• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

近寄りたくない…男性が離れていくめんどくさい女の特徴とは

Date:2017.04.10

めんどくさい女。そう思われてしまうと、男性から距離を置かれてしまう原因となってしまうそうですが、めんどくさい女と聞いてあなたはどんな女性を思い浮かべますか?

束縛が激しい、わがまま、すぐに泣く。

こういうめんどくさい女にはならないように気を付けているから私は大丈夫、なんて安心している人も要注意。

最近ではめんどくさい女性のタイプが多様化してきていて、気が付かないうちに周りから面倒がられている場合も少なくありません。

今回は、男性を遠ざけてしまうめんどくさい女について紹介します。特徴を知って面倒な女性になってしまう事を防ぎ、素敵な男性との出会いを逃さないようにしましょう。


めんどくさい女の特徴は様々。見るからに面倒からじわじわ面倒まで。

めんどくさい女といってもその特徴は実に様々。

束縛が激しかったりとても我儘と言ったように、見るからに面倒な場合あれば、最近話題のこじらせ系だと一見問題のないように見えて、付き合っていくうちにじわじわと面倒になってくる場合もあります。

以下めんどくさい女の特徴を、見るからに面倒タイプとこじらせ系じわじわ面倒タイプに分けてまとめてみました。

見るからに面倒なタイプ

  1. 束縛が激しい
  2. 我儘
  3. 自分が常に正しいと思っている
  4. 四六時中つながりを求める
  5. 天然を装う、すぐに泣く

こじらせ系じわじわ面倒タイプ

  1. 自己評価が低い
  2. 現実を見ない故に理想が高い
  3. かまってちゃん

以下タイプ別にそれぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

見るからに面倒なタイプは「相手の都合を考えずに自分の感情を押し付る」

見るからに面倒なタイプは、総じて「相手の都合を考えずに自分の感情を押し付ける」事でめんどくさい女になってしまっている場合が多いようです。

その点に注目して、特徴を一つずつ見ていきましょう。

1. 束縛する 仕事もプライベートも関係なし!彼の全てを管理したがる

彼の事をなんでも把握しておきたい。彼の予定が分からなかったら不安になったり、予定が分かっても誰といるのか不安になったり。

彼の事が大好きなら、よくある感情ですよね?少しの心配やヤキモチは可愛いと思われても、めんどくさい女はそれが行き過ぎてしまうから問題なのです。

仕事の時を含めて細かく予定を報告させたり、ただの会社の飲み会であっても同僚女性がいるとダメ!なんて束縛をしていませんか?

特に仕事の面にまで関わってくると完全に行き過ぎで、男性にめんどくさいと思われてしまう事は間違いないでしょう。

普段は彼を信頼して黙って見守り、たまに「大好きだから心配になっちゃう」と伝えるようにするのが、彼の都合を考えながらも自分の気持ちを上手く伝えて、相手に可愛いと思ってもらえるポイントです。

その心配は束縛になってない?可愛いと束縛の境界線

可愛いと思われる心配と、束縛されて面倒だと思われる境界線はどこにあるのかまとめてみました。線引きが難しいと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

「彼女以外の女性に対しての心配」

友達や同僚に対するヤキモチは行き過ぎのようです。

〇 一緒にいる時に他人の女性を目で追うのを、「こっち見て」とふくれるのは可愛い
× 彼女のいない所での女友達や同僚との会話を禁止されるのはめんどくさい

「ヤキモチの妬き方」

といっても、女友達や同僚とはいえ楽しく過ごしていたら妬いてしまいますよね?ヤキモチは我慢するよりも、伝え方が大切なようです。

〇 「ちょっとヤキモチ妬いちゃった」とやんわり伝えられると可愛い
× ものすごく落ち込まれたり、感情的になられて責め立てられるとめんどくさい

「連絡が欲しい時のお願いの仕方」

仕事が終わったら毎回連絡が欲しい時。付き合っていれば当然との気分になるかもしれませんが、毎回も必要ないと思っている彼氏にとっては強制されているようでめんどうに感じる場合もあるようです。

