• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ミドリムシが地球を救う!? ミドリムシってそんなに凄いの?

Date:2014.01.17

ミドリムシというと、名前のごとく「虫」をイメージしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、ワカメや昆布と同じ「藻」の仲間です。そして、光合成を行って栄養をとりこむ「植物」であると同時に、細胞を変形させて移動する「動物」でもあります。

つまり、両方の性質を持つ、非常に珍しく不思議な生き物と言えるでしょう。

人間に必要な栄養素がすべて摂れる!?

ミドリムシは、ビタミン・ミネラル・不飽和脂肪酸・アミノ酸など全部で「59種類」にのぼる豊富な栄養素を持っています。これは、青汁やクロレラよりも断然優秀。「ミドリムシと水だけあれば生きていける」と言われる程です。

あちこちから色々な栄養素を摂らなくても、ミドリムシだけで人間が必要とする栄養を摂取することができるのですね。

吸収率の高さ

注目すべきは、栄養価の高さだけではありません。93,1%という凄い「吸収率」を持っているので、体内にしっかり栄養が行き届きます。

本来、植物には細胞壁があるため、栄養素の消化率があまり良くないとされています。逆に、動物には細胞壁はなく細胞膜のみなので、消化率は高くなります。

ミドリムシの場合、植物の栄養を含みながらも、動物と同じ細胞膜で覆われているだけなので、消化率は高い、ということなのです。

野菜をしっかり摂っているのに、体調を崩しやすかったり、便秘などの悩みを抱えている人は、この吸収率に問題があるのかもしれません。

特有の成分パラミロンが凄い!

ミドリムシ特有の成分である「パラミロン」は、体内の不要な中性脂肪や悪玉コレステロールなど、有害物質を吸着して、胃で消化することなく体外に排出します。

体内の循環をしっかり促してくれるため、余計なものを溜め込むこともなく、デトックス効果が期待できるということなのです。流れるリズムが整っていると、免疫力も向上し、体調を崩しにくい体質になるでしょう。

また、腸にも働きかけてくれるので、便秘の人やダイエット中の人にも、お勧めですね。

地球を救うってどういうこと?

小さな小さなミドリムシが、地球を救うなんて…いまいちピンとこない人が多いのではないでしょうか。

発展途上国をはじめ、世界中で「栄養失調」に苦しむ人々が多くいます。前述した通り、豊富な栄養素を含み、さらに吸収率がずば抜けていることから、そういった人たちへの食料支援として非常に有効です。

そして、先進国の人たちにとっても、日々の食生活では補い切れない栄養素を摂る役割として、ミドリムシは一役買うことでしょう。

また、「バイオ燃料」を作る元として非常に高い期待が集まっています。石油などの化石燃料は、資源に限界があり、いずれ石油戦争が起きるのではないかとも懸念されていますね。

しかし、ミドリムシは培養できるため、なくなることがなく、生産性も高いので有効です。さらに、二酸化炭素を抑えることもでき、「地球の温暖化防止」にも繋がると言われています。

この記事をシェアする

関連記事