• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

友達以上恋人未満の恋は手放すべき!未満扱いする男の本音とは?

Date:2014.10.17

「友達以上恋人未満」という言葉を初めて聞いたのは、30年以上も前のこと。

当時人気の漫画家さんが描いた作品のタイトルが「友達以上恋人未満」。

もうストーリーはすっかり忘れてしまいましたが、たしか中学生か高校生の恋に不慣れな主人公たちが、なかなか恋人になれなくてもどかしくもせつないやりとりをしていた内容ではなかったかと。

友達以上、でも恋人未満…なんてうまい表現!と、タイトルの巧さに感動したものでしたが、この言葉、本来はこの作品のように恋愛に不慣れなお年頃の子たちのためにあるものではないでしょうか。

いい年をした大人が「友達以上恋人未満」の関係を続けているというのは、健全な状態ではありません。

いつまでこの関係が続くのかと不安に思っているあなた。思い切って手放してみませんか?

手放す覚悟ではっきりさせる!

ただ「さようなら」を告げることを勧めているのではありません。

手放すことになるかもしれないという覚悟を持って、この関係を動かしてみてはどうかと提案します。

手放すなんて嫌だ!そんな覚悟なんてできないというあなた。一度冷静に考えてみてください。彼が曖昧な関係のままい続けるのはなぜなのでしょう。

この関係にしがみつくほどの価値がある男性なのでしょうか。

未満扱いする男なんてろくなもんじゃない?

友達以上の態度を示しておきながら、恋人未満の扱いをする男性。まず良いイメージはありません。よくあるタイプとしては、

  • 1. はっきり告白して振られるのが怖いガラスのハートの持ち主タイプ
  • 2. 告白は女性から。自分からは告白しない責任回避タイプ
  • 3. 恋愛に受け身。流されるがままタイプ
  • 4. 実は彼女や奥さんがいる、もしくは特定の彼女を持ちたくない遊び人タイプ
  • 5. 彼女にしたいほど好きではないがとりあえずキープする、ひとりは嫌タイプ

4や5はもってのほか。1~3も、「できる男は決断力と行動力!」という観点からすればダメダメです。

特に2などは、何かあった場合に「別に俺から付き合ってほしいって言ったわけじゃないし」と逃げるなど、何事にも責任を取りたがらないタイプであることも。

また、ここで大事なのは、1~3ならば女性側から告白すれば恋人関係へと進展する可能性が高く、4~5などはその望みがないということ。

つまり、告白失敗に終わり彼を手放さなければならないケースとは、そもそも不誠実な男性、ずるい男性である可能性が高いということ。

「手放したくない」などと思う価値などない男である場合がほとんどなのです。

いざ!自分から告白!

「友達以上恋人未満」の関係を終わらせるのは簡単です。好きなら好きとはっきり言えばいいのです。ちゃんと恋人になりたいと言えばいいのです。

そこまで言えないにしても、「私たち、付き合ってるのかな?」と確認すれば良いのです。

友達以上の付き合いをしているということは、二人きりになることも多く、告白や確認のタイミングはたくさんあるはずです。がんばって!

自分から告白したくない人は

やはり告白は男性からしてほしい、という女性もいることでしょう。

そういう人は、まず好き好きオーラ全開で、誰が見てもどんな鈍感な人が見たって「俺のこと好きでしょ?」とわかるくらいに意思表示してみましょう。

女性側がこれでもかというくらいに意思表示をすれば、振られるのが怖くて告白できなかった繊細な彼である場合は、ちゃんと告白してくれるはず。

意思表示をしたことで遠く離れて行ったり、何も変化がないのであれば、残るどのタイプであったとしても、あなたを特別大切に思ってくれているわけではなさそう…。

距離を置いた方が良いでしょう。

「あの時こうしていたら」と思わないために

行動して後悔するよりも、行動しないで後悔する方が、後悔の度合いは大きい傾向にあります。

特に今回の場合は、好きと意思表示して終わる関係ならば、行動しなくてもいずれ壊れることが目に見えています。

実は両想いであったのに、どちらも行動を起こせずにいたがために幸せを逃すということがないように。

「どうしてあの時…」と後々くよくよ思わないためにもぜひ行動を。

できる女も決断力と行動力!悔いが残らないように頑張ってください。

この記事をシェアする

関連記事