• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

化粧の上から保湿は逆効果!?正しいメイク直し&保湿の方法

Date:2012.11.28

突然ですがみなさん、1月の日本の湿度はどれくらいかご存知ですか?実はあのエジプトのカイロより低いんです!えっ!?それって砂漠よりも乾燥しているってこと?!

まさにそうなんです。そりゃあ乾燥しますよね。それに加えて寒いのでエアコンは必須ですよね。エアコンのきいた部屋にいるとすこぶる肌が乾燥するので、スプレーで水分補給をしているという方、多いと思います。

確かにメイクを崩さずに水分を与える事ができるので、一見とても良い方法だと感じるのですが、実はこれによって、さらに肌の乾燥を招いているのです!

肌の乾燥を防ぐのは水分ではなくセラミド!

やはり乾燥には、水分よりもセラミドなどの保湿成分の補給が大事なのです。

肌に水をつけるだけでは、その水はすぐに蒸発してしまうだけではなく、同時に肌からうるおい成分を奪っていき、蒸発していくという悪循環。ちょっと余計な事をしてしまう水分ですね。その為、さらに乾燥を呼んでしまうという訳です。

例えば、髪の毛がパサパサに乾燥してしまった時、洗面所で濡らす人がいますが、その水は30分もすれば蒸発して再び乾燥し、広がってしまいます。

また、冬場の手荒れはいかがでしょう?乾いてひび割れをした手を水で濡らしたら、いっそう乾いて痛くなりますよね。水を触っているだけで、手はどんどん荒れていくのです。なので濡らすことにより、余計に肌を乾燥させてしまうのです。

日中の乾燥肌ケアの大切なルール

それでは、エアコンなどの影響で肌が乾いてきた時には一体どうしたら良いのでしょうか?

スプレータイプの化粧水は、メイクの上から使えるという事で大変人気なのですが、粒子を細かくする為に、どうしても中に含まれる保湿成分の割合は少なめになります。

何故ならセラミドやヒアルロン酸を配合すると、粒子が重くなってスプレーにならないからです。ミネラルウォーターにもよく使われますが、その保湿力は、あまり強いものではありません。

メイクの上からつける時は、スプレーにこだわる事をやめてみてはいかがでしょうか?油分の少ないサラッとしたものであれば、普通の化粧水や美容液でも、メイクの上からつけることは可能です。

ただし、粘りの強いジェルや油分の多いクリームはあまり適していませんのでご注意を。

化粧水や美容液を指の腹に取って、乾燥した部分にだけ、押さえるようにしてつけてみてください。その時はコットンは使わないでくださいね。こすらない事さえ気をつければ、ファンデーションは通常くずれませんのでご安心を。

ポイントはセラミドとヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)などが配合されたものを使いましょう。わざわざメイク直し用に新たな物を購入しなくても、いつもの朝晩のお手入れの時に使っているものと全く同じもので構いませんよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント