• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

魅力的な女性の条件は「いい香り」の女性!部屋に置く花の選び方

Date:2014.05.01

モテる女性.男性からも女性からも魅力的にうつる女性。周りを惹きつける女性の条件はいくつかあります。ビジュアル、ユーモア、そして「いい香り」も条件の一つです。

綺麗なお花。とってもいい香りがするか・・まったく何も香らないか・・・どちらがより魅力的でしょうか。それは、はっきりしていますね。日本は、アメリカやヨーロッパほど香りに関してポジテイブでない気がします。強い香りには、反発を感じる方も多いようです。

欧米では、オードトワレは子どものころからとても日常的なもののようです。北欧在住の友人によると、中学校の体育の時間の後にはオードグー(フレグランス)をつけてくださいと先生から指示があるそうです。

アメリカやヨーロッパの映画によく「彼女は本当に魅力的だ。そして、いい香りがする・・」というフレーズもききます。

まず、自分らしい香り自分が心地よくいられる香りを決めましょう

自分自身をもっと香らせましょう。まず、自分らしい香りを見つけてみましょう。コスメ・化粧品と同じで、香りもプライスと上質感は比例しています。あまりチープですと、トイレの芳香剤のようになってしまいます。

確かに、お値段もお高い上質な香りは複雑で上質で人に完全な陶酔感を与えます。主張しているのにくどくない。そんなふうに上質でいて、自分らしい。そいういう香りが見つかったら、自分への投資だと思って思い切って買ってもその価値は充分あります。

1枚上質なカットソーを買うより、あなたのグレードを上げることができるのは保障できます。チープ過ぎずに、自分が手の届きそうなプライスで自分らしい香りをまず探しましょう。自分のイメージと近い香りです。

あなたのイメージは?さっぱりした柑橘系ですか?甘いフローラル系ですか?セクシーなオリエンタル系ですか?または、それぞれがいい分量でブレンドされている複雑で魅力的な香りですか?

香りには不思議な力があります

香りには不思議な力があります。ある女性がノーメイクで着古したTシャツとデニムでコンビニに行ったとします。すれ違いざまに、ふっと上質で魅力的なフレグランスが香ったらどうでしょう?

ちょっとドキっとしませんか。へえ・・と振り返ってお顔を見てみたくなりませんか?逆に、綺麗なお顔でセンスあるファッションの女性が、汗のにおいや食べ物のにおいを漂わせていたらいかがでしょうか。

「香りと影」(冨田ラボ・キリンジ)という曲があります。エレベーターに残った香りにその女性の影を感じて恋をした。という曲です。

電車の中で、本当に自分の究極に好みの香りの男性が隣に座って切なくて泣きそうになったという友人の話を聞いたこともあります。

香りは、人の感覚に働きかけます。ですから視覚以上に、恋愛的な感覚を刺激するのかもしれません。綺麗なだけの花でなく、より自分らしい上質な香りで人を惹き付けましょう。

この記事をシェアする

関連記事