• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目元で変わる劇的メイク!TPOを抑えたアイラインとアイシャドーのポイント

Date:2013.03.08

服装でTPOを使い分けるというのはよくありますが、メイクやヘアスタイルも洋服と同じようにTPOに合わせたものに変えないといけません。

しかしその都度メイクアイテムを買い足すのはちょっと難しいし、そんなにお金を使えないという場合、ここを抑えておけば大丈夫という部分があります。それはアイメイクです。

口紅はだいたい色が確定している人が多いのでアイメイクでTPOに合わせたものにして簡単TPOメイクを覚えておきましょう。この基本さえ抑えれば自分でのアレンジもできるので大助かりです。

眉毛の色だけで印象も変わる

アイブロウを買う時、自分の眉色にあったものを選びます。その時にでも分かるようにアイブロウにはいろんな色があります。その色を使い分けるだけでTPOに合ったメイクに1歩近づけることができます。

主な色として「茶」「グレー」「黒」があります。しかしこの3色をどうやってTPOに合わせて使い分けたらいいのでしょうか。

簡単に説明すると、茶色は普段使いもできて一番使いやすい色です。誰もが1つは持っているのではないでしょうか。濃く描いてもあまりくっきりとはしないので1本は持っておきたい色です。

そして茶色の場合、その上にアイシャドーなどを少し乗せたりしてパーティーメイクなどにも使えるので1本は持ちたいアイテムです。

黒色はカチッとした時に使いたい色です。就職活動など大事な仕事の時などには是非使いたい色ですが、難しいのは描き方。濃く描いてしまうと眉だけ浮き上がった感じになってしまいます。

今は黒でも薄づきになるタイプのものもあるので、こういうものを利用するといいでしょう。職場によっては茶色の眉は禁止というところもあるので、黒は仕事に行く時に使うと便利です。

グレーは「いつ使うの?」と思う人も多いと思います。グレーは元から眉が薄い人などが黒を使う代わりにこのグレーを使うと、とても綺麗に眉が描けます。他に葬儀・通夜などの時に派手な化粧ができない時にこのグレーを使うと便利です。

アイシャドーで悩む時は2種類を押さえよう

メイクが好きな人はアイシャドーをいくつも持っているかもしれませんが、どういったものをいつ使ったらいいか分からないという人もいるのではないでしょうか。

アイシャドーを買うのに悩んでいる場合、使いやすい2種類を持っていると仕事にも遊びにも使えます。

まずオススメなのはブラウン系のアイシャドー。ブラウン系は仕事にも使えるアイシャドーでとても使いやすいものです。

大体のアイシャドーがハイライトを入れて4色程度入っていますが、ブラウンの場合、その中にベージュ系のものが大半入っているので、こういう色を使えば仕事の時に使っても全くといって違和感もありません。

濃いブラウンをアイラインの代わりに使うこともできるのでこれは抑えておきたいアイテムです。

もう1つ持っておきたいのはゴールド系です。ゴールドなので基本的にはプライベートの時に使うのが最適ですが、やはりその4色の中にオレンジ系が入っているので、それを使えば職場でも使うことができます。

ゴールドも最近はあまりラメの入っていないものが多いので、このゴールドの濃さを変えることで華々しいところや普通の食事会などでも使うことができます。

他にオレンジ系なども持っていると洋服を選ばず使うことができるので、この3色の中で2つ持っていればTPOを問わず使えます。

色・濃さを変えるだけでたくさんの使い方ができます。最初はなかなかうまくいかないこともありますが、慣れてくれば、いろんなTPOに合わせて自分でいろいろとメイクできるので楽しくなるのではないでしょうか。

お金をかけず、少しのアイテムを使いこなしてTPOに合わせたメイクを楽しみましょう。

この記事をシェアする

関連記事