〇 仕事が終わったら、できたら毎回連絡欲しいな。という風に「できたら」をつける。または、「こっちから連絡するけど、忙しかったら無理に出ないでね」という風にこちらを気遣ってくれる姿勢を見せてくれると、むしろこっちから連絡しようという気分になる。

×「仕事終わったら毎回連絡して」というように、毎回~してと言われるのはめんどくさい。強制されているようで気分も悪くなる。

「仕事のスケジュールが気になる時」

まず、仕事に関しては細かく把握しようとするのはやめましょう。彼の仕事が上手くいくように、仕事とプライベートをしっかり分けて考えられるようにしてあげるのも、本来彼女の大切な役割です。

〇 何かあった時の事を考えて、行き先やだいたいの終わる時間くらいは把握しておいてもらいたい
× 誰と会うかは教える必要性を感じないので、聞かれるとめんどくさい

2.我儘 彼の都合や気持ちは軽視、自分の事を常に最優先

我儘は、若くて可愛い・美人といった特権がないとすぐにでもめんどくさい女に認定されてしまいます。

また可愛くて美人でも、若さが過ぎると徐々にめんどくさい女と変わって気が付けば周りに誰もいなくなっていた、なんて事にもなり兼ねません。

若いうちからも相手の都合をしっかりと考えた振る舞いができるように身に付けておく事が大切といえるでしょう。

我儘と思われる振る舞いを挙げてみます。

自分の都合にしか合わせない
遊ぶ約束の日時も予定も全部自分の都合で決め、その上さらに興味のひく予定が入ればドタキャンなんて事も平気でしてしまう。
要求がとにかく多い
色んな事を周りにしてもらう事が当然だと思っていて、ありえない数や内容の要求を平気でしてしまう。応えてもらえない時は相手の都合を考える事は一切なく、「なんでしてくれないの!?」ととにかく相手を責める。
自分が悪いのに逆切れする
とにかく自分が不利な立場になるのは嫌なので、自分が悪いと分かっていても逆切れして相手を責めます。
ここまであからさまに我儘は人は少ないかもしれませんが、ちょっとくらい我儘な方がモテるという恋愛テクニックを実践して、その塩梅が分からなくなっている女性もいるかもしれません。

少し気紛れなくらいは良いかもしれませんが、自分の都合や気持ちを軽視される事に関しては、面倒な上に嫌気がさす男性が多いようです。

3. 正しいのは常に自分。いや、でも、の否定からなんでも入る

相手の言う事に必ず否定から答える人、いませんか?

「でもさ、それって…」「いや、そうじゃなくって…」

ドキッとした人もいるのではないでしょうか。このような受け答えをしてしまう人の多くは、自分に自信があって意識も高く、知識も豊富なため正しいのは常に自分だと思っている場合が多いようです。

言う方は悪意がなくても、言われた方はしょっ中ともなると感じが悪いうえに何を言ってもムダ、めんどくさいと思われて距離を置かれる原因となってしまいます。

とはいえ、自分と相手の意見が違うのはよくある事。否定をしないためには、相手に意見を合わせるしかないのでしょうか。そうではありません。相手の意見を尊重する気持ちを見せる事が大切なのです。

そうするために、以下のように伝えてみると良いでしょう。

×「でもさ、こっちの方が良くない?」
〇「いいね!それにこっちも良いよ、どうかな?」
×「いや、それイマイチ」
〇「いい感じだね。ここを変えるともっといいかも!」

相手の意見をまず認めて、それから自分の意見を伝えるようにするのがポイント。こうする事で、自分の意見をしっかり伝えつつも感じが良く、めんどくさいと思われる事も避ける事ができます。

