• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男の子にこっそり聞いた「めんどくさい女」と感じる女性の特徴

Date:2013.10.31

「お前って本当にめんどくさい!」彼氏から言われて傷ついたことはありませんか。男の子は、面倒な女の子が嫌いです。付き合い始めは我慢してくれても、だんだん耐えきれなくなってきて、けんかの末に破局というのもよくある話だと思います。

今回は「この子めんどくさい」と感じる女性の特徴について、男の子の本音をこっそり調査してみました。女性にしてみたら、「それやってしまうよね!」という行動が結構あると思います。

彼氏とずっと仲良しでいたい方、痛い女だと思われたくない方はぜひチェックして、自分の行動を客観的に振り返ってみてください。

今日なんだか冷たいね!私のこと嫌いなの?という女性

「納期に追われて、一生懸命仕事しているのに、冷たいね、はやめてほしい。いっぱいいっぱいでどうしても会えない日があるのは、仕方がないでしょ。仕事を理由にデートを断ると、いつも決まって冷たいね!という返事。

正直勘弁してほしいし、めんどくセーと思ってしまう」(28歳 男性 会社員)

「電話にでれなかっただけで、私のこと嫌いになった?っていう子いますよね。マイナス思考にも程がある。飲み会だったり、人と会っていたり、電話に出れない状況があることくらい分かるでしょ」(30歳 男性 広告代理店)

女の子にしてみれば、「あなたのことが好きだから不安になるの」といったところでしょうか。不安になる気持ちは分かりますが、頻繁に同じ質問をするのは避けた方が良さそうです。

自分の行動を全て把握、監視したがる女性

「彼女に言わずに、友達と飲みに行ったらキレられた。報・連・相(報告・連絡・相談)は俺の義務ってどういうこと?過度な束縛はめんどくさいし、そこまで監視される筋合いはない」(28歳 男性 不動産)

「こちらが仕事中でもおかまい無し、30分おきにメールが届く。今何してる?、本当に仕事してる?写メがほしい…。行動を全て把握してないと不安になるそうだけど、やっぱる面倒だよね」(32歳 男性 コンサルティング会社勤務)

相手を信じる気持ちを持つ事、過度な干渉はしないことが大切ですね。結局関係が長続きするのは、「待つ女」であるということでしょう。

歩く事が分かっているのにヒールをはいてくる女性

「お洒落のつもりか、TPOをわきまえずにヒールの子っていますよね。履いていてもいいけれど、それで”足が痛くて歩けない”はめんどくさい。そもそも、歩く事分かっていたよね?俺のせいじゃないし、と思ってしまう」(32歳 男性 自営業)

「女の子の””もう歩けなーい””は困ってしまう。なんとかしてあげたくても、どうにも出来ないし…。無理してヒールをはいてくるのは、厄介だからやめてほしいかな」(26歳 男性 研究職)

お洒落もほどほどにしないと、マイナスのこともあるようです。できるだけ、男の子に迷惑がかからないように配慮する気持ちを持ちましょう。

何でもいいと言ったのに後から文句を言う女性

「デートの行き先、食事のお店、彼女に聞くといつも決まって””何でもいい””。一生懸命考えてチョイスしても、彼女が気に入らないと機嫌が悪くなる。だったら、最初から意見を聞かせてくれたらいいのに」(28歳 男性 会社員)

「何でもいいって言うから、こっちが提案しているのに、それは嫌、あれは嫌…。じゃあどうすりゃ良いの!?と思ってしまう」(24歳 男性 学生)

女の子の「何でもいい」は、本当は「何でも良くない」ことの裏返しですよね。後から文句を言うくらいなら、自分の意見や意志をはっきり彼に伝えましょう。

はっきり言わなくても、「あっさりしたものが食べたい」「おいしいお魚が食べられるところがいい」(何が食べたいか聞かれたとき)、「室内でゆっくりしよう」「自然が多いところにドライブは?」(デートの行き先の希望を聞かれたとき)など、ざっくり大まかに伝えるだけでもOKです。

相手にまかせた時には、お世辞でも喜んであげることが礼儀です。

だって、でも、やっぱり、どうせが口癖の女性

「会話の最中に、ネガティブワードが多いと面倒です。楽しく会話していても、文句ばかりで困ってしまう。言い訳、泣き言聞き飽きました」(34歳 男性 会社員)

「まじめな彼女は、いつも何か悩み事を持っている。最初のうちは、相談されたらアドバイスしていたけど、会う度に悩みモードだと面倒かな。折角のデートも楽しめなくなっちゃうし」(26歳 男性 自営業)

一緒にいるときに、マイナスの言葉ばかりでは彼もうんざりしてしまいます。頼られるのが嬉しいという男性もいますが、みんなそうではありません。愚痴は、女友達と、彼氏とは楽しい会話をする、という使い分けが出来るといいかもしれませんね。

私自身もドキッとした行動、言葉があったのが本音です。面倒がられない良い女になるための、道は険しいものですが、できることから少しずつ改善していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事