• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美人はきれいな水から作られる!美人を作る名水・名湯を調べてみました!

Date:2012.09.20

人の体は60~70パーセントが水で満たされています。胎児に至っては、体重の90パーセントが水なのだそうです。私たちの体内で水は、血液を循環したり、老廃物を排出したり、体温を調節したりととても大事な役割を担っています。

そんな大切な水にこだわれば、おのずと美人ができあがるのではないでしょうか?美人になれる名水・名湯であなたも美人を目指しませんか?

美人の代表であるモデルさん達は、一日2リットルの水を飲むそうです。水分のとりすぎは、むくみになるんじゃないかと不安になりますが、逆に老廃物を排出させ、肌がきれいになり、ダイエットにもつながるそうです。

2リットルって多いなと思いがちですが、一日に必要な水分量は成人で1,600ml程度です。ほとんどの人はこれに達しておらず、水分不足と言われています。

起床時・就寝時・入浴前後・食事の時にコップ1杯、そしてあと追加でコップ2杯を飲むと一日に必要な水分量が確保できます。

美人になれる名水が飲みたい!名湯に入りたい!

せっかく飲むのなら、美人になる名水、せっかく入るなら美人になる名湯!両方取り入れれば、きっと美人UP度も2倍!

美人が多いと言われる「福岡・京都・秋田」は、日本の三大美人都市と言われています。きっとこの土地の名水・名湯が美人を生み出しているに違いありません。

福岡で美人になろう!

  • 名水「清水湧水」福岡県うきは市浮羽町山北1941番地
  • その昔、諸国巡歴に立ち寄った日用比丘(ひようひこ)という僧が、湧水を発見し清水寺を開いたとして、霊水として崇められています。湧水量は一日700トンもあり、浮羽町の飲料水は地下水でまかなわれているほど豊富です。pH7,8の良水。

  • 名湯「筑後川温泉」福岡県うきは市
主な泉質:アルカリ性単純温泉、放射能泉(ラジウム泉)温度33~40度
効用:リウマチ・神経痛・冷え性など

清水湧水と同じく、うきは市にある温泉です。この土地の水はとことん良さそうですね!心もうるおういで湯の里として知られる筑後川温泉は、多くの人が訪れる静かな温泉地です。アルカリ性なので、お湯がやわらかくお肌がつるつるになります。

京都で美人になろう!

  • 名水「伏見の御香水」京都府京都市伏見区桃山御香宮門前町
  • その昔、諸国を放浪していた猿曳きが、疲れ果ててこの地に辿り着き、肩に乗っていた猿とこの湧水を飲んだところたちまち元気になったという言い伝えがあります。

    また、境内から良い香りの湧水が出て、その水を飲んだら病気が瞬く間に治ったり、いろんな奇跡を起こす香りの良い水が湧き出る神社として清和天皇より「御香宮」と名づけられました。

    現在でも病気平癒・書道茶道の上達を願って、水を汲みに来る人が大勢います。

  • 名湯「久美の浜温泉」京都府京丹後市
主な泉質:カルシウム・ナトリウム塩化物泉、温度34~52度
効用:慢性婦人病、切り傷、やけどなど

久美の浜温泉は、美しい海岸線の久美の浜海岸と波の穏やかな静かな久美浜湾を代表に、自然豊かな中にあります。塩化物泉なので、体を温め血液の循環をよくしてくれます。女性にはうれしい温泉です。

秋田で美人になろう!

  • 名水「力水」秋田県湯沢市字古舘山
  • 湯沢城の城主であった佐竹南家のご用水で、殿様が「飲むと体に力が出る」と言われたことから「力水」と呼ばれています。

    一年を通して安定した湧出量(毎分11リットルほど)で、水温は年中12度を保ち、水質もよく、地元の人はもちろんのこと、多くの人に愛されて、地域に根ざした名水です。

  • 名湯「乳頭温泉」秋田県仙北市

乳頭温泉郷は、泉質も多種多様で10種類以上の源泉があります。その中でも女性に人気の妙乃湯をご紹介します。

主な泉質:(金の湯)カルシウム・マグネシウム硫酸塩泉、(銀の湯)単純泉、温度56度
主な効能:皮膚病、動脈硬化症、消化器病など

金の湯は、美肌効果の高い乳白色の硫黄泉で、古くなった角質をつるつるにしてくれます。銀の湯は刺激が少なく、子供からお年寄りまで、みんなに優しい温泉です。秘湯という言葉にふさわしい、情緒あふれる温泉郷です。

この記事をシェアする

関連記事

コメント