

好きな人に打った文面を自分で読み返すことは恥ずかしいかもしれませんが、誤字や脱字があればもっと恥ずかしい思いをするかもしれません。

ある女性は、「今日は部屋模様替えがしたくて色んな物を整理していた」と入力したかったのに、「整理」を「生理」と変換して後から気付いて恥ずかしい思いをしたそうです。

書くことと入力することは違うので、変換に任せきりにせずご自身の目でもしっかりチェックする癖をつけましょう。

また、文章として成立していない部分や補足が必要な部分がないかも同時にチェックして、長文になりそうな場合は必要無い部分をばっさり削除してしまいましょう。

好印象を与える為には、読みやすく返信しやすい文面が基本ですから、自分ではなく相手が気分良く読めるかどうかも確認しましょう。

絵文字や顔文字を使い過ぎていないかチェックしよう

文字だけの文章は、ビジネスメールの様になって相手に緊張感を与えかねないので、ある程度の絵文字や顔文字の使用をお勧めします。その際の注意点は相手と自分の使用する携帯メーカーが同じかどうかです。

文字化けする可能性がある場合は、絵文字を使わずに顔文字で統一させましょう。また、絵文字や動く画像などを使える相手でも多用は禁物です。女性同士ならカラフルな文面が好印象となるでしょうが、男性はそれほど装飾に慣れていません。

若さやノリのある感じの女性に見せたい場合は別ですが、落ち着いた女性に見せたいのなら絵文字や顔文字などは一行ごとではなく二行から三行に一つ程度に留めましょう。

好印象を与えるなら相手を褒めること

人に褒められて不快になる人は居ませんから、どんなメールをすれば良いかわからないけれど好きな人と関わりたいという方は彼を褒めることをお勧めします。仕事ぶりや容姿などを大げさにではなくさりげなく褒めてみましょう。

ですが、好印象のメールであっても一日に何通も送ってしまうことは控えましょう。相手に「ストーカー?」と怖がられるかもしれませんので、彼からの返信がある場合を除いては、連続送信は避けたほうが良いでしょう。

メールはあくまでも彼と距離を縮める手段の一つですから、機会を見つけて実際に会うこともお忘れなく。

この記事をシェアする

関連記事