• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目元ケアは間違えると裏目に、しわに効果的な3つの簡単ケア

Date:2014.10.08

目元はとても乾燥しやすくシワが出やすい部分とされています。若い世代でも目元だけどうしてもシワが出てしまうという女性もいて悩んでいる人が多いそうです。

目元のケアは皮膚が薄いので少しの摩擦でも傷めたり、それがシワに繋がることもあります。

そんなデリケートな目元のケアを簡単に、そして効果的にケアする3つの方法があります。

その1.クリームだけではなく化粧水でしっかりと保湿

目元のケアというとアイクリームがあります。

アイクリームさえ付けておけばシワも気にならなくなると思っている人がいますが、クリームだけではケアできないものがあります。それは保湿です。

目元は乾燥しやすく、そのせいでシワができやすいと言われています。そのため、シワのケアにはしっかりと保湿をしてあげることが大切です。

シートパックなども目元はぽっかりと穴があいていて目元ケアが意外にできないものが多いです。

しっかりと目元をケアするためには目元にコットンパックをしてあげる必要があります。

コットンに化粧水を浸します。そして、目をつぶった状態で目の上にそのコットンをのせてあげます。

それを5分程度してあげると目元がしっかりと潤います。まぶたもしっかりと潤してあげると目元のくすみも解消されます。

これを毎日続けると目元の乾燥もほとんどなくなります。

その2.目元パックの貼りっぱなしは要注意

目の下に貼る目元パック、これはとても便利なのですがよく貼りっぱなしで寝てしまう人がいます。これは危険です。

確かに貼りっぱなしだと栄養分もしっかりと浸透しそうですが、この貼ったまま寝ることでシートパックの跡がつき、それがシワになることもあります。

若い時ならすぐに跡も取れることもありますが、30代を過ぎてくるとそのシートパックの跡もなかなか落ちなくなってしまうことも。

そしてもう1つ、あまりシートパックを貼って密閉状態を長時間続けると肌がかぶれてしまうこともあります。目元パックは寝る前に貼り、就寝する時には必ず剥がすようにしましょう。

その3.目元ケアは摩擦に注意、クリームもコットンを使おう

目元は皮膚が薄いので少しの摩擦でもシワやシミに繋がります。なのでクリームなどを塗る時も擦りすぎると肌を傷めてしまいます。

目元にクリームを塗る時に使いたいのがコットンです。化粧水同様、コットンにクリームを塗り、目元に貼り付けます。

その後、コットンを剥がし残ったクリームは指先でトントンと叩き込むように浸透させると目元を傷めることもありません。

アイクリームなどを使っている人はコットンを使うともったいないので、指先につけてトントンと叩き込むようにつけましょう。

クリームを塗る時は、シワがあるところは指でシワを伸ばし、そのシワの間にクリームが入るようにつけてあげるとさらに効果的です。

目元のシワはどうしても出てきてしまうものです。それをどうケアして緩和させていくかが大切です。

「シワができた」と慌てて無茶なケアをしないよう、今からきちんとケアをしておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事