• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目元トラブルは老け顔に…。目元の保湿ケアで-5歳をめざす!

Date:2014.12.09

目元は乾燥しやすく、非常にデリケートな部分なので、ちょっとした刺激でもくすみや小じわなどの目元トラブルの引き金になりやすいです。

いつまでも若々しい女性でいたいのであれば、普段のスキンケアだけでなく、特別な目元対策をしっかりと行うことが大切になってくるでしょう。

目元トラブル こんな人は要注意!

アイメイクに力を入れている人

特に目元トラブルを引き起しやすい人がいます。それは、アイラインやつけまつげなどのアイメイクに力を入れている人達です。

目元まわりは顔の中でも最もデリケートな部分。なので、メイクを落とすだけでもかなり負担がかかります。バッチリメイクであれば、なおのこと負担は倍層ですよね。

鏡を見ない人

また、鏡を見る習慣が少ない人も要注意!自分の顔って見慣れているので、鏡を見ても隅々までパッとしか見ないのですよね。でも、顔の細部までしっかりと凝視することはケアのために非常に大事。

30代から40代ともなると肌は日々老化に向かっています。早めに目元ケアしておけば、小じわもくすみもクマも定着せずにすむでしょう。しっかりと自分の顔を細部までチェックし、ちょっとした変化にも敏感になることが大事です。

何といっても保湿が一番大事!

目元ケアで最も重要なのが目元の保湿です。目元が乾燥しているとちりめんジワや笑いジワができやすくなります。

洗顔後はすぐに保湿成分が配合された化粧水と乳液と美容液、最後にクリームを顔全体に塗りましょう。クリームはジェル状ではなく、コクのあるタイプを選ぶことをおススメします。

シワ予防に効果のある有効成分が配合されたものを使うと目元がぷっくらして今より-5歳肌も夢ではありません。

お休み前にアイクリームの習慣を

目元ケアにレチノール配合の美容液がいい!というのをご存知ですか?レチノールとは、ビタミンAの一種で、エイジング化粧品に配合されることの多いシワやたるみに効果のある成分です。

乾燥による小じわはもちろん、肌も柔らかくプリッとなるのが特徴。というのもレチノールは、肌の弾力に関係のあるコラーゲンやエラスチンといったタンパク質の生成を促す効果があるからです。ターンオーバーを促進するので、しみやくすみを改善できたりします。

アイクリームには、このレチノール成分が含まれているものが多いです。なので、目元の老化を遅らせたいならアイクリームをぜひ

目元のたるみを予防するエクササイズ

目元のたるみを解消するエクササイズをご紹介します。まず、洗顔後、化粧水や乳液、そしてアイクリームをした後にスタートです。

目尻と上まぶたを親指と人差し指で軽く押さえます。この状態で目を開けたり閉めたりするだけ。これを入浴後に15回を行う習慣をつけてください。

入浴後というのは、血行が促進されるのでマッサージ効果がでやすいです。

終わりに

目元は年齢が一番でやすい部分です。保湿を中心に上記にあげたアイクリームと目元エクササイズを習慣化し、老け顔から脱出しましょう。

この記事をシェアする

関連記事