• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛や結婚のパートナーとなる意外な決め手と失敗しない方法

Date:2012.07.14

人は中身が大切。これはもちろん正論なのですが、実は私達が恋人や結婚相手を選ぶ時、何となく「似たものカップル」で落ち着いているのに気が付いたでしょうか。

似たもの同士は、こうして誕生

自分よりも外見・資産・学歴などがあまりにも優れていた場合は、相手との釣り合いを考えて脚がすくんで今一歩が出ない場合があります。

自分なんか相手にされる訳はないだろうという気持ち、また、万が一相手が受け入れてくれた場合でも、自分がみじめになるのを避けたいと思うからですね。

反対に、あまりにも魅力に欠ける場合でも相手の事をパートナーとして認知する事に抵抗が芽生え、結局カップルになろうとは思いません。

このような心理状態から、「似たもの同士」のカップルが誕生するんですね。このような親近感から始まった恋愛は、進行スピードも早いというわけです。

カップル誕生のきっかけには、この「お互いが似かよった部分がある」という要素はとても大切になってきます。

結婚には相反する要素も必要

では、お互いが似ていれば似ているほど、恋人や夫婦は円満な関係を続ける事ができるのでしょうか。実は、結婚に関しては似たもの同士の原点である「類似性の法則」以外にも、「相補性」という相反する性格も必要になるケースがあります。

例えば、どちらもお金の執着がないタイプだと、将来にむけての貯金ひとつできないという事にもなってしまいますし、片付けに無頓着すぎる夫婦の場合は、家が散らかりっぱなしになるかもしれませんよね。

夫婦の場合、お互いに欠落した部分を補っていかないと生活が成り立たないケースもあるのです。そのためこの「相補性」も大切になってきます。

やっかいな「ロミオとジュリエット効果」

異性と付き合う場合、時には妥協も考えないといけませんよね。しかし、妥協のやり方を間違ってしまっては、また悩んだり悲しい別れをしないといけない場合があります。ようはその時の感情に流されないで、冷静になるという事です。

何をわかり切った事をと思うかもしれませんが、感情が高ぶっている時や焦っている時は、冷静になっているつもりでも意外に見落としていたりするものです。その良い例が、「ロミオとジュリエット効果」です。

ご存知のように、家同士の対立によって堂々と会えない悲恋から恋愛感情がさらに高まる心理効果の事を表しています。「恋は障害があればあるほど燃える」とはよく言ったもので、障害を乗り越えるといった共通の目標が恋をかきたてている状況ですね。

このような状況の場合、障害をクリアしてしまうとあっさり熱が冷める場合もあります。同じような事では、「雪山効果」があります。ひとつのグループが、山を制覇するという共通の目標に駆り立てられているうちは、相手の行動がとても頼もしく見えます。

しかし、下山したら最後、もう山へ同行していた時のようなときめきはどこへやらといった感じでしょうか。

「ロミオとジュリエット効果」や「雪山効果」で錯覚を起こすのには、その時の自分の心理状態も関係します。では、冷静になれない心理状態の時に失敗しないように相手を選ぶには、強靭な心構えが必要となるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント