• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

牛乳にはダイエット効果あり!美しく痩せるには飲み方次第!

Date:2016.06.28

shutterstock_106943801
カロリーが高くて太る飲み物というイメージのある牛乳。太りたくない女性の中には、あえて牛乳を飲まないようにしている人もいるのではないでしょうか。

でも、最近では牛乳を飲んだ方が痩せるという調査報告もあり、牛乳を飲むだけで痩せる「牛乳ダイエット」なるものも登場しています。

栄養価や脂肪分が高く、太りやすいように思えてならない牛乳の痩せる謎について調べてみました。

飲むだけで痩せるのはなぜ?牛乳のダイエット効果

牛乳がダイエットにいいと言われるのには、いくつかの理由があります。

体重・体脂肪減少に大きく貢献!カルシウムの働き

牛乳を飲むとなぜ痩せるのか、その詳しいしくみについては明らかになっていませんが、カルシウムの働きによるところが大きいと考えられています。

牛乳を飲むことでカルシウムの血中濃度が高まると、カルシウム調整ホルモン(副甲状腺ホルモン)などの働きにより、脂肪細胞内のカルシウム濃度が下がります。

これにより、

  • 脂肪の合成が抑制される
  • 脂肪の分解が促進される

ということに。結果、体脂肪の減少につながるのではないかと考えられています。

牛乳を飲んで空腹感を払拭!カロリー摂取量を抑える働き

牛乳には水やお茶などとは違い、空腹感を和らげる効果があります。

  • 食事の前に飲めば食べ過ぎの防止
  • 小腹が空いたときに飲めば間食の防止

になります。

噛むようにゆっくり飲むのがポイント!

牛乳は栄養が豊富な分、それなりのカロリーはありますが、食べ過ぎや間食を抑えることで、結果的に摂取カロリーを減らすことにつながると考えられています。

燃焼しやすい体をつくる!アミノ酸の働き

牛乳には、筋肉をつくるのに必要な

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

などのアミノ酸が含まれています。

牛乳をたくさん飲むことは筋肉の維持・増加につながり、結果、代謝がアップし、太りにくい体になるのではないかと言われています。

ただ飲めばいいわけじゃない!牛乳の効果的な飲み方

牛乳が痩せるからといって、むやみに飲んでも効果はなかなか現れません。効果的な飲み方としては以下のようなものがあります。

起床後や食前に飲んで脂肪吸収の抑制&食べ過ぎ防止!

脂肪吸収の抑制、食べ過ぎ防止の点から、起床後や食前が効果的です。飲む量(回数)は毎食という人もいれば、1日1回でよいという人も。

日頃から食べ過ぎの傾向にある人は朝・昼・晩3回しっかり飲んだ方が、食事によるカロリーを抑えられると思いますが、もともと食事の量が特別多いわけではない場合は毎食飲むと逆に太ります

自分の食事の量や太っている原因(食事の量なのか、間食や運動不足のせいなのかなど)を考えて、自分にあったタイミングと回数を見つける必要があります。

寝る前に飲んで!質のよい睡眠で得られるホルモンの働き

寝る前に牛乳なんて飲んだら太るのでは?と思う人も多いかもしれませんが、牛乳ダイエットでは寝る前に飲むのも効果的だと言われています。

それは、牛乳のたんぱく質が消化酵素によって分解されてできる「オピオイドペプチド」と牛乳に含まれる必須アミノ酸「トリプトファン」の働きによるものだと考えられています。

  • オピオイドペプチドの神経を鎮静化させる作用
  • トリプトファンは、体内で消化・吸収されると、鎮静効果・誘眠効果のある神経伝達物質「セロトニン」に。そしてその何割かは睡眠ホルモン「メラトニン」に。これらの鎮静・誘眠作用

これらの働きにより、質のよい睡眠をとることができるのです。寝る前にホットミルクを飲むと、寝つきがよく、ぐっすり眠れるのはこれらのおかげですね。

質のよい睡眠をとることは、美容にもダイエットにもとても大切です。睡眠中に分泌される成長ホルモン(別名「痩せホルモン」)には、

  • タンパク質の代謝を促進させて筋肉量を増加する
  • 脂質代謝を促進させて体脂肪の分解を助ける

などの働きがあります。

ぐっすり眠って成長ホルモンがしっかり分泌されれば、脂肪燃焼にもつながって、痩せやすい体をつくる助けになります。

また、睡眠中は、食欲抑制ホルモン「レプチン」が分泌され、食欲増進ホルモン「グレリン」の分泌を抑えてくれます

寝る前に牛乳を飲んで心地よい眠りを得ることも、ダイエット効果につながるのです。朝晩の1日2杯という飲み方も効果的なようです。

運動後30分以内!タイミングよくタンパク質を摂り筋力アップ!

筋トレや有酸素運動などを行った直後に飲むのも効果的です。

運動後は筋力アップのために体がタンパク質を欲しています。このタイミングで牛乳を飲むことで、筋力アップ効果が得られやすくなるのです。

もちろん、牛乳よりもタンパク量が多い食べ物やサプリメントなどを摂取すればより効果的ですが、運動直後に「簡単」に「お金をかけず」に補給できるということで、牛乳がおすすめだと言われています。

お腹が空いたときに!間食する代わりに牛乳を

次の食事までの間に、空腹が堪え切れなくなった場合にも牛乳を飲むと良いでしょう。ゆっくり噛むように飲めば、お腹もある程度満たされ、間食を避けることができます。

ダイエットにおすすめな牛乳のいただき方

牛乳というと、冷蔵庫から出してコップに入れて、ググーッと飲み干すイメージですが、ダイエット中の方におすすめな牛乳の飲み方を紹介します。

冷たい牛乳で体を冷やさないように!ホットミルクで体温アップ!

温かい飲み物自体に脂肪を燃焼する効果などはありませんが、習慣的に飲むことによって体温を上げることは、基礎代謝を上げることにつながるので有効です。

冷たい牛乳は胃や腸にも負担がかかるもの。また、温かい牛乳の方が満腹感が増したり、疲労回復・安眠などの効果もあります。

気温が下がる秋・冬はもちろん、冷房による冷えの気になる夏場も。特に夜寝る前に飲む牛乳は、ホットがおすすめです。

便秘太りの人には「きな粉ドリンク」がおすすめ!

きな粉には老廃物を排出してくれる水溶性の食物繊維も、便秘を解消してくれる不溶性食物繊維も含まれていてデトックスにはもってこいです。

牛乳に混ぜて毎日飲むだけで、便秘が解消したという声も多くあがっています!

きな粉には、便秘解消以外にも

  • 美肌効果
  • 骨粗しょう症予防
  • むくみ解消

など、女性にうれしい効果が!

黒豆きな粉にすれば、アントシアニンのアンチエイジング効果、美肌効果なども加わり、さらに美容効果アップ!きれいになりたい女性にオススメです!

【黒豆きな粉ドリンク】

牛乳       1カップ(200cc)
黒豆きな粉    大さじ1~2
蜂蜜(お好みで) 大さじ1〜2

上記材料を入れてよく混ぜるだけですが、牛乳1カップにきな粉を投入するよりも、きな粉に少量の牛乳を入れてペースト状になるまで混ぜてから、残りの牛乳を入れる方が、きな粉がきれいに溶けやすくておすすめです!

普通の牛乳と低脂肪牛乳ではどちらが痩せる?

脂肪分が少ない低脂肪牛乳を飲む方がダイエット効果が高いという意見もありますが、それを示す明確なデータはなく、逆に低脂肪牛乳を飲んでいる人の方が体重が重いという話も中にはあるようです。

普段から低脂肪牛乳を飲んでいる人は低脂肪牛乳で、普通の牛乳を飲みなれている人は普通の牛乳で始めてみれば良いのではないかと思います。

美は1日にしてならず!長期的スタンスで太りにくい体づくりを

shutterstock_313902524
牛乳ダイエットは短期集中型のダイエットではありません。

牛乳を飲むことを習慣づけることで、間食や食べ過ぎのない生活を目指し、少しずつ筋肉量を増やして代謝もじわじわと上げていく、生活習慣に組み込むタイプのダイエットです。

即効性はないかもしれませんが、太りにくい、リバウンドのない体を目指すべく継続してみてください。

短期間で痩せたい!という人は、運動系のダイエットをしながら牛乳を飲むようにすれば、脂肪燃焼率もアップして効果が出やすくなるのでおすすめです。

牛乳はダイエットだけでなく、健康面でも優れた飲み物です。毎日欠かさずに飲んで、健康と美しさの両方をぜひ手に入れてください。

ただ、いくら体にいいからといって飲み過ぎは厳禁です。飲み過ぎればそれだけカロリーも加算されます!適量を守って、上手に取り入れていってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • さり

    従兄弟がやって本当に痩せました!

    返信
  • れいか

    何日くらいで痩せるんですか?

    返信

コメント