• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイクにこだわりすぎてない?筆を使わずに顔を変える方法3つ

Date:2012.12.10

あごの筋トレ

女性の間では小顔になろうと思えばあごの筋トレをするというのが定番になっているようです。あなたも聞いたことくらいはありますよね?小顔体操、やったら彼氏にモテますよ。カラのペットボトルに少し水を入れて口で持ちあげるだけです。

勇気ある人は、2リットルボトルでもいいですが、500mlのペットボトルから始めてみては?「小顔になるだけでしょ!?」と思うのは早計。あごのラインがひとまわり小さくなるだけで、まるっきり顔の印象は変わります。

褒められてドーパミンをダダ漏れにする

恋をしたら表情が変わるというのは、科学的に言うと脳内からドーパミンがたくさん出るからだそう。彼氏がいる人もいない人も、等しくできるドーパミンの出し方は「褒められること」。

彼に美味しい手料理をふるまって「いい子いい子」されたらドーパミンはダダ漏れです。コンビニのレジで1円募金して、店員さんに「ありがとうございます」と言われても、ちょっとドーパミンが出るように思います。

頭皮マッサージをする

顔のリンパマッサージをすると顔の印象が変わるということは、すでに多くの女性が知っていると思うので、あえて頭皮マッサージをご紹介しましょう。

顔の肌と頭皮は1枚の皮でつながっているので、頭皮をきゅっと上に持ち上げると、自動的に顔のマッサージにもなります。小顔効果も期待できますし、顔の血流が良くなるので目とか鼻とか、顔のパーツがはっきりとしてきます。

筆で顔を変えたら、お泊りデートの翌朝は彼に合わせる顔がないという事態になるかもしれません。「脱いでもキレイ。すっぴんでもキレイ」を標榜する最高の女性を目指すのであれば、皮膚内(筋肉orリンパ)をいじるか、脳内をいじりましょう。

この記事をシェアする

関連記事