• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

天然の大地からの恵み!ミネラルに美容効能?その驚きの役割とは

Date:2014.10.29

人間が必要とする五大栄養素のうちの「ミネラル」は、健康や美容を左右する大事な役目を担っていました。よく耳にする「ミネラル」ですが、正しい役割や効能などをご紹介しましょう。

補佐的役割をしている陰の立役者?

人間が必要とする五大栄養素「糖質」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」。このなかの主要な「糖質」「脂質」「タンパク質」の3つを三大栄養素と呼び、残された「ビタミン」や「ミネラル」はこの三大栄養素を支えている陰の立役者なのです。

・ミネラル(無機質)
・ビタミン(有機質)

これらが体の機能を調整する役割を担っており、不足してしまうとバランスが崩れて健康状態の悪化を招きます。

なかでも「ミネラル」は、摂取しすぎても不足しても良くなく、摂り方が難しいといわれています。ミネラルが不足してしまうことで起こりやすいのが「鉄欠乏性貧血」です。

「ミネラル」は体内でつくることができない!?

「ミネラル」は体内でつくることができない栄養素です。そのため、食事から摂取するしか方法がありません。

まずは「必須ミネラル」と呼ばれる16種類の栄養素をご紹介しましょう。

必須ミネラル

・カルシウム
・リン
・カリウム
・ナトリウム
・マグネシウム
・硫黄
・塩素
・亜鉛
・セレン
・クロム
・コバルト
・マンガン
・鉄
・銅
・モリブデン
・ヨウ素

このなかでも、肌を健やかに保つために必要なミネラルは以下の6つです。

美容に良いとされるミネラル

・亜鉛
・マンガン
・マグネシウム
・銅
・硫黄
・ヨウ素

このなかから何点かピックアップしてご紹介します。

亜鉛

細胞の生まれ変わりを助けます。アミノ酸を結合し、タンパク質を安定させたり、コラーゲンの生成にも大きく関わっています。

尿や汗と一緒に排出されてしまうため、運動後や汗をかきやすい夏などは失われがちな栄養素。

マグネシウム

神経伝達に関わるミネラルといわれている。皮膚細胞の代謝やタンパク質の合成にも欠かせない栄養素。

抗酸化酵素の成分。活性酸素から細胞を守る役割。弾力を保つコラーゲンの結合にも銅が必須。

美肌を保つために必須なこれらの栄養素。

シミやソバカスを防ぐのにも大事な「亜鉛」。不足してしまうと代謝が悪くなり、肌のターンオーバーも正常に行われなくなります。古い角質やメラニンがうまく代謝されず色素沈着を起こしてしまうため、亜鉛は美肌には欠かせない栄養素の1つです。

ミネラルはどんな食べ物に含まれているの?

ミネラルを摂取しましょう!といわれても、何に含まれているのかわからない…というあなたに、ミネラルが豊富で割と身近で代表的な食べ物をご紹介します。

カルシウム

・牛乳やチーズなどの乳製品
・干しえび
・木綿豆腐

マグネシウム

・納豆
・アーモンド
・バナナ

・豚、鶏レバー
・生揚げ
・ほうれん草

亜鉛

・牡蠣
・牛肉
・ごま

・枝豆
・イイダコ
・干し椎茸

カリウム

・さといも
・干しひじき
・アボカド

このように、これらの食べ物は普段から私たちが何気なく口にしているものが多くあります。

また、どの家庭でも割と飲まれることの多い「麦茶」。これにも「ミネラル」が含まれていますので、効率よく摂取するのに良いかもしれません

いかがでしたでしょうか。私たちが健康に美しく生きるために欠かせない栄養素「ミネラル」。主役ではないものの、私たちの体にはなくては健康が成り立ちません。日頃の食事でバランスよく摂って、体も肌もキレイを保ちたいですね!

この記事をシェアする

関連記事