• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

道ならぬ恋で苦しむアラサー女子たちへ ぱっと扉を開ける勇気を持って新しい恋へ

Date:2012.09.25

アラサ―女子は微妙。恋にも仕事にも焦る気持ちと現実とのギャップ。周囲がやけに幸せそうにも見えてしまうのもこの時期。

いい男をあきらめきれない心理から、妻子のいる男性にのめりこんでしまうのも、アラサー女子の悲哀。でも、あなたには苦しいだけの恋なら似合わない。

ロミジュリ心理

「ロミオ、あなたはどうしてロミオなの?」とばかりに「どうしてあなたは人の夫なの?」と切ない恋に身を焦がしてしまうアラサー女子が急増中。身近にもチラホラ。

この「道ならぬ恋」で燃え上がる現象を心理学では「ロミオとジュリエット心理」とも言います。障害が多いほど燃えてしまう恋心。しかし、思いだしてください。ロミオとジュリエットはめでたしでは終わりませんね。

恋をする既婚男性

あなたにとって彼は「恋人」でも彼にとったらあなたは「浮気相手」という場合があります。これは不幸なことです。男性は往々にして変化を望まない弱虫です。

いくら「いつか一緒になろう」と甘い言葉をかけてくれても、最後は逃げ切れればいいなと思っているのが本音です。

もちろん、割合はほんのわずかですが、誠意を持ってお付き合いてくれる男性もいます。その真摯な男性はあなたを悩ませたり不安にさせたりはしません。あなたが少しでも相手を疑うのならば、その男性はあなたを苦しめるだけです。

既婚者でも恋をするのは男女とも同じです。恋は止められません。しかし「責任」という社会的道義も兼ね備えていなければ、真に魅力ある男性ではありません。

もしも彼が本気であなたを愛するなら、自分の家庭に対しての責任を経済的に持ち、かつあなたと一緒になる覚悟があるはずです。正面きって聞いてみてはどうでしょうか。もしも、返事に躊躇するような彼ならば、あなたはただの浮気相手です。

大きなリスク

道ならぬ恋は相応のリスクを負います。正直、浮かれている場合ではありません。彼の方は、この恋が公になった場合、仕事への影響もあるでしょう。

それよりも彼の妻がどう出るか、で明暗がわかれます。「こんな男なら熨斗(のし)つけて、差し上げます」という妻はなかなかいません。

特に専業主婦で生活基盤が彼の収入に依存している場合は、何があっても夫を手放さないケースがあります。愛より生活なのです。あなたにも家庭にヒビを入れたということで、慰謝料を請求できる権利を持っているのです。

そこでどっしりと構えてあなたを安心させられる彼ならいいのですが、うろたえ、妻に謝罪し、一生贖罪の人生を選ぶ男性が多いのも事実です。あなたは恋に破れるばかりか、最も見たくなかった彼の姿を見てしまうかもしれません。

さらにあなたの女子としての心身の充実期を、苦しい恋の悲しい結末という時間に費やしてしまうのです。そして彼を忘れたころには恋愛に臆病なアラフィになってしまっているかもしれません。そこで後悔しても時間は戻りません。

恋に依存しない

道ならぬ恋に走る女性を見ていると、一途で健気、しかし恋に依存する傾向があります。恋が生活の8割を占めてしまい、自分の好みや計画まで「彼仕様」に変更させてしまうのです。恋をするのはいいことです。

アラサーになって分泌も少なくなった女性ホルモンが再び活性化します。それは、気持ちばかりか、肌や体もきれいにしてくれる美容液ホルモンです。しかし、恋は生活の2割でいいのです。

あなたには、他に趣味もあります。仕事もあります。友だちもいます。常にもっと素敵な男性が現れるかも、という期待を持ちましょう。あなたの目さえ開いていれば、彼よりもいい条件で、いい男は必ず見つかります。

それを悲劇のヒロイン気分になって、彼じゃなきゃダメと思ったら自分の人生が薄くなってしまいます。

思い切って扉を開けて

彼を追う苦しみより、忘れる勇気を持ちましょう。思い切ってドアを開いてください。このドアはノックなんかして迷っていると開きにくくなります。ぱっと開きましょう。

残念ながら、その時彼は「さみしいけど、面倒がなくなった」程かもしれません。そんな男に固執するより、新しい恋を探しましょう。アラサーは自分次第でどこまでも美しくなれる年代です。素敵な恋をしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント