• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

地味な顔を華やかにする、いつもとちょっとだけ違うメイクのコツ

Date:2013.03.07

女性はメイクで顔が違ってくるものです。しかしそれはメイクの方法によりますよね。顔に合っていないメイクや色だけをのせたメイクは野暮ったくなったり、かえって素顔の方が美人に見えてしまいます。それではメイクの意味がありませんね。

メイクをすることで華やかで、キレイになればメイクの意味があるというもの。しかし、ただ派手な色を使えば華やかになるというものでもありません。

華やかでも品のあるメイク、パーティなどで普段と違った演出をしたいときのメイクのコツを紹介しましょう。

ラメ入りのアイシャドウを使う

華やかさを演出したいときにはラメですよね。アイシャドウにラメ入りのものを使うと、キラキラした華やかさが演出できます。

しかし、大き目のラメだと派手さが強調されがち。細かいラメのアイシャドウを使うと品よく仕上がりますよ。

ハイライトで顔を明るく

目の下か顔の周りにハイライトをのせます。頬骨の上あたり、目頭から目尻にかけて、目の下にハイライトをブラシでのせます。目元が明るく見えて、華やかな顔立ちに近づきますよ。

さらにハイライトを鼻筋、額に言えることで立体感のある顔に。

つけまつ毛やマスカラで目ヂカラアップ

華やかメイクにおいて目の印象は重要です。パッチリと大きな瞳を印象づけるにはマスカラをたっぷりのせましょう。もちろんカールをしっかりさせてからですよ。

自分のまつ毛だけでは物足りない場合は、つけまつ毛を利用しましょう。長すぎると、いかにもつけまつ毛、という感じがしてしまうので、不自然にならないものを選ぶのが品よくなるコツ。

チークを軽めに

パッと華やかな顔になるためにはチークを上手に使いましょう。ピンク系やオレンジ系のチームを頬全体に塗るとかわいらしく、地味目な顔も華やかになりますよ。色をのせすぎると野暮ったくなるので注意しましょう。

リップグロスでうるうる唇

唇はマットな感じよりもうるうる感を出した方が華やかになります。リップグロスでツヤのある唇を作りましょう。

パール入りのパウダーを使う

顔に輝きがあると華やかさが出ますよ。顔に輝きをつくるには、パール入りのパウダーを使うこと。また、ベースやコントロールカラーをパール入りのものにすると、さらに顔に自然な輝きが出ます。

下地クリームはピンク系のものを選ぶと、肌がより華やかに見えますよ。

目元を強調するにはホワイトペンシルを

目元を華やかにするにはラメ入りのホワイトペンシルで下まぶたの目がしらよりに1cm程度ラインを引きます。華やかさとセクシーさを演出することができますよ。さらに反射で瞳もキラキラと見える効果もあります。

眉毛の色は色を合わせて

眉毛も黒1色で描くと地味になってしまいます。ブラウンやキャメル、濃いパープルなどを混ぜて描くようにしましょう。華やかさとやわらかさを出すことができまよ。

ファンデーションは塗りすぎに注意

肌の毛穴やシミなどを隠そうとしてファンデーションを厚塗りしてはいけませんよ。厚化粧に見えてしまいます。また、首筋との差がくっきり出てしまうほどの白い色を塗らないこと。

また、顔と首の境目がわからないように、首にもファンデーションを塗るのを忘れないようにしましょう。

姿勢にも注意

せっかく華やかな顔になったのに、背中丸まっていたり、下を向いてばかりでは華やかな雰囲気が半減してしまいます。背筋を伸ばして堂々とした態度を保ちましょう。口元は常に微笑みを忘れずに。

この記事をシェアする

関連記事