• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイクアイテムのとっておきのお手入れ次第で美人度アップ!

Date:2012.11.19

意外と気がつかないウチに汚れているのが、メイクスペースやメイクアイテム。本物の美人になる為には、顔だけではなく、心からキレイになる美人に仕上げる為の習慣を持ちましょう!

「汚したらすぐキレイに」してこそが、どこからどう見ても「美人そのもの」だと思います!

ピカピカの鏡はあなたの美人度の高さを表します

スキンケアの後、乾いたタオルに少量のスキンクリームをつけて磨きます。仕上げはカラ拭きで。こうすれば、顔も鏡もいつもピカピカでメイクの腕も上達する事間違いないです!

スキンクリームの油分が鏡の表面に皮膜となりますので、こうする事により、汚れの防止にも繋がります。

化粧品を使ったら必ず容器を拭く習慣を

口紅やファンデーションなどの油性の汚れを容器に付けたままにすると、ホコリが溜まり、固まったガンコな汚れになってしまうので、どうしても不衛生になりがちです。必ず使ったら、ティシュで容器の口を中心に拭きましょう。

こうすれば容器はいつもキレイなままです。ちょっとした手間を惜しまないことこそが、キレイへの近道なのではないでしょうか。

香水瓶の汚れは歯ブラシにティシュを巻き付けて

香水瓶は色々な形をしているので、インテリアにもなります。しかし、知らないうちに香水の脂分にホコリが混じったものが細かいところに付いたままに。

見た目もだらしなく感じますし、何より不衛生です。拭きにくいところは、歯ブラシにティッシュを巻き付けてこするように拭くとキレイになりますよ。

コンパクトは乳液とティッシュでカラ拭きをしましょう

アイシャドウやファンデーションが入ったコンパクトは、飛び散った化粧品が付き、いつの間にか汚れが目立つようになります。使うたびにティッシュでサッと拭く習慣をつければ、いつでもキレイを保つ事が出来ます。

ブラシのお手入れ方法

髪をとかしたり、ブラッシングしたりするヘアケア用品は、毎日使うものなので実はとても汚れやすいものです。髪の為にもいつも清潔にしておきましょうね。櫛の間の汚れは間隔が非常に細かいのでなかなかとれません。

そんな時は太目の毛糸を櫛の隙間に入れて、毛糸を左右に引っ張れば汚れが落ちます。また、櫛やブラシに薄いガーゼをかぶせ、時々交換すれば、汚れや髪の毛が一緒に楽にキレイになります。この方法は筆者の母から伝授されました。かなり使えます!

ドレッサー周りのプラスチックトレイ

色々な化粧品の容器が置かれているプラスチックトレイ。気がつかないうちに意外とホコリの温床に。いらなくなったチークブラシで、すみずみまでキレイにホコリを落とします。

意外と使えるアイテムですし、かなり便利なので是非とも試してみてはいかがでしょうか。オススメです!

この記事をシェアする

関連記事

コメント