自分の意見が正しいと思って「いや、でも」が常に出てしまう人以外にも、これらが単に口癖になってしまっている人も案外多くいるようです。意識して注意してみると、ついつい口をついて出ている事に気付くかもしれません。気をつけましょう。

4.彼の都合はお構いなし!四六時中つながりを求める

「私って寂しがり屋だから…」と、四六時中つながりを求めてしまうのもめんどくさい女と思われてしまう原因になります。

特に仕事中に、「お昼食べたよー、〇〇君は??」「入力作業中。眠いよー。」などと、意味のないメールをするのはご法度。

付き合う前の微妙な距離感を楽しむ時や、付き合いたてのラブラブな時期はまだ可愛いと思っても、それ以外となると多くの男性が「仕事中なのにめんどくさい」と不快に感じてしまうようです。

1日に何十件とメールを送ってしまう人も要注意。行動を監視されているようで、束縛と捉える男性もいます。

彼が忙しい時期には電話もメールも控えめにしたり、電話をする日にはメールを控えるなど、彼の都合を考えながら自分で前もって電話やメール回数のルールを決めておくと良いでしょう。

5.天然を装う。自分の都合が悪くなるとすぐに泣く。

天然を装う事で自分を意図的に弱い立場に置いて、自分は楽して相手に面倒な思いをさせるという、ちょっとタチの悪いめんどくさい女もいます。

例えば、仕事でミスが発覚すると「ごめんなさい、私ったらドジで…」ととにかく泣く女性。

責任感のある大人の女性なら、泣いたとしてもその後の対応に一生懸命になるはずですが、この手のタイプは泣いて済ませようとするのです。

「ドジだから…」「何をしてもダメで…」とただ泣くだけの女性に対して、周りはどうするか。多くの場合は「もういいよ」となるでしょう。

それを間違っても、「ドジな所も可愛いから許してもらえた」と勘違いしてはいけません。

泣き落としで解決しようとするめんどくさい女には、今回は自分が少し面倒な思いをしても、今後関わりたくないというのが本音なのです。

大抵の場合はバレているので、思い当たる所がある女性は思い直した方が良いでしょう。

じわじわ面倒タイプは「自己肯定感の低さが原因のこじらせ系」

見るからに面倒と感じるタイプは、自分が一番、何しても許されるといったように、自己肯定感が高い(高すぎる)タイプと言えるでしょう。

一転してじわじわと面倒に思われてしまうタイプは、自己肯定感の低さが原因となってしまっている場合が多いようです。1つずつ特徴を見ていきましょう。

1.自己評価が低い。私なんて、が口癖マイナス思考

自分に自信がなくて、「私なんて」「どうせ私は」が口癖に女性。本人にとっては切実なのに、周りからしてみるとめんどくさいと思われてしまうものです。

気になる男性に褒められた時さえも、「私なんかがそんな訳ないし…お世辞はいいよ」と素直に喜ばなかったり、付き合っている彼氏に対しても「どうせ私の事なんてそんなに好きじゃないんでしょ」とすぐに言ったりするので、「なんだよ、めんどくさいな」と離れて行かれてしまう事もしばしば。

その結果、「やっぱり私なんて」とさらに自信をなくして悪循環に陥ってしまう事も少なくないようです。

自己評価の低い人の主な原因は、他人と自分を比べてしまう所にあります。自分にはない他人の優れた点は目につきやすいもの。そして自分もそうでないと劣っているように思えてしまうのです。

自己評価の高い人は、他人と自分を比べる事はあまりしません。他人の優れた点を見ると、「あの人綺麗だな~。私ももっと自分に似合うメイク見つけたら綺麗になれるかな」という風に、自分のプラスになるように考える事ができるのです。

自己評価の低い人は、意識して考え方をこのように変えましょう。最初は心から思う事ができないかもしれませんが、それでも比べてしまう気持ちにプラス思考を上書きしていく事で、いつか必ず自然とそのような考えができるようになるはずです。

自己評価が高まれば他人の優れた点を吸収できるので、めんどくさくなくなるどころか、どんどん魅力的な女性になれるでしょう。

2. 好きな人はアイドル?現実逃避で理想だけはエベレスト級

自己評価が低いと、「私にリアルな恋愛が上手くいくわけない」という思い込みから、男性アイドルに熱をあげたり、恋愛漫画で疑似恋愛を体験して満足したりしがちになってしまいます。

そうなると男性アイドルを理想の相手だと思ったり、恋愛漫画の展開を夢見たり、あまり現実的ではない世界を理想だと思ってしまって、恋愛偏差値が低い割に理想だけはどんどん高くなってしまうという矛盾が起きてしまうなんて事も。

その結果、男友達や彼氏に「〇〇君みたいな髪型にして!」という無茶な注文や、少しすれ違いが起きた時に「偶然出会えないなんで、私達やっぱり運命じゃないのかもね」なんて漫画チックな事を言い出して相手を困惑させたり。

そうなると完全にめんどくさい女に認定されてしまいます。

理想と現実は違います。彼氏や気になる人の前では現実を受け止めて、理想は心の中でこっそり楽しむようにしましょう。

3. 自己アピールの鬼、かまってちゃん。女子力も不幸も全部ネタ

 
SNSなどでどんな些細なこともネタにして、自己アピールを余念なく行う女性。その中でも特に、落ち込んだ出来事や人生観まで延々と書き連ねて人々の関心を引こうとするめんどくさい女の事をかまってちゃんと呼ぶのだとか。

かまってちゃんの特徴は以下の通り。

  • 心配してもらって気を引きたい、評価されたいという理由で嘘をよくつく
  • 突然突拍子もない事を言って気をひく
  • 意味深なメッセージをSNSにあげる
  • 怪我の写真を載せたり体調の悪さをSNSでアピールする

かまってちゃんのとりわけ面倒な点は、基本的に自己評価が低いので、自分で自分を認めてあげる事ができません。

なので他人によって自分の事を褒めてもらったり理解してもらう事が何よりも大切という所です。

よって、自分から発信した情報に対して期待通りの反応がないと落ち込んだり拗ねたりしてしまうのです。

それがどうしたの?というような事までアピールされて、その上期待通りの反応を返してあげないとダメなかまってちゃん。いくら可愛くて美人でも、めんどくさくて勘弁という男性が多いようです。

このかまってちゃんは新世代・めんどくさい女とも言えるでしょう。SNSが広まり、自分の生活や価値観を他人にシェアできるようになった現代にとても多く見られます。

気が付かないうちにあなたもなってしまっているかもしれません。自分の事をシェアして楽しむのは良いですが、それに対して他人の評価を期待しないようにしましょう。良い意味自己満足と割り切って楽しむ事が大切です。

相手の都合を考えて、自己肯定感を高めれば自然と素敵な女性になれる!

ここまで男性が離れていく、めんどくさい女について紹介してきました。

主に、以下の2つのタイプがありましたね。

  • 相手の都合を考えない自己中タイプ
  • 自己評価が低いゆえに問題行動が多くなるタイプ

相手の都合を考えない自己中タイプは、自分の事が1番大事という考えが根底にあるのが問題でしょう。他人に対する自分の態度は回りまわって戻ってくるものです。他人を思いやる気持ちを持つように心掛けましょう。

自己評価が低いタイプは、精神的に未熟な所があるかもしれません。成熟するにつれて自分の物差しが出来上がっていくものですが、それがないために周りの評価に依存してしまうのです。

自己評価を高めるためには、他人にどう思われるかではなく「自分はどうありたいか」。このように考える事が大切です。

相手の都合を考えて思いやれる。そして自己評価を高める努力をする。

この2つの点を見直す事ができれば、めんどくさい女から脱却できるだけでなく、自然と素敵な女性の魅力を手にする事もできるはずですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント